2018年12月16日

ニューヨークから日帰りでナイアガラへドライブ!

早朝ドライブニューヨークから日帰りでナイアガラに行ってきました。まぁ普通は日帰りツアーとかに$400くらいで参加して飛行機で往復、というのが普通でしょうし、私も20年位前に初めてニューヨークに来た時にはそんなツアーに参加しました。その時は帰りのフライトが欠航してバッファローに1泊したというおまけ付きでしたけどね。つまり日帰りはしていません。あと昨年はカナダのトロントから半日ドライブでナイアガラに来たりもしましたが、今回は初めて、ニューヨークから車でナイアガラを往復してみることにしました。ネットで旅行記を探してみましたがさすがに車で日帰りしてる無謀な人はほぼいません。でも今回は嫁の友人3人全員に国際免許持参を必須としてありますのでドライバーは5人!(まぁ2名はペーパードライバーですが・・・)レンタカーも長距離巡航には最適なGMC YUKONというフルサイズSUV、プリクラッシュ自動ブレーキ付き。行くなら今しかない!というわけです。

ナイアガラニューヨークからナイアガラは片道400マイル、およそ600kmちょっとです。所要時間は7時間くらいかな、ということで出発を朝5時に設定。空も真っ暗な中友人宅を抜け出し、まずはガソリン補給。実は私が運転したのは友人宅からガスステーションまでの最初の15分くらいだけで、あとは女子4人が全部運転してくれちゃいました。気候もなかなか寒かったのですがYUKONはリアシートにもシートヒーターがあって車内は暑いくらい。リアエアコンをつけるとなぜか3列目が灼熱地獄という意味の分からない空調システムと格闘しつつ、とか言いながら結局後ろ3人はほとんど夢の中。だいたい半分くらいまで来たところで田舎の小さな町にあったIHOPで定番のパンケーキ朝食にします。その後も女子たちはトイレ休憩しながらドライバー交代して、昼過ぎに無事にナイアガラに到着!すごいですね。若いってすばらしい。結局食事とか色々入れて8時間ちょいかかりました。

ナイアガラライトアップまずはアメリカ側から滝を鑑賞して、冬季は無料開放されている展望台を回りながらさっさと国境を渡ります。アメリカ側は回転扉を越えるだけ。カナダの入国審査のおっさんはどうも不機嫌らしく、どこ行くんだ?滝の周りを散歩するだけ。そのあとどこに行くんだ?アメリカに戻るよ。という文句口調のやり取りを経て無事にカナダ入国。女子たちが最初に向かったのはなぜかHERSHEY'Sのお店。そしてフードコートで遅めのランチ。そのあとトイレを借りるために寄ったカジノでアラサー女子が未成年の疑いをかけられるというお約束もありました。そうこうしていたらあっという間に夕方5時。5時からは滝のライトアップ!ということで、これが予想外に幻想的で良かったです。日が沈めばただの滝は暗闇ですが、ライトアップだけで十分楽しめるコンテンツになりますね。

キャリア比較そして夜7時近くになってアメリカに戻り、またガソリン補給して一路ニューヨークへ!私は完全に運転放棄モードでリアシートでゴロゴロ。途中で食事して、女子たちはがんばってYUKONを運転してますが途中で道を間違えたりもしています。とはいえiPhoneをApple Car Playに接続したGoogleナビは的確に日本語で案内を続けます。あと別のiPhoneではWazeを動かして取締情報や事故情報を入手して情報インフラは十分。実は今回、AT&TとT-MobileのSIMを事前に準備したうえで、どのキャリアでも使えるドコモのローミングと、Sprintが使えるソフトバンクのアメリカ放題が使えるようにiPhoneを5台ほど持ち込み、さらには万一に備えて日本から持ち込んだイリジウム衛星携帯も持ち歩くというどんな災害でもどんと来い状態。本当は今回、キャリアごとの接続性テストとかもしたかったのですがそこまで暇ではなく、途中GoogleMapが有料道路を避けて山道を案内するというハプニングもありましたが無事に朝4時頃に友人宅にたどり着きました。寄り道込みでやっぱり8〜9時間かかった計算ですが、女子たちよく頑張った!結局往復の燃料代は$130ほどで、5人で割れば3000円もかからない計算。長時間一緒にいて苦にならない仲間がいれば、そして翌日の予定がフレキシブルであれば、ナイアガラ日帰りドライブ十分可能でした!

kenjiz at 23:11│Comments(0) 旅行 | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔