2019年08月19日

あおり運転

連日、あおり運転が話題になっています。まぁ昔からキレた運転手というのはいたのですが、ドラレコの普及とかあって公になりやすい環境ができたということかなと思います。私が子供の時に、首都高の小菅JCTでキレまくってるチンピラ風のおっさんが中央車線に自分と相手の車を止めて、その相手の車を周りから蹴りまくってボディ全周をボコボコにしているという衝撃的な光景を見たことがありました。当時はまだ携帯電話もなかったし、だれも通報できないという状況。恐ろしいものです。


とはいえ、火のない所に煙は立たぬというのと同じで、結局やられる方もきっかけを作っている場合がほとんどみたいですね。割り込まれたからとクラクション鳴らしたり、前が開いているのに漫然と追い越し車線をブロックしたり。もちろん手を出した方が負けというか悪いのは当然なのですが、クラクション鳴らす人もたいていの場合は鳴らさないとぶつかるなんてことはほとんど無くて、ただの遺憾の意を表明するボタンみたいになってますからね。負け犬の遠吠え的なカッコ悪さがあるのでそういったクラクションの使い方は非常にみっともない。そういう場合は鳴らすべきではないし私もそういう使い方はしません。それでも鳴らすときと言えば、前の車が青信号に気づかず止まり続けているとか、左右の車線を走っている車が線をはみ出して寄ってきたとか、それくらいでしょうか。

あと、あおり運転の大きな原因ともいわれる追い越し車線ブロックですが、これはもう警察にがんばって通行区分違反での検挙を繰り返してもらうしかないです。実際、平日の高速道路とかではあまり見ないのですが、週末のサンデードライバーたちは右車線好きですからね。追い越される=負け、みたいな感覚持っている人とかいるようですが、まぁ急いでいる人もいればのんびり行きたい人もいるわけで、追い越しが終わったら左に戻る、というのを徹底するしかない気がします。以前イギリスの高速道路を走った時は、3車線あってもみんな追い越しが終わったら一番左まで戻るのでマナーの良さに驚いた記憶があります。10年以上前ですけど。右側を走り続けるというのは、日本の総中流意識の悪いところでもあるように思います。

ただ、最近は高度運転支援システムもかなり普及してきたので、高速道路なんか自動で前の車についていく設定でいちいちアクセルなんか踏んでない人も増えてきていると思いますので、いずれあおったりあおられたり、というのもなくなっていくような気がします。私も実際、一般道含めてACCは多用しますし最近は高速道路でLTAを使ってほぼハンズオフ、手放し運転です。もちろんハンドルをずっと放したままだと警告が鳴るので、アンクルウェイトをハンドルに着けておくと、1時間でも自動でハンドル手放しで走り続けます(当然、白線がちゃんと明瞭にひかれている道路であることが大前提)。いうまでもなく安全の責任は運転手にあるので寝るわけにはいきませんが、相当楽だしあおりあおられとも無縁でいられるのはかなり快適です。なので最近渋滞も全然苦にならないというか、むしろ録り貯めた番組をゆっくり見れるので好都合だったりして。いずれにせよ、みんなで安全運転したいものです。

kenjiz at 23:37│Comments(0)  

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔