2018年12月14日

GMC YUKON

GMC YUKON休暇でアメリカに来ています。今回は嫁と嫁の友人を3人連れて5人ツアー。行先はニューヨーク。郊外に巨大な家を持っている友人宅に転がり込みます。行きの羽田発JL6便はエコノミークラスががらがらで、窓側を一人1列3席ずつ占有できたのでいわゆるエコノミーフルフラットで元気よくJFK空港に到着。いつも通りフェデラルサークルからレンタカーでマンハッタンに向かいます。今回はプロモーションがあり、巨大なフルサイズSUVが1週間で550ドル。フルカバーの保険付きと燃料空で返却可能。ガソリン代を考えると車代は実質5万円程度。1日7〜8千円でフルサイズが借りれるので言うことないです。借りたのはGMCのYUKONで、幅2m以上、全長も5.2mとランクルを二回りほど大きくしたサイズ。友人宅のスバルと比較すると大きさが際立ちます。5人+荷物ということで大きくしたのですが、誤算は2列目がキャプテンシートだったこと。5人乗ると3列目を使わないといけない羽目になりましたが、それでも大小スーツケース8個を楽々飲み込んでくれました。

YukonダッシュボードにはCar Play対応オーディオが組み込まれていて、iPhoneを接続するとそのまま日本語カーナビとして動きます。すごーく便利♪ しかも電装系がいろいろとよくできていて、クラウンも見習ってほしいレベル。バックギアからドライブにしたときにバックモニターがしばらく表示されたままというのはかなり便利♪ あとはバックギアに入れたときにドアミラーが下を向くのも、日本車はたいてい左側しか対応していませんが、左右独立してON/OFFを設定可能です。プリクラッシュ警告の感度を調整できたり、燃費の表示も直近どれくらいの距離で計算するかを選択できたり、細かいところで気が利いています。こういうの日本車の得意分野だった気がしますが、ドイツ車を追いかけているうちに失ってしまったんですかね?YUKONを1週間乗り回す予定です。

kenjiz at 23:55│Comments(0)  | 旅行

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔