2019年01月30日

複数航空会社を乗り継ぐ場合の預け荷物規則

今度、インド出張に行くことになってビザ取得中なのですが、インドだけというのもなんか暗い気持ちになるので途中でシンガポールに寄ることにしました。シンガポールオフィスの担当者に話を持ち掛けたら大歓迎!ということだったので、航空券は日本→シンガポール→インド→日本、という形でとることにします。もうおじさんのわたくしは夜行便は辛いのでできれば全部昼行便で行きたいところではあるのですが、日本→インドは昼行便なのにインド→日本は夜行便・・・。でもわたくしは出張行くたびに日本の中古ネットワーク機材を現地オフィスに輸出?するというリサイクル事業(!?)を行っていて、シンガポール分も最初にインドに持ち込むのはリスクが高いと判断して、帰国夜行便を甘受してシンガポールに先に行くことにしました。インドの税関って、ちょっと調べると賄賂を要求されるとか声をかけられても無視して出口へ向かえとか、なかなかのサバイバル環境みたいです。

で、インドから日本は夜行便で仕方がないとして、シンガポールからインドは昼行便で行きたい。でも検索すると夜行便か、インドの航空会社しか出てきません。前回のインド出張の時にエアインディアもジェットエアウェイズも乗りましたけど、どっちも良い印象なし。しかもわたくしの機材リサイクル事業(?)には預け荷物の重量制限緩和がとても重要なのでワンワールドでもスターアライアンスでもない航空会社は極力使いたくないわけです。でもっていろいろ探して見つけたのがシンガポールから香港経由のキャセイパシフィック。デリー到着が夜になってしまいますが、ホテルで寝れることを考えれば問題なし。そして重要な日本発着便ですが、東京からシンガポールのJAL便が夜行しか空いてない・・・・万事休す。結局これは朝発のクアラルンプール経由にすることで、やはり夜着となりました。クアラルンプールからシンガポールまではマレーシア航空です。

というわけで今回の航空券、東京→クアラルンプール→シンガポール→香港→デリー→東京、という5便乗り継ぎとなりました。で、今回シンガポールとデリーに持ち込む機材は合計45kg!シンガポールにはCiscoのL2スイッチ4台とWiFiアクセスポイントCisco Aironet1262が4台でしめて25kg、インドにはL2スイッチ2台にビデオ会議システム1セット、そしてIP電話3台、合計20kg、そして自分の荷物やスーツケース自体の重量を考えると50kgオーバーという状況です。で、心配なのが各航空会社の重量制限。今回は3つの航空会社を乗り継ぐので、ルール上はそれぞれ制限が異なります。

1.JAL
エコノミークラスは23kgが2個までだがグローバルクラブ会員はエコノミーでも32kgが3個まで、合計96kgと十分。ビジネス以上は32kgが4個まで。
サイズは3辺の和が80インチ、203cm以内です。

2.マレーシア航空
エコノミークラスは合計30kgまで、個数制限はないが1個の3辺の和は158cm以内。
JALグローバルクラブ会員はワンワールドサファイアステータスなのでプラス15kgまでOK。合計45kg。

3.キャセイパシフィック航空
エコノミークラスは合計30kgで個数は2個まで。3辺の和は203cm以内。
JALグローバルクラブ会員はワンワールドサファイアステータスなので合計45kg、個数3個までOK。

というわけで重量も個数もサイズもバラバラなわけです。重量で言えばJALが圧倒的、個数で言えばマレーシア航空は制限なし、というわけです。ただし今回は最初の東京→クアラルンプール→シンガポールの部分が50kgを超える見込み。最初のJALはクリアするけどクアラルンプールからのマレーシア航空がルールに抵触するわけです。ただ、成田でチェックインすればスルーバゲージでシンガポールまで届くはず。その際に途中でマレーシア航空が重すぎるとか文句言う?そんなことないだろうけど言われたらどうしよう、と悩みました。

で、ググってみたらIATA(国際航空運送協会)はちゃんとルール決めていました。手荷物規則に関するIATA(国際航空運送協会)決議302号でしっかりルールが決まっています。要するに今回の東京→クアラルンプール→シンガポールという旅程の場合は、東京とマレーシア間を担当する航空会社(=JAL)のルールに従う、というわけです。つまり90kg預けても、マレーシア航空はちゃんと運んでくれるということですね。これで一安心。とはいえ、アメリカなんかは全くあてになりません。いまだにアメリカン航空にやられたのは鮮明に記憶・・・。ルールと異なる運用はあちこちであるんでしょうね。

ちなみに航空券は直前発券ということでかなり高い予約クラスで日本発着便はアップグレードも可能だったのですが、ビジネスクラスは満席、プレミアムエコノミーは中央席しか残っていないということで、結局帰りの夜行便以外は普通にエコノミーで飛ぶことにいたしました。まぁ昼行便ならビデオでも見てたらあっという間だしね!iPadに全部入れて一気に録画を消化します!

kenjiz at 23:55│Comments(0) 旅行 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔