2020年06月25日

天井カセットエアコン入れ替え

ダイキンエアコン夏を前にエアコンの入れ替えです。うちは借家なので大家さん負担なので気楽なものですが、天井カセットのエアコンがマルチにつながっているので、交換は全部屋&室外機も。見積もなかなかの金額になったようで大家さんもビビっており、仕方ないので私の知り合いの業者に見積もらせたら約3分の2くらいの金額。うーん、どんだけぼったくってるんですかね不動産屋付きの電気屋は。天井カセットのエアコンってとても高いイメージがありますが、実は室内機は1台7万程度からありますし、室外機は部屋数に応じて高くなるとはいえ、ちゃんと業者を選べばそんなに高くないです。しかも、今回のような機器交換の場合は既存の配管はほぼそのまま使えるので、工事はむしろ壁付けより楽なのでは?というくらい。ちなみに今回、ドレン配管だけは作り直しました。今回のエアコン入れ替え、元々はドレンの排水がうまくいかずエアコンから水が滴ったことが数回あって(なぜか毎回ではない)最初はドレンの掃除でもしてもらおうと思って不動産屋に連絡したら、大家が全部新品にしましょう!ドレン配管も全部やり直しましょう!とか言い出して結局値段にビビる、という経緯なわけです。

工事はおじさんたち数名で結局丸1日かかりましたが、夜になってようやく完了。ダイキンの天井カセットエアコンは機能としてもあまり大したものはないのですが、まぁ今の時期に冷房や除湿をするには十分です。ちなみにリビングルームには天井カセットに加えて壁付けのエアコンもついているのですが、これも大家さんが電気屋に騙された?ためにつけたようなものですが、センサーで人がいる場所を認識して直接風が当たらないようにしたり、いわゆる再熱除湿機能を持っていたり、壁付けの方がずっと多機能です。でもまぁ、新しくなって恐らく省エネにもなったのでとりあえずこれで充分。快適に夏を過ごしたいと思います。

kenjiz at 23:16│Comments(0) 余談 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔