2019年08月28日

トラックブレーキ破損

トラック故障わたくしはITエンジニア職、なおかつマネジャ職でもあるので若手が育つにつれて現場に出る回数は昔よりどんどん減っているわけですが、やはり時々は顔を出します。で、場合によってはトラック運転したりもします。ビデオ会議用の巨大なモニタとか普通に買うと相当額するわけですが、長い付き合いのある中古業者さんのところに時々顔を出して、その場で良さそうなものを買い付けたりすることもあります。現場での即決の判断が必要なので直接行くこともあるわけで、今日もわたくしは三菱キャンターでお出かけしました。ちなみにこのトラック、うちの会社の工場で使っていたもので既に廃車にされるところだったのですが、捨てるんだったら頂戴!と手を挙げてなぜかIT部門がトラックを所有しているという数奇な運命。実は社員の引っ越しなどにも活躍しているのは内緒です。

ブレーキ破損ところが、既に20年落ちで30万キロ近いこのトラック、今日突然ブレーキが利かなくなりました。ペダルがスコスコと踏み抜けてしまう状態。運よく前に車がいなかったので事故にはなりませんでしたが、スティック式のハンドブレーキを使ってなんとかコインパーキングに駐車し、三菱のサービスに電話すると少なくとも1週間は預かることになるとのこと。修理代も見なくちゃわからないとのこと。まぁそうでしょうね。結局ロードサービスを使って会社の車庫までレッカーしてもらいました。トラックのレッカーということでかなり大きなレッカー車が登場し、レッカー屋の診断によるとブレーキパッドが外れてしまっていてピストンがキャリパーを直接挟んでいる状態。その状態でピストンが押し込まれたせいかブレーキオイルが漏れてしまってペダルがスコスコ、ということのようです。ブレーキパッドが外れるなんてことがあるんですね。というわけで、トラックは修理か買い替えか、あるいは都度レンタカーを使うか、考えなくてはいけません。にしてもびっくりした!

kenjiz at 23:17│Comments(0)  

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔