旅行

2016年09月12日

支付宝(Alipay)と微信支付(Wechat)

Alipay先週末は急きょ上海出張に行ってきました。私の部署の若手を月曜日に先に行かせて片づけておいてもらい、私は木曜日移動、金曜日チェック、土日は予備日と称して現地の友人と遊んで月曜日帰国です。ちなみに義妹夫婦が青島に住んでるので嫁も私とタイミングを合わせて上海経由の青島へ。乗り継ぎのサポートのみしましたが、中国の国内線に単独で乗り込むなんて度胸ありますね。

ちなみに仕事は順調に終わり、現地にもう5〜6年になる友人も元気にしていて、ひとまず安心。おいしい日本食レストランにいると中国にいることを忘れられます。ちなみに上海には来るたびに大きな変化がありますが、今回も地下鉄がまた増えていたのはもう驚きませんが、電子マネーがめちゃめちゃ普及していたのはかなり驚きました。小さな店舗からホテルの宿泊費まで、支付宝(Alipay)と微信支付(Wechat)の2台電子マネーが席巻してます。週末にちょっと田舎の観光地に行った時も、さびれた食堂のおばちゃんまでもがAlipayでの支払い受け付けているし、スマホにバーコードを表示させてOKするだけという手軽さで、ICチップも不要で何でもかんでも電子マネーです。コストをかけずに一気に普及させるのは、日本じゃ無いですよね。で、やはりIT担当としては私も利用するべく、そのためには本人確認の銀行口座が必要ということで中国工商銀行で口座開設してみました。日曜日なのに口座開設できるのもすごいし、電話番号とパスポートだけで手続きが済んでしまうのも凄い。よく見る銀聯デビットカード付きのキャッシュカードがすぐに発行され、その情報を使ってAlipayにアカウントを作れました。試しに友人と1元を送受信。そう思い返せば日本にも個人間で送金できるEdyがありましたが、手数料取られるので誰も使ってませんでした。半面、Alipayは送金手数料無し!友人とも、銀行口座とも、お金を自由に動かしまくれます。(と言っていたらちょうど高額の送金に手数料導入のリリースがあったようです)

で、ほぼ全員がスマホでAlipay口座を持っているとどうなるかというと、お店でみんなで食事するとき、誰かが代表してAlipayのバーコードでお店に支払いを行います。で、じゃぁ一人○○元ずつね、ということになるとみんな自分のスマホ操作して払ってくれた人に送金。友達リストに登録済みであれば、チャットするのと同じ感覚。つまり現金の出る幕無し。毛沢東紙幣も、ちゃちいコインを見る必要もないわけです。これは正直びっくりしましたね。公共料金の支払いもすべてこれで行えるらしく、家計の管理もこれでできてしまうとのこと。ただ嫁に聞くと青島ではほとんど見かけなかったということなので、上海がかなり先を行っているだけかもしれません。それにしても驚きましたね。

kenjiz at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月25日

ドバイ出張

ドバイ先日友人たちと箱根に行った帰り、私は羽田で降ろしてもらってそのままドバイ出張に行ってきました。ドバイは初めて、エミレーツ航空も初めてです。夜行便なので機内は寝るだけ。到着したら駐在員と合流してとりあえずホテルへ。到着した日は仕事を入れていないので、ホテルでのんびり過ごしながらメール片づけたりします。外は気温40度なので出歩く気にならず、フロントで教えてもらった徒歩1分のマーケットまで熱気の中をひとっ走り。飲食物を調達します。

そして次の日、会社が手配してくれた車で会社へ。レクサスとインド人運転手というドバイではよくある組み合わせ。きれいなオフィスで仕事は予定通り片付きました。帰りは駐在員とメリディアンホテルの日本食レストランへ。日本と変わらず非常においしくいただきました。そして次の日は残った仕事を半日で片づけ、午後は運転手さんと一緒にドバイモールへ。まずはモール内を散歩して、レバノンのチョコレート「パッチ」をお土産に買います。自宅用と会社用にお土産を頼みますが、店員に嫁用のチョコレート選んでくれって頼んだら、ワイフは何人いるんだ?って冗談か本気か判らないけど聞いてきます。一人に決まってんでしょうが。で、夕方になると始まる噴水ショーを見に行って、向かいのスークをウィンドウショッピングして、いざ駐車場で運転手と合流しようとしたら完全に迷ってしまいましたが、運転手と電話しながらなんとか合流。夕食はテイクアウトをホテルに持って帰ったのですが、帰りの車のカーブでコーラが倒れ、レクサスの車内にぶちまけてしまいました。ご、ごめん!

で、帰国日の朝、また同じ運転手がホテルまで迎えに来てくれたのでチェックアウト。おそらく同じ便に乗るであろう日本人が隣でもチェックアウトしてました。帰りのエミレーツ便は空いているらしく非常口席を難なくゲット。搭乗ゲートは駐在員妻と子供みたいなのが数組いましたが、その子供が機内に乗るなり「あ!○○ちゃん!」とか友達と機内で再会してます。おそらく日本人学校か何かで一緒なのでしょう。幼い時から世界を飛び回ってどんな子供になるんでしょうね。で、出発しますが機内はガラガラ。非常口席向かいのジャンプシートのCAさんはなんと若い日本人。よく喋るCAで、座ってる間はずっと喋ってました。スカイマークからエミレーツに転職したとか、いい加減ドバイ生活も飽きてきたから日本に帰りたいとか、次はCAじゃなくて他の仕事がしたいとか、なんか身の上相談みたいになってましたが、外資系CAの生活を垣間見る感じで聞いてるだけで楽しめました。で、無事に羽田に到着して帰宅。夏休み明けにまだ自社に出社してないので、明日は仕事行きます。

kenjiz at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月21日

箱根

箱根夏休み明け、ちょっと混雑が落ち着いたころを見計らって友人たちと箱根に行ってきました。朝はのんびり目に出発して途中の小田原でランチタイム。海鮮丼のお店でしたが想像以上にウマっ!!大満足でおなか一杯になり、いよいよ箱根に向けて山道を走ります。で、ロープウェイの駅に車を止めて大涌谷へ。硫黄や煙がモクモク・・・地球は生きているって感じですね。でもしばらく前まで噴火のリスクもあったところなのでちょっと怖いような気もします。そしてまたロープウェイで芦ノ湖まで行ってのんびりお茶。夕方、ロープウェイの最終の時間に合わせて戻り、帰りは渋滞に巻き込まれながら東京に戻りました。何年振りか判らない箱根訪問でしたが、意外と楽しめました。

kenjiz at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月22日

ソウル訪問

マッサージ今日は平日でしたが、航空券消化旅行ということで嫁と久々のソウルへ行きました。1年ぶりです。調子に乗ってアップグレードしたのでJALのシェルフラットシートでゴロゴロ寝転がりながら金浦空港へ。とりあえずは明洞行ってみますが、以前と比べてかなり人が減ったような気がします。中国人の爆買い衰退はここでも感じますね。そしてとりあえずはマッサージ屋へ。いつものマッサージ屋は移転していてちょっと迷いますが、たどり着いて嫁と一緒に90分コース。足から体から頭から気持ち良い!嫁はカッピングを選択して、背中が恐竜みたいにボコボコになってます。で、お昼にランチしてカフェで一息つき、嫁のリクエストでホクロとシミ取り。要するに美容整形外科!まぁ確かに韓国は安いですからね。メスとか入れるんじゃなければどうぞって感じです。で、そうこうしていたらあっという間に夕方で金浦空港へ戻り、羽田まで日帰り帰国です。韓国の友人がよければウチ来て泊まったら、とも言ってくれたのですが帰りはアワード航空券で予約変更が面倒なのでまた次回!あっという間の1日でした。

kenjiz at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月12日

ブラジル出張

ブラジル先週のタイ出張に引き続き、今週はブラジル出張です。さすがに2泊3日とはいかずほぼ1週間の旅程です。しかも今週の北米線はかなり混んでいて、取れたフライトは成田/ボストン/マイアミ/サンパウロ という3便乗り継ぎ。ボストン行きはJALの法人契約特典で勝手にアップグレードされてました。久々のSKY SUITEです。とは言っても夕方発の夕方着なので、寝すぎると到着後に寝れなくなってしまうので、適当に映画など見ながらのフライトとなります。ガッカリだったのは食事で、以前はコース料理だったのにかなり内容省略されており、しかも自由に注文できるメニューもかなり削られていて減ってました。しかもこの便はリモコンでのオーダーが故障とかで毎回CAへ直接リクエストします。なんかビジネスクラスの大衆化が進んだというか・・・経費をかけずに気軽に乗ってもらおう作戦でしょうか?

長時間のフライトの後、ボストンに到着。入国はキオスクもたくさんありあっという間。乗り継ぎにフライトは翌朝なので空港近くのダブルツリーに泊まります。送迎シャトルが来ないのでホテルに電話。15分待ってと言われてのんびり待ち、ホテルに移動してチェックイン。ちなみにhiltonのアプリで事前チェックインは済ませていて部屋も確定済み。1晩の宿泊にはもったい無いスイートタイプの部屋でした。夕方7時頃でしたがさっさと寝ます。

そして翌日は朝3時起き。ささっとシャワーしてパッキングしてチェックアウト。朝4時に空港に到着してチェックイン。アドミラルズクラブに軽食があったので軽く食事。マイアミ行きに乗り込みます。リゾート路線っぽい客層を想像してましたが、意外にもビジネスマン多い感じです。そしてマイアミからサンパウロはLATAMです。LATAMのラウンジはなかなか良い感じでしたが、機内は狭く、ラテン系のCAは人とぶつかってもお構い無し。みんな良い人だけど細かい事は気にしない、といった感じです。

夕方になりサンパウロに到着します。さすがLATAMは乗客がほとんどブラジル人だったようで、入国の外国人列はガラガラ。ここで写真のリオ五輪スタンプを押される訳ですが、入国審査は若い女性2人が1つのブースに仲良く座っておしゃべりしながら。結局私には質問1つも無し。何だこの適当な審査は・・・と呆れるばかり。テロリスト入り放題です。で、LATAMはワンワールドメンバーですがステータスの恩恵は無し。荷物もかなり最後に出てきました。空港からホテルはタクシーにしますが、タクシーブースで最初に行き先を申告して事前決済する形。ぼったくられないので安心感あります。ホテルにチェックインしてようやくサンパウロ到着です。明日から仕事です!

kenjiz at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月06日

タイ出張

バンコク日・月・火の3日間でバンコク出張に行ってきました。タイは何年ぶりか・・・かなり久々です。往復のフライトは体に優しい昼行便、というわけで日曜日と火曜日は移動で1日が終わるので、仕事は1日だけです。バンコクには夕方到着で、現地駐在員から渋滞が激しい時間帯、という情報をもらっていたので電車と地下鉄でホテルへ。ホテルは安かったのになかなかきれいで良い感じでした。日曜日の夜は電気街でいろいろと部材調達。中国みたいに、ビルの中に小さな電気屋がたくさん入っている感じです。買いたかったビデオ会議システム用のオーディオケーブルや、PoEのHUBなんかも無事に入手できました。このあたりはさすが東南アジアです。で、夜は無難に日本食居酒屋。日本人が多い国や街には大抵ある、日本語全部通じちゃう居酒屋です。電気屋も居酒屋もお店は結構夜遅くまでやっていて、夜遅くにホテルに戻りました。

で月曜日は地元のITベンダーさんと合流して、CiscoASA5506-Xを設置、無事に日本とVPNトンネル作成成功しました。日本のIP電話やビデオ会議システムも無事開通。無事に自分の仕事は完了しました。といっても結構夜遅くまでかかり、火曜日は朝空港へ直行だったので仕事以外はほとんど何もできず・・・。ちょうどバングラディシュでテロが起きてタイでもちょっとした騒ぎになってましたが、無事に日本に帰ってきました。さすがに現地1日の日程の出張は目まぐるしいですね。あまり長期間日本を空けたくも無いですが、かといってもう少しゆっくりでもいいかなぁと思ったのでした。

kenjiz at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月16日

TOTO工場見学

TOTO今日は小倉までTOTOの工場見学に行ってきました。いま会社のビル建ててる関係でTOTO製品大量購入したため、ご招待いただきました。ゼネコンの方と羽田で合流し、初めての北九州空港へ。タクシーで小倉までひとっ走りしてランチ、そして午後から工場見学です。洗面台やトイレなどの陶器ものを大量生産するのってどうするのかと思っていたら・・・予想以上に手作業でした。最初に土で形を作るときは非常に大きく、乾燥させて焼くと縮んで見慣れたサイズになります。「TOTO」のマークすら手で書き込んでました。(ディズニーランド向けにマーク無しを特注で出荷したことはあるようです) 工場内も非常に面白かったのですが残念ながら撮影禁止・・・。予約を取るのも大変らしいですが、機会があればぜひ見ることをお勧めしたいところです。東京からだとちょっと遠いですけどね。ちなみに今回は嫁も同じフライトで同行して、現地解散して友人たちと遊んできたようです。全く自由だなもう。

kenjiz at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月06日

函館訪問

いくら丼昨年くらいから生うに食べたいな〜と思っていたのですが、北海道出身の友人たちと一緒に函館訪問してくることができました。羽田から朝イチのフライトで函館空港へ。函館空港に来たのはおそらく初めてです。大昔ソビエトの戦闘機が亡命を求めて着陸したところですよね。小さな空港でレンタカーもすぐに借りれて、今回は新型プリウスでした。運転してすぐに、ハンドルの滑らかな感触に気づきます。イイモノ感が出ています。全車速追従クルコンも使ってみますが、こちらはあまり進化無し。ぎこちなさは相変わらずです。で、朝食も食べずに飛行機乗ったのでまずは朝市に直行!早速最初の海鮮丼をいただきました。イクラの量も東京とは違って贅沢にどーん、です。1日目は天気があまり良くなく雨も降ったりしたので室内系の施設を訪問。旧函館区公会堂旧イギリス領事館を巡ります。外国との最初の接触のエピソードなどは面白いですね。領事が帰国する時には市をあげて送別会を開催したりとか、仲の良さが現れていて微笑ましいです。

そしてお昼は函館ラーメン。北浜商店というところに行きました。ラーメンは好みが分かれたりするものですが、みんなおいしいとの評価!おなかもいっぱいになり、さらにいろいろと寄り道して夕方ホテルへ。今回、市内のホテルはどこも満室かとても高いかどちらかだったので、少し離れた大沼のプリンスホテルを宿としました。無料の高速道路を30〜40分ほど走ると到着します。途中の道は覆面パトカーが大活躍していたので安全運転で山道を走り、大沼プリンスにチェックイン。部屋からは一面の森が見え、しかも露天風呂は心配なほどの解放感!なかなか良い場所でした。そして夜は、ホテルで食べるのもなんか面白くないので地元の居酒屋へ。といっても大沼には店はないので、函館と反対方向にさらに走って「森」というところに行きます。「森」ってどこかで聞いたことあるなと思ったら桃鉄に出てくる駅ですね。いかにも地元の居酒屋ってところで刺身やら焼き物やら飲み食いして、東京相場の約半額。大変にお得で大満足でホテルに戻ります。

うに丼2日目は、またしても朝から海鮮丼。朝市をぷらぷら歩きながら冷やかしたり試食したりしながら着いたのはうにむらかみ。みんなでうにを食べまくって来ました。なかなかのお値段です。で、天気が非常によくなったので箱館奉行所五稜郭に行ってタワーに上ります。五稜郭も面白いですね。よくもまぁ作ったものです。そしてお隣の函館市北洋資料館へ。昔の漁の歴史とか非常に興味深いです。しかもだいたい大きな変化にはカギになる人物がいるんですよね。イノベーションは誰かが動かないと起きないってことですね。そしてランチは函館名物のラッキーピエロ。完全なB級グルメで、ハンバーガーありカレーあり牛丼ありで何屋なんだという感じですが、安くおいしく食べられる地元のお店でした。

函館山お昼の後は、青函連絡船記念館摩周丸に行ってみます。これがまたそのまんまの展示で、操縦室とかで操作し放題、スイッチ触り放題、いいのか?って感じですが、昔のモノづくりを体感しました。しかも図面とかマニュアルとかも複製品がそのまま並んでいて読んでいて飽きません。貨車をそのまま船に積み込むあたりは実際に見たかったなぁと思いましたが、本当に昔の人はすごいですね。船の上でしばらく過ごしてから、また恒例の夕方のホテル休憩。今回は女子3人を連れているのでハードな工程というわけにはいきません。そして夜、まだ食べていなかった寿司屋へGO!あんまり敷居の高いところも嫌なので、ちょっとよさそうな回転寿司へ。函太郎(かんたろう)という店でパクパク食べまくりました。そして函館滞在の最後は函館山へ!夕方は車の乗入規制があるのですが、夜10時に解禁ということで数分前に行ってみるとすでに数台の行列発見。そのまま並んで、10時ちょうどにゲートが開いてみんなで一路函館山へ!ほとんど誰もいない山頂で、噂の夜景をしっかり楽しむことができました。たしかにきれいですね!そして深夜にホテルに戻り、翌朝のフライトで東京へ。わずか2日間の函館ではありましたが、大変に楽しめました!

kenjiz at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月10日

愛知までの国道1号

この週末は愛知に出かけてきました。友人結婚式です。少し前にも香川に行ったばかりですが、最近地方での友人結婚式が多いですね。祝儀だけでなく交通費も飛んでいきます。愛知ですが、近からず遠からずで場所が微妙ですよね。しかも名古屋とかではなく海に近い田舎です。ということで電車は諦めて車で行くことにしました。式は土曜日の午後2時から、ということで東京を朝出発しても良かったのですが、長距離運転で疲れたまま顔を出すのも嫌だったので金曜日から前泊することにします。といっても仕事が終わってからなので出発は夜。そうすると気になるのは高速代で、夜0時過ぎにインターを過ぎると高速代がかなり割引になります。せっかく夜間移動するのに正規料金で乗るのはちょっともったいない。じゃあ途中まで一般道で行って時間が遅くなったら高速に乗るか?いやでも東京の近くは高速で田舎を一般道にしたほうが良い?といろいろ迷って、とりあえず箱根を抜けるまでは東名高速で行き、その際は国道1号線を走ってみることにしました。甲州街道(20号・19号)は一般道を走破したことあるけど、東海道はそういえば高速道路しか走ったことないな、というのが大きな理由です。結局費用の節約にはあまりなってませんけど、まぁ良し。で、自宅を出発してとりあえず東名へ。金曜日の夜は結構な交通量です。そして初めての新東名に入っていわゆる「猪瀬ポール」も初めて見ました。不必要な車線はいらないのかもしれませんが、今後は自動運転用のレーンを作ることをまじめに考えてほしいものです。

で、沼津あたりまで来たらここから国道1号に降ります。金曜夜はトラックも結構走っていて、ハイペースで流れるトラックの後ろについてレーダークルーズをON。これが・・・噂通り時速100キロ前後でずーっと流れています。ほとんどは片側2車線で、ところどころ3車線になったり1車線になったり。山越えは1車線ですがわたくしのペースメーカーのトラックは空荷のせいか登り坂でもほとんどスピード落とさずがんがん行きます。数か所オービスもあって私は結構スピード落として通過するものの、トラ乗りたちは「え?」というスピードで突っ込んでいきますがなぜか光りません。撮影の設定速度が高めになっているんですかね?最初は地元の一般軽自動車がそれなりに交じっていたのですが、時間がたって夜遅くなるとトラックと長距離移動中の乗用車くらいしか走らなくなってきます。1時間以上信号がない区間もあり、路肩も無いしコンビニも無く休憩もできず、ひたすら走っていたらあっという間に浜松到着。ここでペースメーカートラックとはお別れ。浜松バイパスは信号だらけのスタートで一気に平均速度ダウンでこの先どうなるかと思ったのですが、海に近くなると125cc以下の二輪車通行禁止の看板とともにまた高速道路のような道がスタート!ここは以前は有料道路だったようですね。流石に単独で飛ばして捕まるリスクは避けたいのでしばらくおとなしく走っていると次のペースメーカーとなるレガシィが追い抜いて行ったのですかさずロックオン。このレガシィ、120キロくらいでぶっ飛ばしていきます。これ捕まったら一発免停だな・・・と腹をくくってレガシィを追尾開始。あっという間に浜名湖を超え、ここで国道1号とお別れして国道23号・豊橋東バイパスへ。一般道なのに1時間で本当に100km以上進んじゃいます。そしてようやく愛知県に入り、豊橋を過ぎて蒲郡へ。夜1時も過ぎているので今日はこのあたりで宿泊。ホテルにチェックインして、結局そのまま次の日の昼過ぎまでホテルでまったりして、午後1時にチェックアウト、2時から結婚式に参加してきました。

全く計画なく行き当たりばったりの愛知行きでしたが、帰りはちょこちょこ立ち寄って食べたり飲んだり。予想外だったのは豊橋から自宅まで全部嫁が運転してしまったこと。しかも帰りはまた国道1号で、三島からは246を使って完全に高速道路ゼロで走破してました。や、やるな嫁・・・。東海道走破は実現したので、今度はどこがいいでしょうね?

kenjiz at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月26日

北京出張

北京ダック一昨日から2泊で北京出張に行ってきました。初日の朝のJAL便で北京入りしたわけですが、朝目が覚めてメールを見たら機材変更で2時間遅延の連絡・・・二度寝しました。で、家を出て羽田から北京まで4時間のフライト。入国も税関も問題なく、送迎に来てくれた事務所の女の子と合流して迎えの車に乗って北京市内へ。予想通りの大渋滞で建国門まで1時間以上かかりました。で、ひとまずオフィスに顔を出して日本から来た出張者と上海から来た出張者と合流。ネットワーク作業はちゃちゃっと済ませ、私の仕事は現地入り後3時間ほどですべて完了です。全く楽勝ですね。

で、夜は北京の所長がアレンジした北京ダックの店へ行きました。なかなか豪勢でオープンキッチンになっている作りのレストランで、大勢が待っていましたが予約していたのですんなりテーブルへ。まぁ・・・やはり私は中国料理はダメな感じですが食べれそうなものだけちょいちょいつまみました。なんだかんだ言って食べ過ぎたのかもしれませんが、ちょっとお腹が微妙な感じです。2日目はホテルで仕事しつつお昼頃オフィスへ。この日は出張者たちはみんな外出だったので残った事務所の子たちが四川料理の店に連れて行ってくれて、麻婆豆腐や青椒肉絲やら、私の食べやすいものいろいろとオーダーしました。そして夕方ホテルに戻って・・・気づいたら爆睡。目が覚めたらすでに深夜で、見事に夕食食べ損ねました。

そして今朝、8時発の帰国便なので5時頃起きてシャワーして6時にチェックアウトしタクシーで空港へ。行きとは違って週末の朝は道路がガラガラ。25分ほどで空港到着。チェックインしたらインボラアップグレードで1列目!ただ残念ながら北京発の食事はマズくあまり食べられずに羽田に帰国。夕方約束があったので速攻で家に帰ってまたお出かけです。あっという間の北京出張でした。今回、PM2.5にビビっていたのですが全人代のためになんと青空。中国は環境すら意のままにコントロールしようとするんですね。やはり現地に行かないと分からないこともいろいろとあります。

kenjiz at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)