IT

2019年03月27日

デュアルSIM iPhone

DualSIM iPhoneiPhoneXSにはeSIMが内蔵されているのでSIMカードと合わせると2つのキャリアを同時に使えるわけですが、日本のキャリアはどこもeSIMのサービスを始めません。Androidでは当たり前のDual SIMも、iPhoneだとなかなか実現できないわけです。でもとりあえずiPhoneでDual SIMを使ってみたかったので、SIMスロットが2つある香港版のiPhoneXRを輸入してみました。ぎりぎり10万以下なので経費購入可能でした。

早速ドコモとソフトバンクのSIMをさしてみたら、あっさりと認識&どちらも利用可能でした。ていうか、iOSもちゃんと作り込まれていてAndroidのDual SIMよりもずっと分かりやすく使いやすい!4Gの対応バンドは日本版iPhoneと比較して少ないはずですが、東京では全く違いを感じません。Appleとキャリアの関係などいろいろと事情があるとは思いますが、日本でも早くDual SIMが使えるようになってほしいですね。

kenjiz at 23:30|PermalinkComments(0)

2019年02月21日

インド滞在

グルガオンインドに出張に来ています。ITインフラの改善が目的ですが、ホテルで朝起きて外を見た段階でげんなり。一時期の中国のように空気が汚いです・・・。中国もいまや青空とか見えてますからね。人類は進化するんだなぁとしみじみ思います。きっとインドもあと10年か20年したら、きれいな空を手に入れることができるでしょう。こちらでは流石に自力移動はしんどいので会社の運転手さんに迎えに来てもらい、オフィスへ。この運転手さんは電話をすればすぐ車を回してくれるのですが、常に待機中なんですかね?たまたまトイレとか行っていたらどうするんでしょう。なかなか疲れる仕事のような気もします。

インドトラックインドのトラックはまぁいろんな文字が描かれているわけですが、"BLOW HORN"はアフリカでもよく見たサインです。要するにクラクション鳴らせというわけですが、途上国あるあるです。"USE DIPPER"は見たこと無いなと思ったら・・・日本語のネット上の記事ではハイビーム使うなという意味という説明も多いのですが、これはインド特有らしく運送会社(TCI (Transport corporation of India) やTata Motors)の始めたキャンペーンの一種で、隠語でエイズ予防の啓蒙だとか。インドといえば性犯罪のニュースを聞きますが、各地を移動するトラック運転手がエイズを広めないようにという趣旨のようです。国が異なれば色々と文化も異なりますね。

kenjiz at 23:24|PermalinkComments(0)

2019年02月04日

シンガポール出張

昨日から久々のシンガポール出張。インド出張途中の寄り道です。今回はまたまた中古ネットワーク機材を大量に持ち込んでいて、成田でチェックインの時にはスーツケース2つで60kgオーバー。2個ともHEAVYタグが付きました。今回は直行便はすべて一杯で、成田発のクアラルンプール経由。8時間かけてマレーシアへ。クアラルンプールでの乗り継ぎは1時間半ほど。クアラルンプールはセキュリティが搭乗口前なので乗り継ぎは楽。降機後にシャトルに乗らずにキャセイのラウンジへ。すんごく狭くてドリンク飲むくらいですが、一休みしてから今度はマレーシア航空へ。ですがシンガポールで豪雨だとかで出発1時間遅れ。結局シンガポール到着は20時半着が21時半着へ。大荷物も無事に税関通過しますが、こんな時に限ってタクシーが大行列。最初は夜間にオフィスで一仕事しちゃおうと思っていたのですがそのままホテルに直行して寝ました。

で、今日は朝からシンガポールオフィスで持ち込んだ機材を使いながらネットワークをアップグレード。丸1日ひたすら作業して一応目的は達成しました。ファイアウォールはMerakiなのでクラウド経由で設定は自由自在。その配下にCatalystとAironetでがっつりネットワークを構築すれば、かなり良い環境で構成できちゃいます。海外拠点のネットワーク改善プロジェクトは徐々に進んでおります。

kenjiz at 23:12|PermalinkComments(0)

2019年01月25日

スマートロック Qrio Lock

Qrio Smart Lock自宅にようやくスマートロックを取り付けました。実は数年前にも一度旧型の Qrio Smart Lock を購入していて、玄関ドアの形状と合わなかったので取付をあきらめていたという経緯がありました。そしたらいつの間にかにスマートロックの新型が発売されていて、欠点もかなり改善されているという話。じゃぁ今回は何としてでも取り付けてやろうと、再度購入したというわけです。Qrio Lock + Qrio Hubです。スマートロックが届いて早速ドアに当ててみますが・・・やはり形状の問題で取付不可。しかし今回はあきらめるつもりはなく、あちこちサイズを図ってアタッチメントを3Dプリンター等で作ってやろうとたくらんでいました。でも、よーく見たら確かに形は合わないのですが、強力な粘着テープがあればなんとかなるかも・・・とはいえ、きれいに元通りにできることを前提としたかったので、付属の粘着テープは使用しないことにして、3Mのコマンドタブを別途調達。Sサイズ1枚で400gに耐えられるようなのですが、それを2枚貼ってドアに取り付けてみました。ちなみに本体は240gほどなので、耐荷重は問題なし。あとは温度の変動が大きな玄関ドアにどれだけ密着してくれるかです。

Qrio Smart Lockそして早速使ってみますが、想像以上にサクサク反応して動いてくれます。嫁のiPhoneにもキーをシェアして、帰宅時の自動解錠も設定。歩いて家に帰ってきて玄関ドアの前にたどり着いたあたりで自動で鍵が開くのは便利♪ しかもAmazon Alexaと連動させると、帰宅後に部屋に入って「アレクサ、玄関のカギ閉めて」というだけで鍵をロックしてくれます。ちなみにGoogle Homeとも連動するようなのですが、こちらはまだキーワードが違うためなのか認識してくれません。もう10年以上前から、車がスマートキーなのになんで住宅が古臭い物理キーなの・・・と思っていましたが、後付けという不格好さはあるものの、一応玄関ドアもスマートロックにできる時代になりました。自宅のIoT化はもっともっと進めたいですね。





kenjiz at 23:49|PermalinkComments(0)

2018年12月30日

iPhone XS Max 修理

XS Max修理嫁用に買ったiPhone XS Maxですが、購入直後から「バッテリーが劣化しています」との表示が出ていて、でも旅行とかで良いタイミングが中々無く、ようやく修理することとなりました。一時的に代替のiPhone8にデータを全部移動させて、修理手配をするとクロネコが引き取りに来るというシステム。その時は付属品など無しで本体だけをむき出しでクロネコが受け取り、梱包して送ってくれるというシステムです。で、結局1日で交換の判断が下されたようで到着翌日には返送されてきました。さすがに代替品は問題なしです。ただしガラスフィルムは再度貼りなおし。データも元通りにして、現役復帰となりました。懸念していたSIMロック解除も無事に引き継がれており、今のところ特に問題なし。Appleは修理体制がとても弱いのですが、宅配を前提とすればまぁ許容範囲かもしれません。

kenjiz at 23:31|PermalinkComments(0)

2018年12月19日

海外でのデータ通信

マップ共有今回、5人でアメリカに来る際にはデータ通信をバリバリと使うことにしていました。前の記事に書いた通りAT&TとT-mobileのSIMを入手し、あと同行の友人たちのスマホはSIMロック解除可能なauのXperiaが2台と、ドコモのロックありiPhone、結局この3台はドコモから検証用に借りているSIMをみんなに配ってローミングで使ってもらうこととしました。嫁のロック解除済みドコモiPhoneは私のサブ機のソフトバンクSIMをさしてアメリカ放題を利用。私のiPhoneはそのままドコモでローミング、という形です。iPhoneはみんなすぐにネットにつながったのですが、auのXperiaはなぜかつながらず・・・au系なのでバンドの問題なのか・・・とも思ったのですが、ドコモは海外からも24時間無料でつながる窓口を持っているのでやはりこういったときはとても強力な味方です。窓口の方とやり取りして、auのXperiaはAPNを手動設定する必要があるのではないかとのこと。SONYもau向けの機種にはドコモの設定は入れてないということなのでしょう、言われた通りAPN設定したら見事にXperiaでデータ通信が動き出しました。

今回はみんなでGoogleMapの位置情報も共有して、万が一迷子になってもどこにいるかわかるようにしました。若干端末によって反映タイミングが異なるようで、移動中はちょっと距離が開く場合もあります。あとはLINEでチャットも電話も使えるし、レンタルサイクルも簡単に使えるし、今後は海外でもデータ通信必須ですね。あと意外と重要なのが、端末を通信可能にしておくとスマホで撮った写真に正確な時刻・タイムゾーン・位置情報が記録されること。特にプライベートな旅行の際はみんなの写真を集めてアルバムとか作ったりするとき、時間が正確じゃないと写真の順番がバラバラになるんですよね。みんなのデータが一致していれば、適当にGoogleフォトのアルバムにみんなが個別にUPするだけでちゃんとアルバムができるというわけです。日本はまだまだ海外ローミングが高いので、ぜひとももっと安くしてもらいたいものです。

kenjiz at 23:19|PermalinkComments(0)

2018年11月28日

クレーンゲーム修理

ギヤ少し時間ができたので、クレーンゲームの抜本的修理に取り掛かりました。クレーンのヘッド部分をばらしていきます。スマホのカメラでパチパチ写真を撮りながら進めれば元に戻すのもかなり楽ちん。でもねじの種類がいくつもあるのは参りました。とはいえ、昔ながらのメカニカルな構造で、よくまぁ作ったなという感じがするとともに、これを設計するのは楽しかっただろうなぁというのが手に取るようにわかります。

ギヤそしてばらしながらテストしていくと、結局1つのモーターが固着していただけでした。手でくるくる回してみてからスイッチ入れると勢いよくモーターが回り始め、組み立ててみるとちゃんと動きます。なんというか・・・あまりやりがいのない修理ではありましたが、ちゃんと動きました!やってみると、確かに面白いですねこれは。場所をとるのが難点ですが、みんなが集まってやるのは面白そうです。

kenjiz at 23:13|PermalinkComments(0)

2018年11月26日

家庭用クレーンゲーム

クレーンゲーム友人からクレーンゲームの修理を頼まれました。は?クレーンゲーム?という感じでしたが、うちに持ち込まれたのは家庭用の小型のクレーンゲーム。幅30cmくらいの小型のものです。こんなのがあるのか・・・という感じですが、家でやるとすんごい盛り上がるんだそうでぜひとも使いたいというわけです。まぁ、一家団欒を維持するためには協力しなくちゃいけないでしょう。

配線早速電源を入れて試してみますが、クレーンを左右と上下に動かすことはできるものの、前後に動かすことができません。バラシてみると、いかにも昔の設計といった感じでスイッチやセンサーがたくさん。メカニカルな感じで設計者の意図が伝わってきそうです。とりあえずテスターであちこち確認してみると、どうやらスイッチ自体はちゃんと動いていて電圧もちゃんとかかっている模様。だとするとモーター側の問題ですが、クレーン部分はかなり作りこまれていて分解には気合が必要な感じ。さてどうしましょう。

kenjiz at 23:07|PermalinkComments(0)

2018年11月09日

シンガポール出張

SkySuite海外出張ってなぜか続く訳ですが、今週はシンガポールのオフィスを訪問しています。今回初めて、JALのSKY SUITE 3というシートに乗りました。斜めに重なるようにシートが配置されています。意外と1人分のスペースは狭いのですがフルフラットになるのでとりあえずは十分です。ちなみに昔なら効率重視で夜行便を選んだと思いますが、今は無理せず昼行便でのんびり行きます。機内食にはキャビアなんかも出て、ひたすら本を読んだりメールチェックしたり映画を見たりしているとシンガポールに到着です。

機内食タクシーでとりあえずホテルに向かいますが、シンガポールは車の総量規制がなされているので渋滞が少なめなのが助かります。そしてホテルにチェックインして中華料理へ。しばらく中華料理漬けになるものと思われます。今回の仕事は楽勝なのでおそらく大したコメントもなく終わるものと思います。MerakiでVPN張って終わりです。

kenjiz at 23:25|PermalinkComments(0)

2018年11月01日

iOS12.1

iOSがちょこちょこバージョンアップしています。もちろんバグが修正され機能が増えるのは歓迎ですが、ここ最近のアップデートでiPadのキーボードレイアウトが繰り返し変わっているのは大変に困りますね。以前にもiOS9だか10だかのときにありましたけど、いきなりキーボードレイアウトが変わるのでパスコード入力に支障が出るのです。単純な数字とかなら問題ないにせよ、うちの会社が10文字で英数記号を混ぜるというルール。特に記号の場所が変わったりするといつもの入力でパスコードが通らなかったりして焦ります。だいたい、パスワードって文字じゃなくてキーボード配置で覚えていますからね。なのでネットで古いキーボードレイアウトの画像を探してきてどこが違うのかチェックして入れなおす、というわけです。しかも今回、iOS12の時にまたレイアウトが変わって混乱・・・なおかつ、iOS12.1で元に戻るというヒドさです。何迷走しているのでしょうか。

迷走といえば、Appleはこっそりルール変えたりとかもよくやっています。「iPhoneを探す」は盗難抑止になる良い機能だと思いますが、以前はiPhoneの端末を全消去しても「iPhoneを探す」がONのまま残せたのですが、今のiOSだと全消去の際にまずOFFにする必要があります。おそらく、アップルストアとかでONのままの端末を回収してしまい、苦労したのではないでしょうか。ただ、某ルートで申請書を書けばこのロックを解除してもらうことができました。なのでどういった社内ルールにしているのかよく分かりませんが、ともかく知らない間にルールが変わることがよくあるということです。そういえば私の iPhone XS も前の端末をSIMロック解除してから1年ほどたっていたのですぐにSIMロック解除を依頼したのですが、なぜか購入後100日経たないと解除できないとの表示・・・これもキャリアからAppleに申請を上げてもらって解除することができました。

結局、Apple端末はすべてAppleが遠隔管理しているわけですね。なのでSIMを差し替えた時にも色々と不可解なことが起こります。SIMを差し替えてアクティベーションすると、前のSIMの番号ではiMessagesが送受信できなくなります。国をまたいでSIMを差し替えながら渡り歩く想定だと、この仕様は困りますよね。なのでチャットはiMessagesはちょっと使えないかな、という感じ。本当はこうした仕様を全部公開してくれればよいのですが、情報入手も困難というなんとも微妙なApple製品です。

kenjiz at 23:50|PermalinkComments(0)