旅行

2017年09月15日

中国出張

電子マネー今週は上海と北京に出張に行ってきました。行きはエコノミーが満席で会社がプレミアムエコノミーの席を取っていてくれたのですが、自分でマイレージでアップグレード。短距離線なのにシェルフラットシートでゴロゴロ寝ころびながら久々の上海に到着。今回は機材をたくさん持ち込んだので預け荷物は55kgだったのですが、虹橋空港の税関は完全スルーで拍子抜け。X線検査すらしていません。で、会社の迎えの車に乗ってホテルでチェックインだけ澄ましてオフィスへ。早速仕事を片付けます。会社の自販機は当然のように電子マネー対応。わたくしは前回、銀行口座作って支宝付(アリペイ)も微信(ウィーチャット)も使えるようにしたので、さっそく使ってみました。

電子マネーちなみに支宝付(アリペイ)とか微信(ウィーチャット)って、英語読みしても現地の人には通じません。支宝付(ジーフーバオ)か微信(ウェイシン)って言うようです。ほとんどの場面でジーフーバオだけでOKなのですが、たまーにウェイシンじゃないとダメなことがありました。タクシー乗った時と、北京空港の免税店と、あとウェイシンしか使ってない駐在員に送金するときです。でも大抵は言葉すら不要で、レジで黙ってジーフーバオのQRコード見せればOK。タクシーの運転手の中には自分のスマホのQRコード見せてくる人もいるので、その場合は相手のQRコードを読み取って値段を入れればその場で送金完了。本当に現金の出番がありません。でも中国の電子マネーが一気に拡大した大きな理由は、やはり個人間決済でしょうね。みんなで食事に行って一人が会計して、あとはみんなチャットの要領で自分の分を会計した人に送金します。自分のスマホに現金が貯まりすぎたら簡単な操作で銀行口座にお金を移動したり、またお金を使うときはデビットカードのように銀行口座から直接支払いも可能。日本も大昔、Edyが始まってしばらくして個人間決済機能が付いたことがありましたが、手数料50円取られました。それじゃあみんな使わないですよね。しかもお金が集まりすぎたら持っていく場所がない。消費しないといけないんですね。結局Edyは楽天に買収されて今も生き残ってはいるようですが、SuicaやApplePayに比べれば先行者としての存在感がとっても薄くなってしまっています。

シェア自転車そして中国でここ1年で様変わりしたのがシェア自転車。最初に300元くらいの保証金は必要なようですが、あとは30分1元(16円)という格安で借りられ、しかもどこにでも乗り捨てOK。どこでも乗り捨てられる時点で日本にはマネできないサービスですが、駅から自宅とか、ラスト1マイルの移動にとても便利。ただ保証金があるので私は使いませんでした。このシェア自転車サービス、現地の中国人もどうやって利益を上げるのか良くわからないとのこと。保証金は最初の1回だけだけど、自転車は老化もするし故障もしますよね。いったいどんなビジネスモデルなのか・・・。あるいは壮大な詐欺なのか・・・。しばらくは行く先を見守りたいと思います。

帰りの北京発のJL20便にて帰国。朝の8:25発なのでホテルのチェックアウトは朝6時・・・眠い・・・ですが帰りのフライトはめでたくインボラアップグレードでビジネスクラス1列目!しかも隣は空席!大変快適に帰国できました。

kenjiz at 23:42|PermalinkComments(0)

2017年08月25日

アメリカン航空

NY&日食ツアーから帰国しました。表題のアメリカン航空ですが・・・ニューヨークからアトランタに移動したときにカウンターのおばちゃんの勘違いにやられた話は書きましたが、帰りのアトランタでのチェックインでもやられました。繰り返しになりますが私も嫁もワンワールドエメラルド会員なので、預け荷物は3個まで無料重量も50ポンド(23kg)ではなく70ポンド(32kg)までOKなのですが、カウンターのおばちゃんが2個しかダメと言い出し、なおかつ重量オーバーだと言い出します。しかもそこにたどり着くまでに2回もカウンターをたらいまわしにされており、いい加減こっちも腹が立ってきているところ。最終的にマネージャーらしき人を捕まえて事情を説明すると、「誰が言ったの?あのビッグウーマン?あぁ彼女はルール知らないんだ」と言いながらさっさとチェックインしてくれました。I'm sorry. と言ってきたので悪いとは認識している様子。チェックイン後にビッグウーマンのところに行って、ちゃんと勉強しとけよ!!と一言言ってやって無事に予定通りシカゴ経由で帰国しました。(最初にアトランタ空港到着してからセキュリティたどり着くまで2時間もかかりましたけどね・・・)

一応念のため、帰国後に日本のAA窓口に今回の経緯とルール徹底のお願いをしたのですが、同じような状況は多々発生しているようで、追加料金を支払っても返金するルールがあるようです。一度払ったら返さないイメージがあったのですが、割とそのあたりは柔軟みたいですね。にしても、自分が正しいと信じ込んでいる人に間違いを指摘するのはなかなか大変です。まぁ旅行にはそれくらいのトラブルは付き物ですけどね。今回も十分楽しめたのでまたどっか行きたいと思います!!

kenjiz at 23:17|PermalinkComments(0)

2017年08月21日

日食観測

シボレータホ昨日、ニューヨークからアトランタに来ました。アメリカン航空のチェックインではひと悶着。私も嫁もワンワールドエメラルド会員なので、預け荷物は3個まで無料重量も50ポンド(23kg)ではなく70ポンド(32kg)までOKなのですが、カウンターのおばちゃんが2個しかダメと言い出してプライオリティタグも2個しかつかず。ラガーディア空港なのであまり経験無い人だったのかもしれませんがアメリカであまりゴネると機内から引き摺り出されるリスクもあるかもしれないので、3回くらい文句言った後は引きさがることにしました。

渋滞で、アトランタでレンタカーを借りる時もひと悶着。レンタル前に来たメールだとラージSUVがプレミアムSUVにアップグレードされていたのですが、カウンターで追加ドライバーの登録をしようとするとプレミアムSUVは追加料金と言い出します。しかも追加ドライバーも4名まで無料の条件で予約しているのに、2名までとか言い出します・・・キタコレ・・・。これも面倒なのでそのままにしときました。車はラージSUVのシボレータホ。まぁ十分大きいですけどね。車で友人宅に向かって数年ぶりの再会。家もでかくなっていて私たち4人が十分泊まれるおうちでした。

公園そして今日、朝からみんなでサンドイッチ作ったりしてお出かけ準備。車にいろいろと積み込んでみんなで出発!ハイウエーに乗ると朝から渋滞。みんな日食見に行く人たちです。そして渋滞に巻き込まれつつ2時間ほど走って、友人推奨の小さな公園へ。高台になっていて見晴らしも良く、駐車場も大きいのにほとんど車が来ない穴場。屋根付きベンチもあってまずはランチ。遊具などもありますが遊んでいるといよいよ日食です。

日食観測早速日食サングラスかけて欠け始めるを見ます。パックマンだー、という声も上がっていましたが世界共通キャラクターですね。そして8割9割ほど欠けてくると急にあたりも暗くなってきて涼しい風が吹き始めます。太陽と月がきれいに重なるなんて自然の驚異ですし神秘的なものを感じます。昔の人も観測したり予測したりしたようですが、本当にびっくりしたでしょうね。

ダイヤモンドリングそしていよいよ完全に太陽と月が重なってダイヤモンドリング!周囲のアメリカ人が大歓声を上げています。とすぐさま黒い太陽の周辺にコロナが見え始めます。す、すごい!8年前、2009年に上海に皆既日食を見に行ったときは天気のせいで全然見えなかったのですが、8年越しでようやく見ることができました。本当にすごいですね。

皆既日食そして数分するとまた太陽がキラリと光って周囲が明るくなっていきます。もう後半の部分日食はみんな興味なしといった感じで早速帰る人も出る始末。私たちもしばらくのんびりしてから家路につきました。ちなみに通常1時間の距離でしたが、行きは2時間、帰りは4時間かかりました。丸1日がかりのイベントでしたが、アメリカまで来て良かった!


kenjiz at 23:29|PermalinkComments(0)

2017年08月15日

NY市内観光

マンハッタンニューヨークにしばらく滞在して、週末にアトランタに移動します。わたくしはニューヨークは正直もう数えきれないくらい来ていて目新しいのはワンワールドトレードセンターくらいでしたので、今回は友人たちのNY観光のサポートとしてドライバーに徹しました。NY観光は、ドライバー有で駐車のことを考えなければ車で回るのも意外と便利です。ブルックリンブリッジを歩いて渡ってもらうためにブルックリン側でみんなを下ろして、マンハッタン側で拾ったりとか。iPhoneの位置情報共有しておけば合流もすんなりいけます。

マンハッタンちなみに移動は車だけでなく、路駐できる場所を見つけたら私も歩きで一緒に観光。そしてちょっと遠い所に行くときは地下鉄やUberも使います。NYのUberドライバーはかなり儲かっているようで、車もみんな高級車。特にプレミアムでもない普通のUber頼んでもサバーバンが来たりトヨタアバロンが来たりとサイズはゆったり。ドライバーもみんなまともでタクシー乗るよりはずっといい感じです。合流するまで数分必要なのがちょっと微妙に時間をロスしますけどね。でも観光ならUberがベストに思います。

自由の女神自由の女神も一応見に行きました。お約束の無料フェリーです。というか・・・このスタッテン島フェリーの客の8割は自由の女神目当てといった感じ。市民の足のために無料運行されているとはいえ、いずれ有料になりそうな勢いです。スタッテン島に到着後もすぐにUターンする人が半分以上。みんな船の自由の女神側に集まっていて、下手したら船が傾くんじゃないの?といった感じ。まぁでも無料の良いアトラクションです。

マンハッタン夜は夜景を見るためにワンワールドトレードセンターに登ってみました。比較は難しいのですが・・・昔初めてエンパイアステートビルに登った時のような驚きや感動は感じられず・・・自分が慣れてしまったのか、やはり屋外のエンパイアステートビルの迫力がすごいのかはよくわかりませんが。日本人はスカイツリーも体験しているので微妙な感じではありました。まぁでも、しっかりとNY観光したのは久々でしたので楽しめました。

kenjiz at 23:35|PermalinkComments(0)

2017年08月10日

夏休み

WALMART夏休みということでアメリカに来ています。今回は嫁と嫁の友達二人を連れて4人旅行。成田のJALファーストクラスラウンジでお腹いっぱいになったあと、今回もラッキーなことに5列目GET。後ろのほうのビジネスクラスとは乗務員の対応も全然違うので本当にこの席は良いです。今回はまずニューヨーク州の田舎の方に滞在するのでJFK空港到着後に車を借りて、森の中のホテルにチェックイン。途中で買い出しのためにWALMARTに寄ったのですが、女子3人の買い物が長い・・・・。この先が思いやられる感じです。

HOME2 SUITEホテルは久々のHOME2 SUITE by Hiltonです。各部屋にキッチンや食器、食洗器までついていて部屋で軽食くらいは食べられちゃうのが便利。普通に住める感じです。これで1部屋1泊2万円以下なのでリーズナブルです。

kenjiz at 23:49|PermalinkComments(0)

2017年06月05日

初入院

といっても私ではなく嫁なのですが、アフリカ帰国後、嫁が発熱したり解熱したりを繰り返していまして、念のためにトラベルクリニックを持つ戸山の国立国際医療研究センターに連れて行ってみたら、念のために即入院しましょう、ということになりました。え?そんなに簡単に?という感じです。しかも「入院に必要なものお持ちください」とか言われても何が必要なのかすら分かりませんけどね。感染症のリスクがあるということで特別個室が割り当てられて、バストイレ付きのワンルームマンションに入居した感じで大変快適なうえになかなかの夜景も見えるのですが、嫁はかなり落ち込んでました。

結局2週間ほどの入院となり、いろいろと検査したものの感染症ではないという判断になり、無事に退院となったわけです。入院ってどれくらいお金がかかるのかは見当もつきませんでしたが、2週間で約20万、高額療養費制度は25万以上でないと適用されないということで残念ながら対象外、ただ健康保険組合の付加金制度の適用で大半は戻って来ることになりました。プラスして旅行保険からの払い戻しと、通常の医療保険からの入院保険金などもあり、金銭的な負担は無いどころかプラスになりそうです。まぁでも、今回の入院は初経験も多くいろいろと勉強になりました。もちろん、入院しないに越したことはないですけどね!

kenjiz at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月23日

旅ブログ

今回のアフリカ旅行中、嫁が療養している間の時間をかなり旅ブログ読むのに使いました。なにしろアフリカでできる時間つぶしは限られています。しかもザンビアはインターネットが遅い。滞在したところも、10Mbpsの専用線に月額で日本円で30万円ほど払っているとのことでした。その前は衛星回線使っていたようです。3Gインターネットも普及はしていますがザンビアは高め。タンザニアは結構安く、1GB=¥100くらいな感じです。ということで、動画とか見るよりはブログで文字や画像でネットサーフィンというわけです。

いろんな人のアフリカの旅行ブログを読んでいると、さすがにアフリカだけを目的地にしている人は限られ、どっちかっていうと世界一周の途中でアフリカ通過してます、というのが良くヒットします。お金を節約しつつ安宿やドミトリーを泊まり歩き、日本人宿では情報交換をして、という感じです。あと、ギター弾いたりと演奏しながら小銭稼いで旅費にしている人も結構いるようです。中には稼ぎながら旅行していることに誇りを持っていて、若干通常の旅行者を見下している感があるのが鼻につきますが、まぁいろんなスタイルがあってよいと思います。

私はどっちも無理ですけどね。長期の旅行はまず飽きるし、やはり住むのも食事も日本がベスト!1〜2週間の旅行に頻繁に行くのが一番楽しめます。幸いにもわたしの友人たちは結構世界中に住んでいたり飛び回っていたりするので、現地で友人と合流できることも多いし、会社の駐在員経由のコネも結構役立ちます。短期間旅行でも十分に現地と深く接することができるわけです。あと、安宿はやっぱ厳しいですしね。フライトもできればビジネスクラスでゴロゴロ寝転びながら往復したいところです。まぁ、どういった旅行をしようが自由なのも旅行の醍醐味でしょうか。ちなみに次回のプライベート旅行は8月のニューヨーク&アトランタ。無事にJALのビジネスクラスが取れています。あと出張は来月あたりに上海か北京の予定。住むのは日本がベストですが、あちこち出かけるのはわくわくしますね!

kenjiz at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月17日

帰国!

エミレーツ無事にアフリカから帰国しました。タンザニアでエミレーツに乗ると、世界共通の安心した雰囲気にホッとします。ちなみにどこかで見たことあるおじさんが乗ってきたな、と思うとニコニコ挨拶してきて、どこで会った人だ?と頭をフル回転させますが思い出せず、「どこで会いましたっけ?」って聞いてみたら、行きの便で一緒だったじゃないか!・・・とのこと。偶然にもタンザニア着の便で通路の反対側にいたおじさんがまた隣でした。お互いに同じ便の同じ席だったというわけです。また英語でいろいろ会話して疲れたので寝ました。

エミレーツそしてドバイでは約3時間の乗り継ぎ。成田行きはA380なのでラウンジもA380専用です。ラウンジ内に各ゲートごとの出口があるという豪華仕様。シャワーもトイレも素敵でした。レストランもあり、ハーゲンダッツは食べ放題。そしてA380で成田へ。行きと微妙に機材が違ってシートの作りが違いました。でもほとんど寝てたら無事に成田に到着。荷物は宅配に預け、迎えに来てくれた友人たちと合流して食事して帰りました。いやはや、今回は旅程がだいぶ変更になりましたが、無事に帰ってきて何よりです。ビクトリアフォールズにはまた改めて行かねばなりません!

kenjiz at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月15日

タンザニア最後の日

レストラン今日はいよいよタンザニア最終日。ザンビアのルサカで別れた友人夫婦も陸路でダルエスサラームまで到着して無事に合流できました。最後に一緒に空港まで行きますが、せっかくだからの最後の食事は地元のローカルレストラン。まぁこの後おなか壊しても日本に帰るだけですからね。で、せっかくだからタンザニアのソウルフード?うがりにチャレンジ。ですが、お昼前だとまだどの店も作っている最中で出せないとか言い出します。結局数件ハシゴして、ようやくお店見つけました。

うがりうーん、結論から言えば、別においしくない、です。はい。まぁ経験として1度食べれば十分かな。だいたいこれ作る時もとうもろこしの粉を煮詰めて作るわけですが、水だって汚い水でしょうしね。熱通ってるので衛生的には問題ないとはいえ、別においしくはないです。ちなみに日本人の我々がうがりにチャレンジしているのを、周りの地元民たちが温かく見守ってくれていました。彼らうがりにトライしてるよ、みたいな会話をスワヒリでしてたそうです。というわけで無事にランチを済ませて空港へ。これでようやく帰国です。チェックインの荷物の重量測定は巨大な体重計というのが笑えますが、無事に3つのスーツケース預けて、ラウンジで搭乗を待ちます。いよいよ帰国です!

kenjiz at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月13日

ザンビアからタンザニアへ

薬ザンビアの首都ルサカにしばらく滞在したわたしたちですが、嫁の体調も回復してきたのでいったんタンザニアに戻ることにしました。ルサカからエミレーツでドバイ経由で東京に戻る選択肢もあったのですが、帰路の航空券放棄で買いなおしになるため、ビジネスクラス2名分だと約100万円・・・嫁が死にそうならまだしも、そこまですることはないだろうということで一旦タンザニアに戻ります。ちなみに友人夫婦は車があるので一足先に陸路でタンザニアに向けて出発しました。で、私たちはルサカの国際空港に向かいます。夜行便なのですが週に2便ほど、タンザニアのダルエスサラーム直行便を見つけたのでした。FastJetというローカル航空会社です。で、空港でチェックインしますが、明らかに体調の悪そうな嫁は搭乗許可するために医師の診察が必須と言われてしまい、空港の診療所へ。熱を測ったり血圧測定したりして、医者の結論は、この薬飲んで、ということと、経口補水液を1リットル飲めたら搭乗許可する、というものでした。まぁ薬はすぐ飲めたものの、経口補水液はまずくて嫁が飲めないと言い出します。搭乗時刻も迫ってきたので、やむを得ず私がこっそりトイレですべて処分。空っぽのペットボトル見せて無事に搭乗です。

imageそしてFastJetは離陸しますが、なぜか30分ほどでどこかに着陸。GoogleMap見てみたら、なんとそこはジンバブエ。どうやら経由便だったようです。一部の人だけ乗り降りしてまた飛び立ちます。これってテロし放題ですね。一部の人が降りた後に荷物チェックなんかもありませんでした。とはいえ、無事に3時間ほどでタンザニアのダルエスサラームに到着。またまたビザ申請です。そしてここでも係員が具合の悪そうな嫁を見つけて「大丈夫か?」「救急車呼ぶ?」と気を使ってくれます。医者の友達が迎えに来てるから、と断って入国手続きし、無事に現地在住の友人と合流。この友人の旦那さんは内科医で、自宅に2泊ほどお世話になることにしました。家について早速自宅で嫁に点滴してもらい、週明けのフライトで日本に帰国する予定です。

kenjiz at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)