2020年07月09日

ハイブリッド車の補機バッテリー

補機バッテリー先日、クラウンの2年目点検があったわけですが唯一指摘されたのはバッテリーの電圧低下。12.27Vで、要充電とのことです。電圧だけ見ると6割程度しか充電されていない計算でしょうか。昔乗っていたV8クラウンマジェスタで頻繁にバッテリーが上がっていたのを思い出します。トルクがありすぎて街中だとエンジン回転をほとんど上げずに走り回れるため、毎回バッテリーが上がって車に乗るたびに充電し、あれ?この車電気自動車だっけ?と自問を繰り返していました。でもハイブリッド車は駆動用バッテリーからDC/DCコンバータを経由して補機バッテリーに常に充電されるはず。つまりエンジンが回っていてもいなくても充電されるはずなのに、なんで充電不足?と思うわけです。

というわけで、だいぶ話は飛ぶのですがOBDII端子から情報を取ろうという事で、昔でいうところのレーダー探知機を買って取り付けてみました。法を犯すようなことはしませんので探知機でなくても良いのですが、まぁコンパクトなサブディスプレイに電圧とかいろいろ表示できたら面白いかな、と思ったわけです。で、セルスターのお手ごろな価格のモデルで、なおかつ最近始まったという噂のレーザー計測に対応したモデルを買ってみました。ホームページで先頭に表示されていたという理由で選んだAR-36LCです。OBDII端子につなげるケーブルも一緒に購入。取り付けは非常に簡単で、両面テープは付属のものではなく3Mのコマンドタブを使用し、配線は適当に押し込んでおけば簡単に設置完了。で、起動させて気づいたのですが、マニュアルに載っている項目がすべて情報取れるわけではないんですね。目当ての補機バッテリー電圧が取れたのでまぁ良いのですが、駆動用バッテリーの充電率とか項目はあるのに表示されず。たぶん新モデルで情報の取り方が変わったのについてこれていないだけのような気もしますが、もうちょっと真面目に対応してもらいたいところです。

で、本題の補機バッテリー電圧ですが、走っていると12.4Vあたりと14.1Vあたりを定期的に行ったり来たりしている感じです。14Vというのは駆動用バッテリーからのDC/DCコンバータから供給されている電圧でしょうから走行中はまぁ14Vで良いのですが、不思議なのは結構な割合で12V台になるんですね。補機バッテリー自体の電圧です。これはおそらくDC/DCコンバータがお休みしているという事だと思いますが、つまりこの状態だといくら走っても補機バッテリーには充電されないことになります。もちろん満充電ならそれでもかまいませんが、12V台の前半で充電止めちゃうのはちょっと早くない?と思うわけです。このあたりは次回、ディーラーに聞いてみたいと思います。



kenjiz at 23:24|PermalinkComments(0)

2020年07月03日

トヨタのACC制御に物申す

全車速追従アダプティブクルーズコントロール(ACC)がついたクラウンを買ってから2年以上経過しているわけですが、アクセル制御がどうも不満です。自分だったらもっと賢いアルゴリズム作れるぞ、と思えるくらいのレベル。ちょうど「スマートマシンはこうして思考する」という本を読んでいたら自動運転車のところにPID制御の話が出てきていて、そう、問題はこれだと思ったわけです。


実例でいうと、例1:前の信号が赤になってアクセルを離して減速始めるとします。前の車はへたっぴなのでぎりぎりまでブレーキ踏まず、信号手前になって強めにブレーキかけ始めます。そこで、ACCをONにして自動できれいに減速→停止させようとするわけですが、ONにした瞬間に自車よりも前車の方がスピードが速いと、ACCはアクセル踏みこむんです。確かに車速だけ見れば前車の方が速いかもしれない。でも、速度を微分して加速度を見れば前車はブレーキ強めに踏んで減速しているわけです。あと1秒今の加速度が続けば速度は逆転し、自分が減速しなくちゃいけなくなる。なのにここでアクセル踏んじゃうところがどうにもしっくりこない。もしちゃんとPID制御が入っていれば微分するので加速度を見るはずなのですが、ACCの動きをこれまで2年間観察している限りでは加速度は見ていないように感じられます。例外はITS Connectで前車と連動している場合で、その時はスムーズに追従するのでもしかしたら加速度データをやりとりしているのかな?とも感じますが、通常時はまるでダメです。

例2:交差点停車中から信号が青になり前車が発進したとします。自分もブレーキ離してクリープ現象で車が動き出しますが、ここで加速を任せようとACCをONにすると、なぜかACCはここでブレーキ踏むんですね。前車が加速しているにもかかわらずです。信号青でみんなアクセル踏むところでブレーキかけるのは追突されそうでかなり怖い。なので信号青直後にACCは使っちゃいけません。そしてワンテンポ空いて前車との距離が空くと、ACCは急加速して車間を詰め始めます。この動きもスムーズじゃない。これは停車中からACCがONの時も同じです。ボタン操作かアクセル操作で再発進できるのですが、ワンテンポ遅れて急加速、という場面が頻繁に起きます。これも、微分して加速度見なさいよ、という話です。

トヨタであれば優秀なエンジニアいるでしょうし、何でこんなことになってるんですかね?ACC制御は丸ごと外注なのでしょうか?自動運転系は今後必須の技術でしょうし、ちょっとトヨタ大丈夫?と正直思います。頑張ってほしいところです。

kenjiz at 23:53|PermalinkComments(0)

2020年02月09日

米国出張

カムリ今週はアメリカ出張です。成田発のJAL便ですが、久々に成田のファーストクラスラウンジでお寿司やらパスタやらラーメンやら食べまくって、10時間のフライトを我慢して2か月前に行ったばかりのアメリカに再び入国。今回は30kg超えの大量の機材を持ち込んでいたので税関がちょっと心配だったのですが、ちょうどそのタイミングで私に負けないくらいの大荷物を持ったアジア系の兄ちゃんを発見。彼の後ろについていくと見事にもくろみ通り、彼は税関で捕まって開封検査へ。後ろに続いた私はそのままスルーでした。大成功。そしていつも通りレンタカーを借ります。噂ではLAのタクシープールが新設されたとかでかなり大混乱という話も聞いていたのですが、特に変わることもなくいつも通りハーツのバスを見つけて手を振って乗せてもらい、レンタカーオフィスについたら5 STARエリアで好きな車を選んでよいシステム。私はやはりACC(アダプティブクルーズコントロール)が必須なので、いろんな車をチェックした結果、結局無難なトヨタ・カムリを選びました。

IN-N-OUTそして空港からはIN-N-OUTバーガーへ直行。最近東海岸しか行っていなかったので、久々にこのハンバーガーを食べます。相変わらず店は混んでいるし、味もGOOD。ちなみに今回は内緒ですが滞在中の前半はバケーションで後半が仕事。到着日と翌日はLAの友人たちに順番に会いに行きます!

kenjiz at 23:34|PermalinkComments(0)

2020年01月27日

新型クラウン1万キロ

1万キロ正式デビュー前に予約して発売と同時に購入した新型クラウンですが、約1年半で1万キロに到達しました。前のクラウンは年間3000キロくらいしか乗っていなかったので、新型に買い替えてから確実に乗る距離や時間が増えています。以前だと会社の車に乗っていた時も、今は自分の車で出社したりとかです。やはり全車速ACCとLTAは強い。あと成田とかのド田舎にも車で行くことがあるくらいです。まぁ今後、社用車もACC+LTAがついているカローラツーリングやプリウスへと世代交代していくでしょうから、そうしたら無理に自分の車に乗らず以前のように社用車比率が高くなっていくような気もします。あと何年乗るかは全く決めていないですが、良い車です。

kenjiz at 23:21|PermalinkComments(0)

2019年10月06日

手洗い洗車

洗車今日は物流センタで休日出勤。無線LANのローミングで若干の問題があってパラメーターを調整しながらトラブルシュートです。といっても作業はスタッフがやるのでわたしは見守っているだけで結構暇・・・というわけで、洗車に精を出すことにしました。新車で購入してから手洗い洗車は実は初めて。機械洗車で洗い切れていないところも丁寧に洗ってピカピカになりました。てか機械洗車まだまだ改善の余地がありますね。もっとしっかりきれいに洗えるようになってほしいものです。

kenjiz at 23:23|PermalinkComments(0)

2019年08月28日

トラックブレーキ破損

トラック故障わたくしはITエンジニア職、なおかつマネジャ職でもあるので若手が育つにつれて現場に出る回数は昔よりどんどん減っているわけですが、やはり時々は顔を出します。で、場合によってはトラック運転したりもします。ビデオ会議用の巨大なモニタとか普通に買うと相当額するわけですが、長い付き合いのある中古業者さんのところに時々顔を出して、その場で良さそうなものを買い付けたりすることもあります。現場での即決の判断が必要なので直接行くこともあるわけで、今日もわたくしは三菱キャンターでお出かけしました。ちなみにこのトラック、うちの会社の工場で使っていたもので既に廃車にされるところだったのですが、捨てるんだったら頂戴!と手を挙げてなぜかIT部門がトラックを所有しているという数奇な運命。実は社員の引っ越しなどにも活躍しているのは内緒です。

ブレーキ破損ところが、既に20年落ちで30万キロ近いこのトラック、今日突然ブレーキが利かなくなりました。ペダルがスコスコと踏み抜けてしまう状態。運よく前に車がいなかったので事故にはなりませんでしたが、スティック式のハンドブレーキを使ってなんとかコインパーキングに駐車し、三菱のサービスに電話すると少なくとも1週間は預かることになるとのこと。修理代も見なくちゃわからないとのこと。まぁそうでしょうね。結局ロードサービスを使って会社の車庫までレッカーしてもらいました。トラックのレッカーということでかなり大きなレッカー車が登場し、レッカー屋の診断によるとブレーキパッドが外れてしまっていてピストンがキャリパーを直接挟んでいる状態。その状態でピストンが押し込まれたせいかブレーキオイルが漏れてしまってペダルがスコスコ、ということのようです。ブレーキパッドが外れるなんてことがあるんですね。というわけで、トラックは修理か買い替えか、あるいは都度レンタカーを使うか、考えなくてはいけません。にしてもびっくりした!

kenjiz at 23:17|PermalinkComments(0)

2019年08月19日

あおり運転

連日、あおり運転が話題になっています。まぁ昔からキレた運転手というのはいたのですが、ドラレコの普及とかあって公になりやすい環境ができたということかなと思います。私が子供の時に、首都高の小菅JCTでキレまくってるチンピラ風のおっさんが中央車線に自分と相手の車を止めて、その相手の車を周りから蹴りまくってボディ全周をボコボコにしているという衝撃的な光景を見たことがありました。当時はまだ携帯電話もなかったし、だれも通報できないという状況。恐ろしいものです。
続きを読む

kenjiz at 23:37|PermalinkComments(0)

2019年06月18日

徹底洗車

洗車帰国して一番びっくりしたのは、日航成田に止めていた車がすさまじい汚れ方をしていたこと。これには訳があってちょうど車の近くに木があって、木の落とした葉や樹液が大量に車に降り注いでいたのでした。で、まずはいつものガソリンスタンドで泡泡追加で洗車してみましたが樹液は全く落ちず!一応1年の新車だしコーティングもしてあるのですが全くダメでした。で、スタンドの店長と相談すると、新車時のコーティング剤を落とさずに汚れを落とすにはキーパーというコーティング剤で試してみたいとのこと。値段見たら1万円オーバーだったのですが、既に1度洗車済み&常連客&車の状態が良い&その他諸々を考慮してくれたのかそうでないのか不明ですが、半額以下でやってみてくれることになりました。

で、しばらく待ってみたら見事!ピッカピカの真っ白に復活!さすが店長!やっぱ困ったときはプロに相談だな、と思いながら家に帰ったのでした。まぁそれなりの費用かかりましたけどね。にしても、ガソリンスタンドの洗車メニューってほとんどがワックス付きで、純粋にきれいに洗いたい、という時の選択肢が狭すぎですよね。ワックスなしで泡たくさんで徹底的に優しく洗う、なんてメニューを作ったら良いのに、儲からないのでしょうか?本当は年に1度くらいは手洗いぐらいしても良いのですが、面倒・・・です。

kenjiz at 23:40|PermalinkComments(0)

2019年05月01日

新型クラウン アダプティブハイビームシステム(AHS)カスタマイズ

クラウンにはアダプティブハイビームシステムがついているわけですが、今一つ遠慮気味というか、もうちょっと照らしても良いんじゃないの?と感じる場面も多々あるわけです。と思ったら、動作をカスタマイズできるようですね。

◆前方車両と遮光ハイビームとの間隔
他のクルマを照らさないようにどこまで余裕を持たせるかを設定できるようです。標準では間隔広めになっているのですが、間隔は広い・普通・狭い、の3段階から選べます。これは狭いに設定して照らす範囲を広げたいところです。

◆雨天時用のハイビーム配光制御
雨天時はカメラによる対向車や前方車両などの認識遅れが発生することを前提に、ワイパー信号がONの時にヘッドランプ中央部の明るさを減光させる制御が入るようです。しかし、雨の日にライトを暗くするのはあまり良い方法ではないように思います。この制御はOFFにできますので変更したいところです。

◆市街地用の配光制御
15-30km/hの低速走行時に、ハイビームの明るさと照射範囲を以下のように制御するようです。
 ・低速時の視野を考慮し、照射範囲を左右に拡大
 ・歩行者視認性を確保しつつ、眩しさを低減した明るさに調整
 ・周辺部は減光し、路肩や歩道の照度を抑える
照射範囲が広がるのは良いのですが、明るさが減るのは残念ですね。とはいえ、狭い道を走っているときに歩行者を盛大に照らすこともあるので、歩行者にまぶしさを感じさせないように暗くするというのは理にかなっています。この設定は標準のONのままで良いかなと思います。

ちなみにこれらの設定はディーラーでないと変更できないので、次回点検などがあったときに頼んでみようかと思っています。

kenjiz at 23:19|PermalinkComments(3)

2019年04月16日

新型クラウン ITS connect

ITS connect先日、青梅街道を走っていたら久々にITS connect表示が出ました。前にプリウスがいたのでおそらくそれと車車間通信しているものと思います。確かに車間詰めてもうまく追従しているような気もしますがそもそも前後にいることをどうやって判断しているんでしょうね。ブレーキランプのLEDの点滅パターンとかで信号送ったりしていたら大したものですが。それにしても、ITS connectの恩恵がまだほとんどありませんね。救急車マークを目撃したことも一度もありませんし、自分の行動範囲には信号待ち時間表示がなされる交差点もありません。もっと普及頑張ってほしいものです。

kenjiz at 23:55|PermalinkComments(0)