IT

2018年10月09日

ヘッドセット

Voyager 5200かなり昔から、いろんなヘッドセットを試しては使い続けることのなかった私ではありますが、今回久々に新しいヘッドセットを入手してみました。PLANTRONICS Voyager 5200というやつです。1万円ちょいくらい。早速使ってみますが、複数形態とペアリングできるのは良いですね。私はいまだにガラホとiPhoneを組み合わせて使っているわけですが電源を入れるとすぐに音声案内で2台の携帯と接続できたことがアナウンスされます。あとは、通話じゃなくて片耳ではありますが音楽聞いたりもできます。

そしてヘッドセットで一番大事なのは何よりも装着感。この点、仕事中に朝から晩までつけていても気にならない、付け直しも不要でつけていることを忘れはしないけど気にならないレベルです。本来の想定されている装着方法は正直判らないのですが、耳の上に引っ掛けるだけで、耳の穴には入れたりしません。ちょうど耳の穴のすぐ手前にスピーカーが来る形で、周囲の音も当然聞こえるし、イヤホンの音も聞こえる、という絶妙な感じ。耳をふさがないヘッドセットというと、数か月前に話題になったSONYのXperia Ear Duoというのがありましたけど、JALと共同で検証、というのはニュースになってましたが実際に発売もされたんですね。ただ話題になっていないところを見ると、あまり大したものではないのかもしれません。でもまぁ、少なくとも私はヘッドセットのおかげで社内にいるときは電話を取り損ねる率がかなり下がりました。



kenjiz at 23:37|PermalinkComments(0)

2018年10月05日

インマルサット

インマルサットインマルサット衛星携帯電話を借りてみました・・・ですがわざわざ普段こんなものを使う時間もなく・・・まだ衛星の電波キャッチしていません。さすがに衛星携帯のレビューサイトなどあるわけでもなく、自分でテストしないと情報も得られないといった状況です。いったいどうしたら善し悪しが判断できるんでしょうね?

kenjiz at 23:58|PermalinkComments(0)

2018年10月01日

衛星携帯電話

うちの会社ではBCPの一環としてイリジウム衛星携帯電話を100台以上導入しているわけですが(導入経緯1導入経緯2)、イリジウムの衛星入替による値上げもあり、他キャリアの検討も開始しました。空が見えればどこでも使える・・・はずのイリジウムではありますが、やはり都内だとビルも多く意外と圏外も多いのが実情。イリジウムの料金値上げについては交渉してしばらくは従来料金で使えることになったので、その間に見直そうというわけです。

今候補になるとしたら、

1.ワイドスター(ドコモ)
静止衛星タイプで昔も検討しました。でもやっぱり巨大なアンテナを衛星に向けて使う必要があり、固定電話の代わりとしては良いのですが持ち運んで使うものではないという結論です。

2.イリジウム(KDDI)
衛星コンステレーションタイプで今使っているやつですが、新機種も出ているようなのでそれはちょっと試用しても良いかなとは思っています。ただ電波の届き具合は基本的に今と同じでしょうし、圏外問題は解決しません。

3.インマルサット(KDDI)
静止衛星タイプの別バージョン。ワイドスターは日本専用ですがインマルサットは世界中で利用可能・・・そこまで求めてません。

4.スラーヤ(ソフトバンク)
こちらも静止衛星タイプではあるのですが、端末が小さく持ち運びに便利そうです。もちろん南にアンテナを向けるのは変わらないのですが、ちょっと一度使ってみたいですね。ただやっぱり、喋りながらうろうろ歩いたとしたら切れると思います。サービス範囲はヨーロッパからアジアで北米南米は圏外です。

ということで、いずれも一長一短といった感じ。そもそも地上の携帯網が死ななければ何とかはなるとは思いますが、そちらを信じて衛星携帯をやめるというのも一つの選択肢としてはありだと思います。しばらく迷おうと思います。

kenjiz at 23:14|PermalinkComments(0)

2018年09月30日

どこでもDIGA

新型DIGAのダメっぷりを書いたばかりですが、さらに新機種が出たようですね。しかも今回は筐体の形もかなり変わっていて、こういう新しいものにチャレンジする姿勢はとても評価できます。とはいえ、使い勝手は変わらなさそう。結局わたくしはBRZ1010とBRG2050を2台並行で使うことに決めました。BRZ1010は日常の見る&消す用として使い、CMスキップしまくりです。BRG2050はリモート視聴用で、スマホに番組転送するのと長期保管用。なんで2台を使い分けなきゃいけないのかとても残念ですが仕方ありません。そんな商品開発してるから日本の家電メーカーは沈没しちゃうんだと思いますけどね。パナソニックは株も持っていますが、損含みです。ただSONYの株価はなんであんなに暴騰しているのでしょう?ソニーも株主なので、しかも1000円台で仕込んでいるので7000円近い今の状況はパナソニックの含み損を何回も吹き飛ばせるほどの大きな含み益です。なんなんでしょうかこの違いは。

ところで話を戻しますが、BRG2050はどこでもディーガというパナソニックのリモート視聴アプリ専用機にすることにしたわけですが、このアプリがまたポンコツです。自宅内にいる場合と宅外にいる場合を判別して動作が変わるわけですが、自宅にいるのに宅外扱いされることもしばしば。なおかつ、今夜のように台風でベッドの中でスマホでNHKでも見ようかと思ったら、ペアリングの期限が切れているとの表示。手動更新は成功するのですが何回やってもペアリングの期限切れ。大手メーカーの製品がこれではもうどうしようもありません。ITについていけない開発者はさっさと配置転換して、もっともっとITに注力してもらいたいです。トヨタもそうです。新型クラウンの走りは良いとして、あの2画面モニタの使い勝手の酷さは話になりません。日本人も生産性を上げるべく真剣に考えないといけないと思います。

kenjiz at 23:52|PermalinkComments(0)

2018年09月26日

DIGAのCMカット機能

少し前にブルーレイレコーダーのパナソニックDIGAを買い換えました。とはいえ古いやつもそのままとってあるので買い増しで既に3台目です。以前は2015年モデルのDMR-BRZ1010で、今回購入したのは2018年モデルのDMR-BRG2050です。3チューナーから6チューナーに同時録画数が増えたのと、HDD容量も1TBから2TBに増えました。ただ買い換えた理由はチューナー数でもHDD容量でもなく、「どこでもディーガ」というiOSアプリで番組持ち出しができること。以前買い換えた際の理由はこのアプリでリモート視聴が可能になったという理由でしたが、実際に使ってみると大変便利ではありつつも行った先のファイアウォールに通信をブロックされたりパケット量がうなぎ登りだったりと若干問題がありました。また、リモート視聴だと早送りなどにすごく時間がかかります。それが、今回のモデルはスマホに番組データ自体を移行可能なので、それこそどこでも録画番組を楽しめてしまううえに、データを移行してしまえば早送りも巻き戻しも自由自在というわけです。

しかし!この買い替えは結論から言えば失敗でした。確かにスマホで番組持ち出しは可能ではありますが、それ以前にこの新機種には重大な欠点あり!

1.「見たいところ再生」が無くなっていて代わりに「見たいシーンマーカー」という機能になっている

「見たいところ再生」は表向き好きな場面を見られる機能として備わっているわけですが、実質は全自動のCMカット機能です。CMだけスキップ設定するとただ再生しているだけでどんどんCMスキップ。しかも番組情報は人間が判断してチャプターを打っているためとても正確。もちろんTV局への配慮としてこの機能が前面に出されることはないわけですが、非常に重宝している機能でした。ところが、新機種は「見たいシーンマーカー」という機能に代わっており、単に頭出しが楽になっただけのCMとは何の関係もない機能に入れ替わっていました。そんな馬鹿な!?と思ったのですが本当にひっそりと入れ替わっていました。これはかなり致命的です。CMのたびに毎回リモコンでスキップし、しかも余分なチャプターが打たれているとさらにスキップしたり戻したり。「見たいところ再生」の秀逸さには全くかないません。

2.動作が全体的に遅い

これもにわかに信じられないのですが、新型のほうが動作がもっさりです。番組表や録画一覧に画面を切り替える際も一呼吸置く必要がありますし、番組消すのにかかる時間も約2倍・・・。番組見るたびに消すのでこれは痛いです。HDD容量が1TBと2TBという違いはありますが、それで動作速度が変わることはないですよね・・・。

3.HDMIの連携がうまくいっていない

DIGAの番組表ボタンでブルーレイを起動すると連動してテレビの電源も入れられるわけですが、なぜか新機種だと番組表が表示された直後に画面が消え、また数秒後に表示されるという点滅が起きます。HDMIのバージョンのせいなのか何かほかの原因があるのかはわかりませんが、ホームシアター含めてPanasonic製品で統一しているにもかかわらずこの有様です。

というわけで、1台に集約したいところですが結局2台を使い分ける羽目に・・・こういうのやめてほしいんですけどね。スーパー全部入り機種を準備してもらいたいです!

kenjiz at 23:31|PermalinkComments(0)

2018年09月22日

iPhone XS

iPhone XS発売日に今回もソフトバンクの営業が持ってきてくれました。iPhone XS です。早速 iPhone8 でバックアップを取ってデータ移行しますが、ほとんどのものは問題なく移動できました。注意が必要なのはチャットツールや電子マネー系です。そして、前回苦労してトーク履歴が全消去されたLINEが今回もやらかしてくれました。

・LINE
iPhone XS の方でLINEを起動すると、本人確認のためといってメールアドレスとパスワードで認証します。ですが、間違っているといってログインできない・・・しかも旧iPhoneの方には、「他の端末でログインされました」とかLINEが届きます。いやいや、ログインできてないし・・・。ネットを見ると半日か1日たってから再度試してください、とのこと。いやね、コミュニケーションインフラで半日とか1日遮断されたら相当困るんですけどね。インフラを提供しているという自覚がなさすぎですね。だったらさっさと携帯SMS認証なり、メールアドレスで認証するなり、方法はあると思うんですけどね。結局、1日たったら何もせずにログインできるようになりました。こういったポリシーをLINE社内の誰が決めているのかわかりませんが、ちゃんと毎年機種変更してどういったことが起きるか確認してもらいたいものです。

・Suica
これはiPhoneに入れた時点でAppleIDに紐づいているので、旧機種でいきなりSuicaを削除して新機種でログインすればOK。オートチャージ設定まですべて引き継がれます。簡単で良いのですがカード削除は勇気がいります。

・ApplePay
こちらは今回はカード情報が引き継がれて、セキュリティコードを1枚ずつ再入力することでアクティベート成功して使えるようになりました。以前は全部再登録だった気がしますが、簡単になったのか前回やり方間違っていたのか、どちらかです。

・Wechat
こちらも以前は友人数人から再認証してもらうという独自のルールがあったのですが、今回は携帯SMSに届いた番号を入力するだけでそのまま利用可能になりました。

・WhatsApp / Alipay / Instgram
こちらもWechatと同じでSMS認証のみです。シンプルで良い!

ということでLINEに手こずった以外は問題なく移行完了できました。

iPhone XS の使い勝手ですが、やはりホームボタンが無いのが慣れが必要ですけどまぁこれは時間の問題でしょう。FaceIDは、私はPCの方でもデスクトップもノートPCも Windows Hello の顔認証を使っているので違和感なく使えています。ただ寝起きの顔で認証できないのは本当で笑えました。あとは本体がやはりずっしり重いのも、慣れですかね・・・。100g切りの端末などが欲しいところです。

kenjiz at 23:01|PermalinkComments(0)

2018年09月18日

エルゴノミックマウス MXV1s

MX Verticallogicoolから新しいマウスが出たので買ってみました。Logicool ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス MXV1s です。自然な手の位置のままに操作できるという高さのある縦型マウスなのですが、なんと1万円越え。届いたので早速使ってみましたが、結論から言えば失敗でした。私は手が大きめなので普段から小さめのマウスを指先で使うのに慣れているのですが、このマウスは手全体を動かすように使うので、普段の動きと違う上に、手の重さが手を立てた分、狭い範囲にかかってちょっと負担でした。ということで、1時間ほど頑張ってみたものの、元の MX Anywhere 2S に戻りました。やっぱりこっちのほうがしっくりきます。まぁ製品の良し悪しというよりも、このレベルになるともう好みとか手の大きさとかの問題ですね。なので、この縦型が使いやすい人もいると思います。





kenjiz at 23:43|PermalinkComments(0)

2018年09月12日

新型iPhone

例年のこの季節がやってきました。昨年モデルは、普及ラインとして iPhone8 / iPhone8 Plus があり、高級ラインに iPhone X があったわけですが、今年は普及ラインは iPhone XR のみ、そして高級ラインに iPhone XS / iPhone XS Max というラインナップです。私はとりあえず一番軽いモデルということで iPhone XS にする予定ですが、iPhone8 よりも大きく重くなるので微妙・・・。まぁしばらく使ってみてどうかというところです。ところで今回、ついに iPhone が DSDS (Dual SIM / Dual Standby) に対応!!海外出張時に現地SIMが簡単に使える!と思ったのですが、残念ながら eSIM + nanoSIM という組み合わせになる模様。まぁこれでも、日本キャリアの契約をeSIMにすることができれば、空いた nanoSIM スロットに海外キャリアのSIMを指すことができるわけです。どうなるでしょうね?あと、どうやら中国版 iPhone は nanoSIM が2枚刺さるらしい!じゃぁ香港で買ってくるか?と思ったら対応バンドが少ないようで、やはり日本のキャリアが eSIM に対応してくれるのを待つのがよさそうですね。

kenjiz at 23:00|PermalinkComments(0)

2018年08月28日

USB給電の話

しばらく前に購入してホコリをかぶっていたThinkPad X280をようやく引っ張り出してX250からデータ移行を進めています。X280は電源アダプタがUSB-Cなんですよね。ということはACアダプタをUSB充電器と統合できる、と思いがちですがまだ商品のバリエーションが限られていて1つで全部対応というわけにはいかないようです。USBの給電規格にはいろいろとありますが、しばらく前に購入したiPhone8用のワイヤレス充電器、Anker PowerWave 7.5 StandはQuick Charge 3.0規格の充電器が必要です。このQuick Charge 3.0というのが20Vまで出力しちゃう仕様らしいのですが、今のところUSB-PDとQuick Charge 3.0の端子を両方備えている充電器はなさそう・・・。もし1台にまとめるとしたら、30W以上のUSB-PD(PC用)・Quick Charge 3.0(iPhone8ワイヤレス充電器用)・そして通常の2AくらいのUSB端子が2〜3個ついているようなACアダプタがあれば一挙解決なのですが、残念ながらそうはいかないようです。この規格の乱立は何とかしてほしいですね。








kenjiz at 23:39|PermalinkComments(0)

2018年05月07日

IOSバージョンアップ

ルータメンテナンスGWは友人の結婚式があって大阪まで行ってきました。伊丹空港がすごくきれいになっていてびっくり!お昼食べようとしてもあちこち行列。昔のように、飛行機降りてから走って45秒くらいでバスに乗れたコンパクトさはすっかり影を潜めて大きなターミナルに成長しました。バス乗り場も北・南の区別がなくなってます。で、せっかくなので大阪のデータセンタでGWの休みを使ってIOSバージョンアップを実施。これで大阪行きが出張になるわけです。夜、ホテルから終電で堂島のNTTデータセンタへ。TFTPでISR4400にIOS送り込むものの時間がめちゃめちゃかかる・・・ルータ4台もあるのに・・・ということで急遽ガラケーのmicroSDカードにIOS書き込んで、ガラケーをUSBストレージモードにしてルータにIOSをコピー。一瞬で終わりました。今やルータにもUSBポートが付く時代ですね。それにしてはもうちょっと活用方法の情報があると良いんですけどね。

kenjiz at 23:39|PermalinkComments(0)