2019年08月28日

トラックブレーキ破損

トラック故障わたくしはITエンジニア職、なおかつマネジャ職でもあるので若手が育つにつれて現場に出る回数は昔よりどんどん減っているわけですが、やはり時々は顔を出します。で、場合によってはトラック運転したりもします。ビデオ会議用の巨大なモニタとか普通に買うと相当額するわけですが、長い付き合いのある中古業者さんのところに時々顔を出して、その場で良さそうなものを買い付けたりすることもあります。現場での即決の判断が必要なので直接行くこともあるわけで、今日もわたくしは三菱キャンターでお出かけしました。ちなみにこのトラック、うちの会社の工場で使っていたもので既に廃車にされるところだったのですが、捨てるんだったら頂戴!と手を挙げてなぜかIT部門がトラックを所有しているという数奇な運命。実は社員の引っ越しなどにも活躍しているのは内緒です。

ブレーキ破損ところが、既に20年落ちで30万キロ近いこのトラック、今日突然ブレーキが利かなくなりました。ペダルがスコスコと踏み抜けてしまう状態。運よく前に車がいなかったので事故にはなりませんでしたが、スティック式のハンドブレーキを使ってなんとかコインパーキングに駐車し、三菱のサービスに電話すると少なくとも1週間は預かることになるとのこと。修理代も見なくちゃわからないとのこと。まぁそうでしょうね。結局ロードサービスを使って会社の車庫までレッカーしてもらいました。トラックのレッカーということでかなり大きなレッカー車が登場し、レッカー屋の診断によるとブレーキパッドが外れてしまっていてピストンがキャリパーを直接挟んでいる状態。その状態でピストンが押し込まれたせいかブレーキオイルが漏れてしまってペダルがスコスコ、ということのようです。ブレーキパッドが外れるなんてことがあるんですね。というわけで、トラックは修理か買い替えか、あるいは都度レンタカーを使うか、考えなくてはいけません。にしてもびっくりした!

kenjiz at 23:17|PermalinkComments(0)

2019年08月19日

あおり運転

連日、あおり運転が話題になっています。まぁ昔からキレた運転手というのはいたのですが、ドラレコの普及とかあって公になりやすい環境ができたということかなと思います。私が子供の時に、首都高の小菅JCTでキレまくってるチンピラ風のおっさんが中央車線に自分と相手の車を止めて、その相手の車を周りから蹴りまくってボディ全周をボコボコにしているという衝撃的な光景を見たことがありました。当時はまだ携帯電話もなかったし、だれも通報できないという状況。恐ろしいものです。
続きを読む

kenjiz at 23:37|PermalinkComments(0)

2019年06月18日

徹底洗車

洗車帰国して一番びっくりしたのは、日航成田に止めていた車がすさまじい汚れ方をしていたこと。これには訳があってちょうど車の近くに木があって、木の落とした葉や樹液が大量に車に降り注いでいたのでした。で、まずはいつものガソリンスタンドで泡泡追加で洗車してみましたが樹液は全く落ちず!一応1年の新車だしコーティングもしてあるのですが全くダメでした。で、スタンドの店長と相談すると、新車時のコーティング剤を落とさずに汚れを落とすにはキーパーというコーティング剤で試してみたいとのこと。値段見たら1万円オーバーだったのですが、既に1度洗車済み&常連客&車の状態が良い&その他諸々を考慮してくれたのかそうでないのか不明ですが、半額以下でやってみてくれることになりました。

で、しばらく待ってみたら見事!ピッカピカの真っ白に復活!さすが店長!やっぱ困ったときはプロに相談だな、と思いながら家に帰ったのでした。まぁそれなりの費用かかりましたけどね。にしても、ガソリンスタンドの洗車メニューってほとんどがワックス付きで、純粋にきれいに洗いたい、という時の選択肢が狭すぎですよね。ワックスなしで泡たくさんで徹底的に優しく洗う、なんてメニューを作ったら良いのに、儲からないのでしょうか?本当は年に1度くらいは手洗いぐらいしても良いのですが、面倒・・・です。

kenjiz at 23:40|PermalinkComments(0)

2019年05月01日

新型クラウン アダプティブハイビームシステム(AHS)カスタマイズ

クラウンにはアダプティブハイビームシステムがついているわけですが、今一つ遠慮気味というか、もうちょっと照らしても良いんじゃないの?と感じる場面も多々あるわけです。と思ったら、動作をカスタマイズできるようですね。

◆前方車両と遮光ハイビームとの間隔
他のクルマを照らさないようにどこまで余裕を持たせるかを設定できるようです。標準では間隔広めになっているのですが、間隔は広い・普通・狭い、の3段階から選べます。これは狭いに設定して照らす範囲を広げたいところです。

◆雨天時用のハイビーム配光制御
雨天時はカメラによる対向車や前方車両などの認識遅れが発生することを前提に、ワイパー信号がONの時にヘッドランプ中央部の明るさを減光させる制御が入るようです。しかし、雨の日にライトを暗くするのはあまり良い方法ではないように思います。この制御はOFFにできますので変更したいところです。

◆市街地用の配光制御
15-30km/hの低速走行時に、ハイビームの明るさと照射範囲を以下のように制御するようです。
 ・低速時の視野を考慮し、照射範囲を左右に拡大
 ・歩行者視認性を確保しつつ、眩しさを低減した明るさに調整
 ・周辺部は減光し、路肩や歩道の照度を抑える
照射範囲が広がるのは良いのですが、明るさが減るのは残念ですね。とはいえ、狭い道を走っているときに歩行者を盛大に照らすこともあるので、歩行者にまぶしさを感じさせないように暗くするというのは理にかなっています。この設定は標準のONのままで良いかなと思います。

ちなみにこれらの設定はディーラーでないと変更できないので、次回点検などがあったときに頼んでみようかと思っています。

kenjiz at 23:19|PermalinkComments(0)

2019年04月16日

新型クラウン ITS connect

ITS connect先日、青梅街道を走っていたら久々にITS connect表示が出ました。前にプリウスがいたのでおそらくそれと車車間通信しているものと思います。確かに車間詰めてもうまく追従しているような気もしますがそもそも前後にいることをどうやって判断しているんでしょうね。ブレーキランプのLEDの点滅パターンとかで信号送ったりしていたら大したものですが。それにしても、ITS connectの恩恵がまだほとんどありませんね。救急車マークを目撃したことも一度もありませんし、自分の行動範囲には信号待ち時間表示がなされる交差点もありません。もっと普及頑張ってほしいものです。

kenjiz at 23:55|PermalinkComments(0)

2019年04月01日

新東名開通

新東名新東名の伊勢原JCTから厚木南ICが開通しました。東名と圏央道の間にルートがもう1本増えることになります。海老名JCT経由と海老名南JCT経由です。小田原厚木道路から圏央道に行こうとすると必ず海老名JCTを通らなくてはいけないので、交通が分散して海老名JCTの交通量が減るのは助かります。そしてカーナビも早速アップデートされていました。東京近郊はもっともっと道路が必要ですね。外環を早く掘ってほしいです!

kenjiz at 23:40|PermalinkComments(0)

2019年03月15日

トヨタ工場見学

新東名友人とトヨタの工場見学に行ってきました。東京から愛知まではるばる・・・。愛知の友人宅に1泊するので初日は昼過ぎに出発。富士山を見ながら東名を走り、途中から新東名へ。話題になっている新東名の120km/h区間も全線走破しました。やはり東名はトラックが多いので、120km/h区間といえどもトラックが追い越し車線に出てくる場面も多く何回も急減速です。しかも3車線区間とは限らず、2車線区間も120km/h制限になっているので、トラック飛び出しの頻度はさらに高まります。まぁ乗用車なら実際のところ急ブレーキになったところで全然問題ないわけですが、これが背高ワゴン車とかバンだと結構危ないかもしれませんね。やはり早く全線3車線化を進めるべきですね。結局のところ混雑気味の行きの新東名は、120km/h出せたのは半分くらいであとは前の車についてのろのろ、です。予想外だったのは追い越し車線をブロックするサンドラっぽい車がほとんどいなかったことで、さすがに平日なのでプロドライバーしかいなかったのかもしれません。

トヨタ工場見学愛知のやたらと広い友人宅に友達と転がり込み、翌朝はまた東名を少し走ってトヨタ会館へ。さすがになれない場所で初めて高速の分岐を間違えてしまい、次のインターで特別転回手続きを取ってもらいました。一般道でのUターン場所や、折り返しのゲートの通過方法等を教えてもらい、ほぼ予定通りにトヨタ会館へ到着。ここで見学者がグループごとに分けられるわけですが、私たち個人見学組は9割が企業視察と思われるスーツメンバー。中には海外の学校の教員のグループなどもいました。そしてトヨタのバスに乗って工場へ。最初は溶接を見学します。無人のロボットレーンでたくさんの溶接機が次々と溶接を済ませていきます。最近はやりのレーザースクリューウェルディングのサンプルも見せてもらいましたが、予想と違って直線的な溶接ではなく、スポット溶接の間隔が極小といった感じ。実際に見てみないとわからないものも多くあります。

そして後半は組立工場。こちらはたくさんの人が働いており、クルマの装備品がほぼ人力で組み上げられています。クルマの種類も多様で装備品も1台1台異なるわけですが、ちゃんと流れ作業できているのは感心しました。詳しい解説などもしてもらいながら見学を終え、またバスでトヨタ会館まで戻ります。展示物をさらに一通り楽しんで、また新東名で東京に戻りました。愛知までクルマで往復なんて考えただけで疲れますが、新東名とアダプティブクルーズコントロール(ACC)があれば予想以上に楽勝です。トラックにも早くACCを義務化して、運転手の負荷軽減&事故抑止を進めてもらいたいものです。

kenjiz at 23:53|PermalinkComments(0)

2019年01月21日

マップオンデマンドのサイト長期障害

トヨタのDCM付きナビはオンラインで地図更新ができるマップオンデマンドという機能が付いています。クルマからDCM通信で更新もできるのですがパケット量の節約のため、更新できるエリアがかなり限定されています。全体をキレイにアップデートして最新版にするには、WebサイトからデータをダウンロードしてUSBメモリにコピーして、それを車で読み込ませるという作業が必要です。20クラウンの時代はCD-Rを使う必要があったのですが、21クラウンの時にはUSBメモリでの更新が可能となり、22クラウンはそれを引き継いだ形です。

ただこの地図更新でいま大問題が発生していて、トヨタがマップオンデマンドのWebサイトを2018年12月にリニューアルしたのは良いのですが、いまだに障害継続中です。標準装備ナビは車台番号を入力してもダウンロードデータは無いといわれてしまい、コールセンタに連絡すると、代わりにオプションナビのNSZT-W66Tのデータをダウンロードしてくれと言われる始末。すでに1か月経過していますが、いまだにこのサイト障害は復旧しておらず、トヨタはいったい直す気があるのか疑ってしまいます。きっとちゃんとした責任者にエスカレーションされていないのでしょうね。新型クラウンを買った人はみんな同じ状況かと思いますが、いちいち手作業でバージョンアップしている人いないのでしょうか。

ちなみにオプションナビのデータをダウンロードしたら、USBメモリに¥mapupdate¥diff というフォルダを手動作成し、そこにzip解凍したファイルを展開して車のUSB端子に接続する、という手順です。これってできない人たくさんいるでしょ・・・。トヨタはやっぱり車会社なので、IT系はまだまだ零細ベンチャーにも負けるレベルですね。しっかりして早く障害を復旧させてほしいものです。

kenjiz at 23:25|PermalinkComments(0)

2018年12月16日

ニューヨークから日帰りでナイアガラへドライブ!

早朝ドライブニューヨークから日帰りでナイアガラに行ってきました。まぁ普通は日帰りツアーとかに$400くらいで参加して飛行機で往復、というのが普通でしょうし、私も20年位前に初めてニューヨークに来た時にはそんなツアーに参加しました。その時は帰りのフライトが欠航してバッファローに1泊したというおまけ付きでしたけどね。つまり日帰りはしていません。あと昨年はカナダのトロントから半日ドライブでナイアガラに来たりもしましたが、今回は初めて、ニューヨークから車でナイアガラを往復してみることにしました。ネットで旅行記を探してみましたがさすがに車で日帰りしてる無謀な人はほぼいません。でも今回は嫁の友人3人全員に国際免許持参を必須としてありますのでドライバーは5人!(まぁ2名はペーパードライバーですが・・・)レンタカーも長距離巡航には最適なGMC YUKONというフルサイズSUV、プリクラッシュ自動ブレーキ付き。行くなら今しかない!というわけです。

ナイアガラニューヨークからナイアガラは片道400マイル、およそ600kmちょっとです。所要時間は7時間くらいかな、ということで出発を朝5時に設定。空も真っ暗な中友人宅を抜け出し、まずはガソリン補給。実は私が運転したのは友人宅からガスステーションまでの最初の15分くらいだけで、あとは女子4人が全部運転してくれちゃいました。気候もなかなか寒かったのですがYUKONはリアシートにもシートヒーターがあって車内は暑いくらい。リアエアコンをつけるとなぜか3列目が灼熱地獄という意味の分からない空調システムと格闘しつつ、とか言いながら結局後ろ3人はほとんど夢の中。だいたい半分くらいまで来たところで田舎の小さな町にあったIHOPで定番のパンケーキ朝食にします。その後も女子たちはトイレ休憩しながらドライバー交代して、昼過ぎに無事にナイアガラに到着!すごいですね。若いってすばらしい。結局食事とか色々入れて8時間ちょいかかりました。

ナイアガラライトアップまずはアメリカ側から滝を鑑賞して、冬季は無料開放されている展望台を回りながらさっさと国境を渡ります。アメリカ側は回転扉を越えるだけ。カナダの入国審査のおっさんはどうも不機嫌らしく、どこ行くんだ?滝の周りを散歩するだけ。そのあとどこに行くんだ?アメリカに戻るよ。という文句口調のやり取りを経て無事にカナダ入国。女子たちが最初に向かったのはなぜかHERSHEY'Sのお店。そしてフードコートで遅めのランチ。そのあとトイレを借りるために寄ったカジノでアラサー女子が未成年の疑いをかけられるというお約束もありました。そうこうしていたらあっという間に夕方5時。5時からは滝のライトアップ!ということで、これが予想外に幻想的で良かったです。日が沈めばただの滝は暗闇ですが、ライトアップだけで十分楽しめるコンテンツになりますね。

キャリア比較そして夜7時近くになってアメリカに戻り、またガソリン補給して一路ニューヨークへ!私は完全に運転放棄モードでリアシートでゴロゴロ。途中で食事して、女子たちはがんばってYUKONを運転してますが途中で道を間違えたりもしています。とはいえiPhoneをApple Car Playに接続したGoogleナビは的確に日本語で案内を続けます。あと別のiPhoneではWazeを動かして取締情報や事故情報を入手して情報インフラは十分。実は今回、AT&TとT-MobileのSIMを事前に準備したうえで、どのキャリアでも使えるドコモのローミングと、Sprintが使えるソフトバンクのアメリカ放題が使えるようにiPhoneを5台ほど持ち込み、さらには万一に備えて日本から持ち込んだイリジウム衛星携帯も持ち歩くというどんな災害でもどんと来い状態。本当は今回、キャリアごとの接続性テストとかもしたかったのですがそこまで暇ではなく、途中GoogleMapが有料道路を避けて山道を案内するというハプニングもありましたが無事に朝4時頃に友人宅にたどり着きました。寄り道込みでやっぱり8〜9時間かかった計算ですが、女子たちよく頑張った!結局往復の燃料代は$130ほどで、5人で割れば3000円もかからない計算。長時間一緒にいて苦にならない仲間がいれば、そして翌日の予定がフレキシブルであれば、ナイアガラ日帰りドライブ十分可能でした!

kenjiz at 23:11|PermalinkComments(0)

2018年12月14日

GMC YUKON

GMC YUKON休暇でアメリカに来ています。今回は嫁と嫁の友人を3人連れて5人ツアー。行先はニューヨーク。郊外に巨大な家を持っている友人宅に転がり込みます。行きの羽田発JL6便はエコノミークラスががらがらで、窓側を一人1列3席ずつ占有できたのでいわゆるエコノミーフルフラットで元気よくJFK空港に到着。いつも通りフェデラルサークルからレンタカーでマンハッタンに向かいます。今回はプロモーションがあり、巨大なフルサイズSUVが1週間で550ドル。フルカバーの保険付きと燃料空で返却可能。ガソリン代を考えると車代は実質5万円程度。1日7〜8千円でフルサイズが借りれるので言うことないです。借りたのはGMCのYUKONで、幅2m以上、全長も5.2mとランクルを二回りほど大きくしたサイズ。友人宅のスバルと比較すると大きさが際立ちます。5人+荷物ということで大きくしたのですが、誤算は2列目がキャプテンシートだったこと。5人乗ると3列目を使わないといけない羽目になりましたが、それでも大小スーツケース8個を楽々飲み込んでくれました。

YukonダッシュボードにはCar Play対応オーディオが組み込まれていて、iPhoneを接続するとそのまま日本語カーナビとして動きます。すごーく便利♪ しかも電装系がいろいろとよくできていて、クラウンも見習ってほしいレベル。バックギアからドライブにしたときにバックモニターがしばらく表示されたままというのはかなり便利♪ あとはバックギアに入れたときにドアミラーが下を向くのも、日本車はたいてい左側しか対応していませんが、左右独立してON/OFFを設定可能です。プリクラッシュ警告の感度を調整できたり、燃費の表示も直近どれくらいの距離で計算するかを選択できたり、細かいところで気が利いています。こういうの日本車の得意分野だった気がしますが、ドイツ車を追いかけているうちに失ってしまったんですかね?YUKONを1週間乗り回す予定です。

kenjiz at 23:55|PermalinkComments(0)