2019年01月10日

JR北海道

今日は釧路駅前のホテルをチェックアウトして釧路営業所を訪問です。タクシーでサクッと行ってしまうのもつまらないので、あえての路線バス!ネットで路線図や時刻表を調べますが、ルートがたくさんある上に本数は少ないというなかなかの難易度で、結局バスの運転手に聞きながらバスを見つけるということになりました。無事に営業所に到着しますが仕事は本当に15分程度で終了。。。めでたしめでたし。

切符そしてまた路線バスで駅に戻りますが、このまま空港に向かって東京に戻るのもなんか勿体無い・・・と思いながら釧路駅の時刻表を見てみると、10分後に特急列車が出発模様!JR北海道の特急に乗るチャンスなんて中々ないでしょ!ということで慌ててみどりの窓口に並び、帯広行きの特急券と乗車券を購入。駅弁も購入して出発直前の特急に飛び乗りました。約1時間半の列車旅行です。こういう無計画な旅行いいですね!

JR北海道みどりの窓口では周辺が空席だらけの席をお願いして、発券担当者も席ありました!と言っていたのに、自分の席に向かうと外国人女性グループが一帯を占拠しています。はぁ?と思ってチケット見せてもらうと、席番は合っているけど車両が違ってました。しかも外国人向けの切符は英語表記なんですね。別の車両だよと誘導して私の席の周辺は一気に静かに!釧路を出たスーパーおおぞら6号は最初は太平洋岸を進みます。そしてしばらくすると内陸に入っていきます。「この先、エゾシカが出て急ブレーキをかけることがあります」というアナウンスを聞きながらわくわく。振り子列車なのでカーブはかなり車体を傾斜させながら先に進みます。雪景色を眺めながら駅弁を食べ、約1時間半で帯広駅に到着しました。

IMG_0159帯広駅前には、ホテル日航ノースランド帯広があります。ここ、20年ほど前に出張で何回か泊まったところです。当時は日航じゃなかった気もしますが、ノースランドという名前は鮮明に記憶しています。トラブルもあって何回か東京から通ったわけですが今から思えば良い思い出です。そしてホテルから空港行きのバスに乗り、このバスはなぜか豪華な独立3列シートでしたが客は私を含めて3人のみ。1時間ほどバス旅行を楽しんで帯広空港に到着。羽田行きに乗って東京に戻りました。超特急1泊ツアーはあっという間に終わりました。次はどこの出張を作りましょうかね!

kenjiz at 23:57│Comments(0) 旅行 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔