2019年05月01日

新型クラウン アダプティブハイビームシステム(AHS)カスタマイズ

クラウンにはアダプティブハイビームシステムがついているわけですが、今一つ遠慮気味というか、もうちょっと照らしても良いんじゃないの?と感じる場面も多々あるわけです。と思ったら、動作をカスタマイズできるようですね。

◆前方車両と遮光ハイビームとの間隔
他のクルマを照らさないようにどこまで余裕を持たせるかを設定できるようです。標準では間隔広めになっているのですが、間隔は広い・普通・狭い、の3段階から選べます。これは狭いに設定して照らす範囲を広げたいところです。

◆雨天時用のハイビーム配光制御
雨天時はカメラによる対向車や前方車両などの認識遅れが発生することを前提に、ワイパー信号がONの時にヘッドランプ中央部の明るさを減光させる制御が入るようです。しかし、雨の日にライトを暗くするのはあまり良い方法ではないように思います。この制御はOFFにできますので変更したいところです。

◆市街地用の配光制御
15-30km/hの低速走行時に、ハイビームの明るさと照射範囲を以下のように制御するようです。
 ・低速時の視野を考慮し、照射範囲を左右に拡大
 ・歩行者視認性を確保しつつ、眩しさを低減した明るさに調整
 ・周辺部は減光し、路肩や歩道の照度を抑える
照射範囲が広がるのは良いのですが、明るさが減るのは残念ですね。とはいえ、狭い道を走っているときに歩行者を盛大に照らすこともあるので、歩行者にまぶしさを感じさせないように暗くするというのは理にかなっています。この設定は標準のONのままで良いかなと思います。

ちなみにこれらの設定はディーラーでないと変更できないので、次回点検などがあったときに頼んでみようかと思っています。

kenjiz at 23:19│Comments(0)  

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔