旅行

2016年07月06日

タイ出張

バンコク日・月・火の3日間でバンコク出張に行ってきました。タイは何年ぶりか・・・かなり久々です。往復のフライトは体に優しい昼行便、というわけで日曜日と火曜日は移動で1日が終わるので、仕事は1日だけです。バンコクには夕方到着で、現地駐在員から渋滞が激しい時間帯、という情報をもらっていたので電車と地下鉄でホテルへ。ホテルは安かったのになかなかきれいで良い感じでした。日曜日の夜は電気街でいろいろと部材調達。中国みたいに、ビルの中に小さな電気屋がたくさん入っている感じです。買いたかったビデオ会議システム用のオーディオケーブルや、PoEのHUBなんかも無事に入手できました。このあたりはさすが東南アジアです。で、夜は無難に日本食居酒屋。日本人が多い国や街には大抵ある、日本語全部通じちゃう居酒屋です。電気屋も居酒屋もお店は結構夜遅くまでやっていて、夜遅くにホテルに戻りました。

で月曜日は地元のITベンダーさんと合流して、CiscoASA5506-Xを設置、無事に日本とVPNトンネル作成成功しました。日本のIP電話やビデオ会議システムも無事開通。無事に自分の仕事は完了しました。といっても結構夜遅くまでかかり、火曜日は朝空港へ直行だったので仕事以外はほとんど何もできず・・・。ちょうどバングラディシュでテロが起きてタイでもちょっとした騒ぎになってましたが、無事に日本に帰ってきました。さすがに現地1日の日程の出張は目まぐるしいですね。あまり長期間日本を空けたくも無いですが、かといってもう少しゆっくりでもいいかなぁと思ったのでした。

kenjiz at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月16日

TOTO工場見学

TOTO今日は小倉までTOTOの工場見学に行ってきました。いま会社のビル建ててる関係でTOTO製品大量購入したため、ご招待いただきました。ゼネコンの方と羽田で合流し、初めての北九州空港へ。タクシーで小倉までひとっ走りしてランチ、そして午後から工場見学です。洗面台やトイレなどの陶器ものを大量生産するのってどうするのかと思っていたら・・・予想以上に手作業でした。最初に土で形を作るときは非常に大きく、乾燥させて焼くと縮んで見慣れたサイズになります。「TOTO」のマークすら手で書き込んでました。(ディズニーランド向けにマーク無しを特注で出荷したことはあるようです) 工場内も非常に面白かったのですが残念ながら撮影禁止・・・。予約を取るのも大変らしいですが、機会があればぜひ見ることをお勧めしたいところです。東京からだとちょっと遠いですけどね。ちなみに今回は嫁も同じフライトで同行して、現地解散して友人たちと遊んできたようです。全く自由だなもう。

kenjiz at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月06日

函館訪問

いくら丼昨年くらいから生うに食べたいな〜と思っていたのですが、北海道出身の友人たちと一緒に函館訪問してくることができました。羽田から朝イチのフライトで函館空港へ。函館空港に来たのはおそらく初めてです。大昔ソビエトの戦闘機が亡命を求めて着陸したところですよね。小さな空港でレンタカーもすぐに借りれて、今回は新型プリウスでした。運転してすぐに、ハンドルの滑らかな感触に気づきます。イイモノ感が出ています。全車速追従クルコンも使ってみますが、こちらはあまり進化無し。ぎこちなさは相変わらずです。で、朝食も食べずに飛行機乗ったのでまずは朝市に直行!早速最初の海鮮丼をいただきました。イクラの量も東京とは違って贅沢にどーん、です。1日目は天気があまり良くなく雨も降ったりしたので室内系の施設を訪問。旧函館区公会堂旧イギリス領事館を巡ります。外国との最初の接触のエピソードなどは面白いですね。領事が帰国する時には市をあげて送別会を開催したりとか、仲の良さが現れていて微笑ましいです。

そしてお昼は函館ラーメン。北浜商店というところに行きました。ラーメンは好みが分かれたりするものですが、みんなおいしいとの評価!おなかもいっぱいになり、さらにいろいろと寄り道して夕方ホテルへ。今回、市内のホテルはどこも満室かとても高いかどちらかだったので、少し離れた大沼のプリンスホテルを宿としました。無料の高速道路を30〜40分ほど走ると到着します。途中の道は覆面パトカーが大活躍していたので安全運転で山道を走り、大沼プリンスにチェックイン。部屋からは一面の森が見え、しかも露天風呂は心配なほどの解放感!なかなか良い場所でした。そして夜は、ホテルで食べるのもなんか面白くないので地元の居酒屋へ。といっても大沼には店はないので、函館と反対方向にさらに走って「森」というところに行きます。「森」ってどこかで聞いたことあるなと思ったら桃鉄に出てくる駅ですね。いかにも地元の居酒屋ってところで刺身やら焼き物やら飲み食いして、東京相場の約半額。大変にお得で大満足でホテルに戻ります。

うに丼2日目は、またしても朝から海鮮丼。朝市をぷらぷら歩きながら冷やかしたり試食したりしながら着いたのはうにむらかみ。みんなでうにを食べまくって来ました。なかなかのお値段です。で、天気が非常によくなったので箱館奉行所五稜郭に行ってタワーに上ります。五稜郭も面白いですね。よくもまぁ作ったものです。そしてお隣の函館市北洋資料館へ。昔の漁の歴史とか非常に興味深いです。しかもだいたい大きな変化にはカギになる人物がいるんですよね。イノベーションは誰かが動かないと起きないってことですね。そしてランチは函館名物のラッキーピエロ。完全なB級グルメで、ハンバーガーありカレーあり牛丼ありで何屋なんだという感じですが、安くおいしく食べられる地元のお店でした。

函館山お昼の後は、青函連絡船記念館摩周丸に行ってみます。これがまたそのまんまの展示で、操縦室とかで操作し放題、スイッチ触り放題、いいのか?って感じですが、昔のモノづくりを体感しました。しかも図面とかマニュアルとかも複製品がそのまま並んでいて読んでいて飽きません。貨車をそのまま船に積み込むあたりは実際に見たかったなぁと思いましたが、本当に昔の人はすごいですね。船の上でしばらく過ごしてから、また恒例の夕方のホテル休憩。今回は女子3人を連れているのでハードな工程というわけにはいきません。そして夜、まだ食べていなかった寿司屋へGO!あんまり敷居の高いところも嫌なので、ちょっとよさそうな回転寿司へ。函太郎(かんたろう)という店でパクパク食べまくりました。そして函館滞在の最後は函館山へ!夕方は車の乗入規制があるのですが、夜10時に解禁ということで数分前に行ってみるとすでに数台の行列発見。そのまま並んで、10時ちょうどにゲートが開いてみんなで一路函館山へ!ほとんど誰もいない山頂で、噂の夜景をしっかり楽しむことができました。たしかにきれいですね!そして深夜にホテルに戻り、翌朝のフライトで東京へ。わずか2日間の函館ではありましたが、大変に楽しめました!

kenjiz at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月10日

愛知までの国道1号

この週末は愛知に出かけてきました。友人結婚式です。少し前にも香川に行ったばかりですが、最近地方での友人結婚式が多いですね。祝儀だけでなく交通費も飛んでいきます。愛知ですが、近からず遠からずで場所が微妙ですよね。しかも名古屋とかではなく海に近い田舎です。ということで電車は諦めて車で行くことにしました。式は土曜日の午後2時から、ということで東京を朝出発しても良かったのですが、長距離運転で疲れたまま顔を出すのも嫌だったので金曜日から前泊することにします。といっても仕事が終わってからなので出発は夜。そうすると気になるのは高速代で、夜0時過ぎにインターを過ぎると高速代がかなり割引になります。せっかく夜間移動するのに正規料金で乗るのはちょっともったいない。じゃあ途中まで一般道で行って時間が遅くなったら高速に乗るか?いやでも東京の近くは高速で田舎を一般道にしたほうが良い?といろいろ迷って、とりあえず箱根を抜けるまでは東名高速で行き、その際は国道1号線を走ってみることにしました。甲州街道(20号・19号)は一般道を走破したことあるけど、東海道はそういえば高速道路しか走ったことないな、というのが大きな理由です。結局費用の節約にはあまりなってませんけど、まぁ良し。で、自宅を出発してとりあえず東名へ。金曜日の夜は結構な交通量です。そして初めての新東名に入っていわゆる「猪瀬ポール」も初めて見ました。不必要な車線はいらないのかもしれませんが、今後は自動運転用のレーンを作ることをまじめに考えてほしいものです。

で、沼津あたりまで来たらここから国道1号に降ります。金曜夜はトラックも結構走っていて、ハイペースで流れるトラックの後ろについてレーダークルーズをON。これが・・・噂通り時速100キロ前後でずーっと流れています。ほとんどは片側2車線で、ところどころ3車線になったり1車線になったり。山越えは1車線ですがわたくしのペースメーカーのトラックは空荷のせいか登り坂でもほとんどスピード落とさずがんがん行きます。数か所オービスもあって私は結構スピード落として通過するものの、トラ乗りたちは「え?」というスピードで突っ込んでいきますがなぜか光りません。撮影の設定速度が高めになっているんですかね?最初は地元の一般軽自動車がそれなりに交じっていたのですが、時間がたって夜遅くなるとトラックと長距離移動中の乗用車くらいしか走らなくなってきます。1時間以上信号がない区間もあり、路肩も無いしコンビニも無く休憩もできず、ひたすら走っていたらあっという間に浜松到着。ここでペースメーカートラックとはお別れ。浜松バイパスは信号だらけのスタートで一気に平均速度ダウンでこの先どうなるかと思ったのですが、海に近くなると125cc以下の二輪車通行禁止の看板とともにまた高速道路のような道がスタート!ここは以前は有料道路だったようですね。流石に単独で飛ばして捕まるリスクは避けたいのでしばらくおとなしく走っていると次のペースメーカーとなるレガシィが追い抜いて行ったのですかさずロックオン。このレガシィ、120キロくらいでぶっ飛ばしていきます。これ捕まったら一発免停だな・・・と腹をくくってレガシィを追尾開始。あっという間に浜名湖を超え、ここで国道1号とお別れして国道23号・豊橋東バイパスへ。一般道なのに1時間で本当に100km以上進んじゃいます。そしてようやく愛知県に入り、豊橋を過ぎて蒲郡へ。夜1時も過ぎているので今日はこのあたりで宿泊。ホテルにチェックインして、結局そのまま次の日の昼過ぎまでホテルでまったりして、午後1時にチェックアウト、2時から結婚式に参加してきました。

全く計画なく行き当たりばったりの愛知行きでしたが、帰りはちょこちょこ立ち寄って食べたり飲んだり。予想外だったのは豊橋から自宅まで全部嫁が運転してしまったこと。しかも帰りはまた国道1号で、三島からは246を使って完全に高速道路ゼロで走破してました。や、やるな嫁・・・。東海道走破は実現したので、今度はどこがいいでしょうね?

kenjiz at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月26日

北京出張

北京ダック一昨日から2泊で北京出張に行ってきました。初日の朝のJAL便で北京入りしたわけですが、朝目が覚めてメールを見たら機材変更で2時間遅延の連絡・・・二度寝しました。で、家を出て羽田から北京まで4時間のフライト。入国も税関も問題なく、送迎に来てくれた事務所の女の子と合流して迎えの車に乗って北京市内へ。予想通りの大渋滞で建国門まで1時間以上かかりました。で、ひとまずオフィスに顔を出して日本から来た出張者と上海から来た出張者と合流。ネットワーク作業はちゃちゃっと済ませ、私の仕事は現地入り後3時間ほどですべて完了です。全く楽勝ですね。

で、夜は北京の所長がアレンジした北京ダックの店へ行きました。なかなか豪勢でオープンキッチンになっている作りのレストランで、大勢が待っていましたが予約していたのですんなりテーブルへ。まぁ・・・やはり私は中国料理はダメな感じですが食べれそうなものだけちょいちょいつまみました。なんだかんだ言って食べ過ぎたのかもしれませんが、ちょっとお腹が微妙な感じです。2日目はホテルで仕事しつつお昼頃オフィスへ。この日は出張者たちはみんな外出だったので残った事務所の子たちが四川料理の店に連れて行ってくれて、麻婆豆腐や青椒肉絲やら、私の食べやすいものいろいろとオーダーしました。そして夕方ホテルに戻って・・・気づいたら爆睡。目が覚めたらすでに深夜で、見事に夕食食べ損ねました。

そして今朝、8時発の帰国便なので5時頃起きてシャワーして6時にチェックアウトしタクシーで空港へ。行きとは違って週末の朝は道路がガラガラ。25分ほどで空港到着。チェックインしたらインボラアップグレードで1列目!ただ残念ながら北京発の食事はマズくあまり食べられずに羽田に帰国。夕方約束があったので速攻で家に帰ってまたお出かけです。あっという間の北京出張でした。今回、PM2.5にビビっていたのですが全人代のためになんと青空。中国は環境すら意のままにコントロールしようとするんですね。やはり現地に行かないと分からないこともいろいろとあります。

kenjiz at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月23日

香川訪問

瀬戸大橋先週末、友人の結婚式があって香川県まで行ってきました。失礼ながら直前まで行くかどうか迷ったのですが、マイレージで航空券が取れたので日帰りでさくっと往復です。朝起きたら着の身着のままで車で羽田へ。チェックインしてからラウンジでシャワーして目を覚まして搭乗。香川はあいにくの天気ですが、到着して前乗りしていた友人と合流し、レンタカーでとりあえずうどん屋へ!まずは「山越うどん」ですが、いつも長蛇の列なのに天気が悪いせいか待ち時間ゼロ!次に「たむら」へ。同じようにハシゴしている客とまた遭遇。そしてちょっと離れた「中村うどん」へ。その後瀬戸大橋まで行って写真撮ったりしますが、小雨もぱらつく微妙な天気。といってもうどんの行列が少ないだけで十分です。そして午後に空港で着替えてから友人結婚式へ。久々に再会する共通の友人などもいたりしてワイワイ騒いで、夜の便で帰京しました。やはり泊まらなくて正解でした。丸亀製麺が全国展開している今、わざわざ香川まで食べに行く価値があるかどうか微妙ですが、別件で訪問する際にはまたうどんツアーやりたいところです。

kenjiz at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月05日

出張終わり

昨日、ホテルで目覚めてからは大忙し。とりあえず朝食してから荷物のパッキング。今回の米国出張は機材の回収とかもあって、行きよりも帰りの荷物が断然多いです。あと、前日にウォルマートで買込んだものもいろいろと。パルメザンチーズなんて日本の半額以下で買えますからね。で、スーツケースに詰め込んでみますが、どうにも収納不可・・・ということで捨てるつもりだった段ボール箱にも洗濯物とか入れて、持って帰ることにしました。スーツケースにキャリーバッグに段ボール箱という3点セットでホテルをチェックアウトし、LAXまで車を飛ばします。Google MapでもWazeでも約50分とのことで、I-405ではなくI-5から91Westを通るルートで車を進め、無事にLAXのHertzにたどり着きました。シャトルバスに乗ってトムブラッドレーへ。バスの運転手が Terminal B とか言っていたけど、略し方ちがくね?とか突っ込み入れつつJALのカウンターに到着して、例の段ボール箱を改めてパッキングしてチェックイン。いつも通りカンタスのFラウンジに行ってランチでもしようかと思っていたら、コンベクションが壊れていてコールドミールしか出せないとか言い出します。な、なんだよそれー。結局フルーツだけもらってそのまま搭乗。成田までの長い長いフライトを経て、帰国しました。ちなみに帰国便の乗務員たちは、わたしが先週シンガポール行ったときに同じ日にシンガポール行きで乗務していたそうです。あちらさんも激務ですね。

で、成田入国してWiFi返却しますが、半年前と違って、ロサンゼルスエリアはSprintのエリアが充実していて、SoftBankのローミングだけでも結構いける感じでした。レンタルWiFiはVerizonだったのですが、場所によってはSprintの方が電波入ったくらいです。孫さんががんばっているんですかね?こうなってくると、アメリカ行く人はアメリカ放題がかなり便利ということになります。そして例の段ボール箱だけは宅配便で送って、自宅までどうするか・・・リムジンバスの時間が微妙だったので迷っていると、京成スカイライナーがあと3分で出発です。ダメ元で京成のホームまで行ってみると、ドアが閉まる5秒前くらいにホームについてぎりぎりスカイライナーに飛び乗れました。もちろん特急券とか買ってないので車内で車掌から買って、あっという間に日暮里へ。予定より早く家に帰れました。1週間ぶりの自宅です!でもやっぱ出張は続かず適度な間隔が欲しいですね!

kenjiz at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月03日

フェニックス出張

TO PHX今日はオレンジカウンティからフェニックスへ日帰り出張です。昨日チェックインしたアナハイムのダブルツリーで朝食して、車でジョンウェイン空港へ。少し渋滞していましたが30分かからず到着。ターミナルまで歩ける場所に車を置けるのはとっても良いです。LAX発じゃなくて大正解でした。車を止めたらキオスクでチェックインして帰りの分の搭乗券もまとめて受け取り、ワンワールドエメラルド特権でセキュリティもプライオリティレーンであっという間に搭乗ゲートへ。ここでUSオフィスの担当者と合流します。ここからアメリカ人とずっと一緒なわけですが、がんばって英語しゃべりますが頭がかなり疲れます。しばらくして搭乗しますが、出発前にCAがアナウンスしていて、どうやら米軍兵士が乗っているらしく乗客みんなで感謝の拍手。愛国心ってやつでしょうか。そのまま離陸し、2時間ほどで初めてのフェニックス空港に到着しました。

ここで日本から来た取引先と合流し、あとわたくし用に準備してもらった通訳さんとも合流。ベテランっぽいおばちゃんでしたけど、今日はサンノゼから来たんだとか。通訳と合流してからは脳もちょっと休めつつ日本語でトーク。空港でランチしてからタクシーで今回の目的地であるデータセンタに到着しました。データセンタは基本的にどこでも変わり映えしませんが、耐震への考え方だけは大きく違います。このフェニックスのデータセンタは、サーバラックは床に置いているだけで固定も何もしていませんでした。日本基準ではちょっとこれはまずいですね。でも他は一通りしっかりしており、夕方までいろいろと見て回ったり質問攻めにしたりして、帰りはUberで呼んだミニバンで空港に戻ります。1本前の便に間に合いそうだったので変更の交渉をしますが、$75と言われて諦め、アドミラルズクラブで持ち込んだ夕食食べて、夜9時半にオレンジに戻りました。帰国前日なのでそのままウォルマートに行っていろいろと買い物。ホテルに戻ったのはかなり遅く、すぐ寝ました。明日はいよいよ帰国です!

kenjiz at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月02日

アーバインオフィス訪問

CHRYSLER 300アメリカ滞在2日目ですが、今日はホテルを移動するので朝食後にチェックアウト。送迎車で空港のレンタカーカウンターまで送ってもらいます。レンタカーを1日分節約するため、到着日だけは空港から無料送迎のあるホテルに泊まったというわけです。で、早速レンタカー借出しの手続きをしますが、Hertzで初めて日本の免許証もチェックされました。本来国際免許はただの翻訳ドキュメントなのでライセンス証書としては日本の免許で正しいのですが、今までチェックされたことがなかったわけです。で、いざ出発しますが一番安いグレードを予約したにもかかわらず待っていたのはクライスラー300です。迫力あるマッスルカー・・・といってもレンタカーグレードですので、ただのV6・3600ccでした。早速車でアーバインのオフィスへ向かいますが、なんと私以外にも日本からの出張者がいました。なんかこう、同時期の同じ場所への出張者の情報共有の仕組みとかあっても良いように思いますが、どうなんでしょうね?ちょっとおしゃべりしていたらもうお昼で、ちょうどランチミーティングがあるというのでわたくしもそこに潜り込み、メキシカンのタダ飯にありつきました。で午後からこのオフィスの訪問目的であるミーティング。なんだかんだと白熱して2時間ほどかかり、今後もコミュニケーションを密にしましょう、ということで終了。わたくしは早めにオフィスを後にしました。

DoubleTreeでもって今日から泊まるのはアナハイムのダブルツリーです。たまたまここが安かったので予約しますが、チェックインしようとするとどこかに電話した挙句、「部屋をアップグレードしたいんだけどまだ掃除が終わってないの。少し待てる?」と言われます。で、わたくしはじゃあ夕食行って来てから戻ってくるよって言うと、OKOK!ってことで荷物だけ預けてまた車で出発。駐車場の出口ではなぜか課金されたので、インターホンで経緯を話してゲートを開けてもらい、とりあえずトーランスの友人宅へ。久々に再会しておしゃべりして、一緒に別の友人のところ行ってそこの嫁に私の嫁から預かったプレゼント手渡して、とりあえず元の友人と食事へ。日本の話してたら話は尽きません。結局夜10時過ぎにお別れして、フリーウェイ飛ばしてホテルに戻ってチェックインをやり直すと、なんと最上階のペントハウス。避難経路図で見ると一番広い部屋でした。リビングルームにキッチンにベッドルーム。バスルームも複数あり、外が眺められるガラス張りのシャワールームやサウナまで完備!最初は軽く部屋の中で迷う感じです。といっても既に夜遅く、部屋を担当する間もなく寝ました。明日は日帰りフェニックス出張です。

kenjiz at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月01日

シカゴ経由サンタアナ行き

日曜日にシンガポールから帰国し、そのまま日航成田に泊まりました。このホテル、シングルは激安なのですが部屋がすごい狭さです。とはいえ、以前と比較するとリニューアルされていて水回りも古い設備をうまくきれいにまとめてあり、十分快適に過ごせるレベルでした。ただ空港側の部屋だったので昨年のLAXヒルトンのように、航空機の離着陸の音が常に聞こえている状態。とはいえ、耳栓完備のわたくしは熟睡いたしました。

そして今日、アメリカに到着したわけですが、今回は初めてサンタアナの空港着で来てみました。ロス(LAX)直行便の方が時間は早いのですが、夕方発なので出発まで時間つぶさないといけないことと、LAX周辺は渋滞だらけ面倒なうえ会社にも遠い、ということで、あえて遠回りをしてサンタアナ着ルートです。本当は新しく就航したJALのダラス便を使ってみたかったのですが残念ながら満席だったので久々のシカゴ便。ホテルを9時過ぎにのんびり出発して成田でチェックイン。ラウンジで朝ごはん食べて機内へ。昼行便ということもありほとんど照明つきっぱなしのフライトでした。ちなみに担当のCAさんのバッジに「高濱」と書いてあって、あの日航ジャンボ機事故のパイロットの娘さんでした。ばりばり仕事されてましたが、なんかすごいですね。

そして12時間近いフライトののち、シカゴに到着。意外とすんなり入国できて乗り継ぎ便のためにターミナル5からターミナル3へモノレールで移動。アドミラルズクラブに行きます。前回同様、「フラッグシップラウンジあるわよ」と受付のおばちゃんに教えてもらいますが、シャワーするためにあえてのアドミラルズクラブに入ります。シャワーブースにトイレもある広いシャワールームでした。で、さっぱりしてから受付でもらったクーポンで飲み物もらって、今度はフラッグシップラウンジへ。こちらは成田行きを待っている日本人が結構います。といってもわたくしは出発まで時間があるのでスマホの充電だけして爆睡。しばらくするとラウンジのお姉さんに起こされます。フライトいつなの?搭乗券見せてまだ数時間あることを伝えると、寝るんだったらテレビ消す?それとも向こうにもっと静かな部屋あるからそっちで寝る?、とアメリカ人らしくないお姉さんの気配り。ありがたく誰もいない奥のQUIET ROOMに移動して、もう一回寝ました。時差ボケで軽く頭痛していたのも無くなり、出発30分くらい前に搭乗ゲートへ。いきなり名前呼び出され、搭乗券をアメリカン航空のものに交換します。残念ながらアップグレードではありませんでした。

そしてサンタアナ行きの機内へ搭乗。エコノミーの最前列窓側で隣席は空いているというなかなかの快適さ。アメリカン航空はエコノミーの前方がMain Cabin Extraというプレミアムエコノミーになっていて、足元も十分に広くできています。そしてドリンクサービスの時に、なぜかわたしだけサンドイッチのサービスが。CAがうるさい機内で早口で何言っているのかよくわかりませんでしたが、ワンワールドエメラルド会員向けのサービスか何かでしょうかね?数種類のサンドイッチから選ばせてもらって、すんごいデカさのサンドイッチだったので、持ち帰って夕食にします。そして4時間ほどのフライトで初めてのサンタアナ空港に到着。こじんまりした空港で、降りてからもあっという間に出口。ホテルに電話してピックアップを依頼しますが、預け荷物がなかなか出てこなくて(というか出口まで歩いてすぐなので人の方が早い)、シャトル乗り場についたらホテルの車と運転手が待っていました。ホテルまで数分で到着して、事前にスマホでチェックインしていたのですぐにルームキーもらって、長旅が終わりました。明日からはいよいよこちらで仕事です。

kenjiz at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)