2020年10月20日

GoPro HERO9

GoPro HERO9みなさんリモート会議等でPCの内蔵カメラを今までになく使っていると思いますが、やっぱりZoomとかTeamsとか多用しだすと気になるのは画質です。最初はlenovo ThinkPadの内蔵カメラを使っていたのですが、室内の明るさだとあまり画質も良くない感じ。ということで最近はビデオ会議にMacBookを使い始めているのですが、色味などはAppleの方が良い感じです。で、究極は一眼レフとかをWebカメラにしてしまうのが良いと思うのですが、そこまで大げさにはしたくないし・・・ということでGoProみたいなアクションカムをWebカメラ代わりにしてみるのはどうかと、調達してみました。オプションがやたらとあるので一通り頼んでみたのですが・・・届いたものは小分けにされた箱がたくさん・・・これ、あとでゴミが大量に出るやつです。

とりあえず本体の電源入れて、iPhoneと接続してファームウェアのアップデート。操作性は・・・はっきり言ってあまりよくないですね。粗削りな感じです。本体にはふたを開けたところにUSB端子があるのみで、果たしてオプション類をどうやって装着するのだろう?と思っていたら、バッテリーの蓋を取っ払ってメディアモジュラーというのをはめ込みます。そう来たか、というかなんで別体なのかよくわかりませんが、メディアモジュラーをつけるとUSB端子だけでなくてマイクロHDMI端子とかもつくようになります。あとはオプション取付用のシューが2か所。とりあえずMacBookにアプリケーションを入れて、Webカメラとして使えることは確認しました。Zoomでカメラ切替をしてMacBookの内蔵カメラと画質比較をすると、さすがにGoProの圧勝。まぁカメラ自体のサイズが全然違いますからね。とはいえ、GoProがすんごく良いかと言われると実はそうでもありません。まぁ、本領発揮する使い方ではないのでしょうね。ちゃんと設定すると、カメラを傾けても画像は水平のままにできたり、カメラを揺らしても全く映像がぶれないようにすることもできます。これはお出かけ時に有効な気もしますが、コロナが片付かないとですね!

残りのオプションはまだ開封もしていません。リモコンなんかはまだHERO9に対応していないらしいです。とりあえず当面はWebカメラとして活用してみたいと思います。

kenjiz at 23:28│Comments(0) IT 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔