韓国

2017年11月23日

金浦空港近くのサウナ

無料バス先日シンガポールに行ったのは久々の韓国発券でした。なにしろ日本で日帰り運賃買うとべらぼうに高いですからね。というわけで、航空券消化にまた日帰りソウルに行って来たわけです。本当は乗ってきた飛行機でそのまま帰れれば良いのですが、金浦は一度入国が必要だし、次の便のチェックインに間に合わなかったら面倒なので、お昼到着夜出発で予約してます。JL91便とJL94便です。ただ、最近金浦空港もいろいろと工事していて乗り継ぎルートもできているようなので、もしかしたら入国せずにとんぼ返りもできるのかもしれません。そのあたりはまた調べてみたいと思っています。で、羽田から91便でソウルに向かいますが、時刻表では787のはずなのになぜか機材は767でした。つまりビジネスクラスの座席がちょっとしょぼいわけです。とはいえ、1Kの席で隣は空きという十分な快適さでソウルに到着しました。入国も待ち時間ゼロ、預け荷物無し、税関も素通りという、降りてから5分経たずに出口にたどり着きます。最近仁川は入国がめちゃめちゃ混んでいて1〜2時間待ちは当たり前ということなので、やはり日本から行くのは金浦一択です。

サウナで、外も寒いしソウルにそんなに行きたいところもないので、今回はサウナでゴロゴロして体を休めることにしました。金浦空港近くのサウナで検索すると2つ出てきます。1つは「ケファサンランド (開花山ランド)」という地下鉄1駅のところ、そしてもう一つは「ゴルフポート炭窯チムジルバン」という空港無料巡回バスで行けるところです。なら当然無料バスの方を選びます。地下鉄は1駅といっても、駅までがやたらと歩きますからね。で、国際線ターミナルの出口を出たら正面にそれらしきバスが止まっています。運転手に、「これサウナ行く?」って聞いたら頷いたので(笑)とりあえず乗って出発。ちなみにソウルナビには「大韓航空貨物庁舎(デハンハンゴンファァムルチョサ)停留所で下車」って書いてあるのですが、バス内の案内図をよく見ると「Golf Town/Sauna」っていう停留所があります。ちなみに途中の大韓航空のオフィス前でバスの運転手が「5分後に出るから!」といって休憩に入ったのはビビりましたが、ちゃんと5分後に出発。そしておいらのために停留所ではなく、サウナにいく横道の正面にバスを止めて、「ここ入って奥を右に行けばサウナって書いてあるよ!」と丁寧に教えてくれました。しかも「帰りはあっちの停留所から乗れるから」と帰りの案内まで。や、優しいな韓国人。で、言われた通りテクテク歩いてゴルフ場の駐車場に入ると、打ちっ放しのネットの下が駐車場になっていて、その一部にサウナがありました。

image初めてのサウナに入るときはちょいドキドキしますが、どこにでもいるおばちゃんがカウンターにいました。「ちむじるばん!」って言ったら、「japanese?」と見抜かれたので「yes!」って答えると「YOU Handsome!」と先制攻撃されてウォンを徴収されました。あとチムジルバンの服渡されるときに、105で良い?って聞かれたのですが、ウエスト90もないよ、って言ったらいやいやいやいや、だそうです。何のサイズか結局分からずじまいでしたが、105でちょうど良かったです。何の数字だこれは。そして中に入ればサウナはどこでも同じ作りです。ここは仮眠室が男女別になっている代わりにがっつり真っ暗で、夜寝るには良いかも。結局お風呂に2回入ってゴロゴロしながらネットとかしてたらあっという間に夕方となり、行きの運転手に教えてもらったバス停で待つこと10分、このバス停にはバスがどこ走っているかも表示されるモニターがあり、バス到着前には音声案内までされるという親切さ。あっという間に国際線ターミナルに戻り、帰りのJL94便をチェックイン。席は1Aでまたしても隣は空席。帰りはちゃんと787でシェルフラットネオシート。飛行機でもまたゴロゴロしてたら羽田に到着。自宅に帰還いたしました。というわけで、金浦空港からサウナ行くならアクセス考えてゴルフ場の方がおすすめですかね。あとは金浦の乗継については情報収集したいと思います。

kenjiz at 23:05|PermalinkComments(0)

2016年07月22日

ソウル訪問

マッサージ今日は平日でしたが、航空券消化旅行ということで嫁と久々のソウルへ行きました。1年ぶりです。調子に乗ってアップグレードしたのでJALのシェルフラットシートでゴロゴロ寝転がりながら金浦空港へ。とりあえずは明洞行ってみますが、以前と比べてかなり人が減ったような気がします。中国人の爆買い衰退はここでも感じますね。そしてとりあえずはマッサージ屋へ。いつものマッサージ屋は移転していてちょっと迷いますが、たどり着いて嫁と一緒に90分コース。足から体から頭から気持ち良い!嫁はカッピングを選択して、背中が恐竜みたいにボコボコになってます。で、お昼にランチしてカフェで一息つき、嫁のリクエストでホクロとシミ取り。要するに美容整形外科!まぁ確かに韓国は安いですからね。メスとか入れるんじゃなければどうぞって感じです。で、そうこうしていたらあっという間に夕方で金浦空港へ戻り、羽田まで日帰り帰国です。韓国の友人がよければウチ来て泊まったら、とも言ってくれたのですが帰りはアワード航空券で予約変更が面倒なのでまた次回!あっという間の1日でした。

kenjiz at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月20日

Cisco ASA5506-X

IMG_5539最近登場したCiscoの新しいファイアウォール、ASA5506-Xを調達してみました。韓国子会社のソウルのオフィス用です。というわけで、おいらもソウルへ出張。往路でいきなりインボラアップグレード。JL92便は短距離なのにシェルフラットシートで、787なので快適♪ でも787の液晶の窓って、一番暗くしても直射日光結構まぶしいです。太陽の満ち欠けを観察するにはとても良いと思いますが、本当に寝たいときはちょっと邪魔ですね。ビジネスクラスなので食事もちょっとわがまま言って、着陸直前に食べることにして夕食替わり。メニューはお寿司でなかなかでした。で、今まで10年以上に渡って韓国発券を使いまくってきた私にとって数えてみたら実に38回目の韓国入国だったわけですが、仕事での入国は今回がなんと初めて。事情により大量の荷物や土産を抱えていたのですが税関は無事に通過。ほっとしました。で、オフィスもホテルもPSYの曲で世界的に有名になったと思われる江南地区にあるのですが、荷物も多かったので安楽にタクシーで移動。渋滞していて1時間半もかかりましたが4000円程度で収まりました。チェックインして、小腹がすいたので近所のコンビニへ。お茶とビビンバおにぎりを買ってみたのですが、おにぎりは失敗でした。やはり味覚は違うよね・・・。

で次の日、業者さんがオフィスにASA5506-Xを持ってきます。若いお兄ちゃん2人がサクサクと設定してくれますが、このASAにいろんな問題があることが判りました。最大の問題はVLANが切れないこと。ポートが8個もあるのにVLAN切れずブリッジもできず、独立インタフェースとして使うしかない模様。しかもSEが言うにはDHCPゾーンも1個しか作れないとのこと。結局、当初想定とはかなり異なるネットワークが出来上がり、動作確認したので夜になってSEたちは返しました。で、わたくしはさっそく実機をチェックしますが、問題なくDHCPゾーン作れるし…。でもやはりVLANはダメっぽいです。困りましたね。でも日本の本社とネットワークがつながったので、ビデオ会議やIP電話が問題なく動作することを確認して完了。日本から持ち込んだAironetも複数つなげて動作チェックし、会社を出たのは夜9時過ぎでした。で、それから夕食食べて、バーに行って、カラオケ行って、ホテルに戻ったのは午前3時頃。ね、眠い・・・。次の日は9時に起きて、10時にホテルチェックアウト、11時に金浦空港到着して、ラッキーなことに帰りもビジネスクラスで羽田に戻りました。2時間ほどのフライトなのに20分も早着という不思議もありましたが、あっという間の韓国出張でした。

それにしてもこのASA5506は、変な制限があってとても微妙な製品ですね。1セグメントの規模のオフィスを対象に作っているんでしょうか。RVシリーズみたいですね。なんかもやもやする最新世代のASAでした。

kenjiz at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月20日

日帰りソウル

GWの旅行前に、チケットの都合で日帰りソウルに行ってきました。JL91便とJL94便の組み合わせ。往路は昨年イエローストーンに行ったときのチケットの残りです。767の非常口席を取れました。帰りはGWのアイスランド行きのチケットの第1区間。プレミアムエコノミーの予約クラスチケットですが、ソウル線にプレミアムエコノミーは無いので、ただのエコノミーに乗ります。復路は非常口席が埋まっていたので、最前列リクエストだけ出しておいたら、無事にアサインされていました。ソウルは本当に久々の訪問でしたが、ウォン高いですね!ていうか円が安いんでしょうけど、空港では1万円で9万4千ウォン、明洞の両替屋ではちょうど10万ウォンでした。金浦空港にちょうど到着してすぐ街に出ようとしたのですが、ウォン財布を改めて確認すると1000ウォン(約100円)しかなく、あわてて両替したというわけです。おいらと嫁のT-moneyカードに2万ウォンずつチャージして、いざお出かけ。といってもいつもの買い物コースと、石焼きビビンバランチと、マッサージと、最後に金浦空港のE-MARTで韓国海苔箱買い、といういつものルートです。ところで羽田の国際線ターミナルは拡張されていて、六厘舎とかのラーメン屋が入っていたり、店もかなり増えていて驚きました。JALのサクララウンジも大きくなっていて、食事コーナーがかなり広め。シャワーも、お手洗い付きのものに変わっていました。良いですね!あと金浦空港も地下の動く歩道が新しくなっていて、ロッテ百貨店の入口が増えています。ただ・・・相変わらず金浦のラウンジは大韓航空の間借りで、しかもセキュリティ前なのでどうも落ち着きません。羽田はどんどん国際線も増やしていますが、金浦はあくまで仁川のバックアップに回る感じでしょうか。羽田がどんどん使いやすくなっているのは、良いことですね!あとは早く、首都高中央環状線を羽田まで延ばしてほしいのと、外環も同じく羽田まで早く延長してもらいたいです。東京オリンピックまでには!

kenjiz at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月23日

ソルトレイクシティ行き

バス今日から休暇で旅行に来ています。またまた韓国発券なので、朝イチのJL91便にて羽田から金浦へ。入国もすんなり行って仁川へ移動します。いつもはAREXとかいう空港鉄道を利用するのですが、金浦の国際線ターミナルから鉄道の駅は地下道を延々と歩かなくてはいけないので、今回は初めてバスにしてみました。鉄道だと3550ウォン、約350円なのですが、バスだと倍額の7000ウォンでした。でも、ターミナルの目の前から出発するので、飛行機を降りてから10分後にはバスに乗っているというスムーズさ!T-moneyで払おうと思ったら残額不足で、ニコニコ現金払い。バスは国内線ターミナルに立ち寄り、高速道路に入ります。

バスWiFiバスの中にはWiFiのアクセスポイントが2つも付いていました。でもローミングはできないのでおいらは使えません、といっても3列シートのゆったりしたバスなので、寝てしまうのが正解。約40分くらいで仁川空港に到着。ちょうどターミナルの真ん中あたりで下してくれるので、JALカウンターがすぐ近くで良い感じです。仁川のJALラウンジは大韓航空のものを利用するのですが、ハイアットが食事を準備しているらしく、パスタなどとてもおいしいメニューもあり、軽く食事をいただきつつ、JL954便にて成田へ逆戻り。成田ではあまり時間の余裕もなく、ラウンジでカレーを食べる間もなくすぐにJL62便に搭乗です。ちなみに、夫婦で真ん中の席だったのですが、調整してくれて窓側のH・Kに変更してくれました。バルクヘッドで前も広々で良い感じです。

搭乗券そして、10時間ほどでロサンゼルスに到着。トムブラッドレーターミナルは新しくなっていて、やたらときれいでした。って今までが古すぎたんでしょうけど。でも相変わらず、入国審査の行列はバラバラに列ができるタイプで、ちゃんと場所を選ばないとすごく待たされてしまいます。おいらたちは列の短いところを見つけたので、15分程度で審査を通過。荷物をピックアップし、購入した森伊蔵をスーツケースに詰めなおして再度チェックインです。アメリカン航空のターミナル4に移動して、搭乗券ももらいますが、なぜかFFP番号が消えています。予約番号が別なので、反映されていないみたいですね。でも事前に非常口席の指定は無料で行えたので、ワンワールドステータスは認識しているはずです。良く意味が分かりませんが、アドミラルズクラブにてFFPを入れてもらったら、搭乗券にもサファイア・プライオリティアクセス・エグジットの文字がでかでかと印刷されました。

4便目のロスからソルトレイクシティはボンバルディアの小さな飛行機です。T4の沖にある小さなターミナルにバス移動して、手荷物を預けるバレーバゲージをやって機内へ搭乗。左右2列に真ん中通路という小さな飛行機ですが、アメリカンイーグルの乗務員はフレンドリーで、リラックスできました。そして砂漠だらけの何もないソルトレイクシティに着陸。荷物をピックアップし、ヒルトンソルトレイクシティエアポートのバスに乗ってホテルへ移動。ヒルトンなのに1泊$100以下で、安いなーと思っていたら、ただのモーテルみたいなヒルトンでした。予約時には1Bedより2BedRoomの方が安かったので2Bedで予約していたのですが、チェックイン時にどっちにする?って聞かれて、高いはずの1Bedにしました。なんかゆるーい感じですね。いよいよ明日からイエローストーンに行きます!

kenjiz at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月26日

1泊韓国

__1泊で韓国行ってきました。久々との友人との再会です。1泊なので羽田までは車で。朝イチのANA1161便で金浦へ。Webチェックインして最前列を楽勝でキープできました。で、入国してからバス停へ。友人は移転して清州市の近くに住んでいるので、そこまでのバスに乗ります。金浦は仁川と違って、事前にチケット買ったりせず来たバスに乗り込む方式。はっきり言ってどれがどのバスなのかわけわかりませんが、たまたま1時間に1本くらいのバスがすぐ来る時刻だったので、ひたすらハングルの形を覚えて同じバスを探しました。すると10分くらいですぐ到着。バスのトランクには自分で荷物を突っ込みます。そしてそこから約2時間。清洲市はかなり遠いのですが、高速道路に乗ってしまえば100キロ走行です。しかも韓国は渋滞していても中央寄りのバス用車線は常に100キロ走行。一般車をどんどん抜いて、ほぼ予定通りに清洲市のバスターミナルへ到着。ちなみに2時間ほどバスに乗って1万700ウォンなので、800円くらいでしょうか。安いです!

そしてあまりどこにも行かず友人と久々にべらべらおしゃべりとかしつつ、次の日また金浦へ戻ります。早めにチェックインして、帰りはJALですがこちらは事前に最前列を取っておいてくれました。そしてまたEマートで買い物。韓国のり1箱、ノグリラーメン1箱、その他もろもろ1箱に詰めて、3箱を追加でチェックイン。無事に羽田に戻り、車で自宅に帰りました。韓国でお店もいくつか行きましたけど、もうすっかり反日な感じはなくなっていて、韓国のりを1箱買ったときは、おばちゃんがわざわざあとから追いかけて来ておまけをくれたりとか、すっかり元に戻った感じです。

kenjiz at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)