2019年05月24日

ルンバ i7+

ルンバ i7+しばらく前からルンバ i7+を稼働させています。これ、想像以上に良いです。ルンバといえば壁にぶつかりながら走り回って部屋をきれいにしていくイメージですが、この i7 というモデルはカメラ映像から部屋の地図を作り、走り方に無駄がないし壁にぶつかる前に減速してぎりぎりを走ります。やっぱロボットはこうじゃなきゃね、という感じ。地図作成機能自体は旧型の960/980にもあるのですが、地図を記憶する機能がないためいまひとつ。さらにe5という新型や他の数字3桁モデルは相変わらずランダム走行なので選択肢からは外すべき。今から買うなら多少高くても i7 にすべきと思います。

数回掃除させると部屋の地図ができてきてスマホで確認できます。そして部屋の区切りをスマホで線引いてあげると、それ以降掃除を開始するときにどの部屋を掃除するかが指定できるようになります。で、賢いのはその走行ルート。完全に間取りを記憶しているので、ちゃんと人間と同じようにルートを決めて走っていくのです。そして1部屋の掃除が終わって隣の部屋に行くところも、まさにロボットといった感じ。ランダムに走り回る古いルンバではこうはいきません。そして i7 のプラスモデルはごみを自動で収集する機能もあるため、わざわざダストボックスを掃除したり洗ったりという手間もなし!うちみたいに部屋もそれほど広くなく、フローリングでほこりも少なければ数か月はごみ捨て不要みたいです。これは良い買い物ですね。ちなみにカメラ付きルンバは画像処理で部屋を認識するので、真っ暗な部屋では動けません。できたら掃除の際に自動で部屋の照明をつけて、終わったら消す、みたいなことができたらもっと面白いんですけどね。というか Google Home や Amazon Alexa を使えばできそうです。

kenjiz at 23:27│Comments(0) IT 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔