2018年08月10日

プリウスα後期型

プリウスα会社に前期型と中期型のプリウスαがあったのですが、前期型が後期型に入れ替えられていました。先日、後期型に乗る機会があったのですがさすがに新車だけあってエンジン音が小さくスムーズに回ってる感じがします。単に新しいからなのか、あるいは何らかの改良が入っているのかは不明ですが、前期型も中期型も新車の時から乗っているのですがそれらとは明らかに違うような気もします。あとはTSSP(トヨタセーフティセンスP)が標準装備!今までACC(アダプティブクルーズコントロール)はプリクラッシュセーフティシステムとセットの高価なオプションだったわけですが、ついに標準装備です。そしてクルーズコントロールの設定上限も撤廃されていました。これで高速道路が速いペースで流れているときも遅れずについていけます。

早速東京から長野を往復したのですが、インターチェンジ以外はアクセルもブレーキも全く踏まずにOKです。あと、LDA(レーンディパーチャーアラート)は操舵支援ありとはなっていますが実際には全く実感できず。LKA(レーンキーピングアシスト)とは全く別物のようです。とはいえ、LKAはかなり強引にハンドル回してくるのでLDAくらいの方が良い場合もあるかもしれません。あと一般道の峠越えでACCを使ってみましたが、下りの回生でバッテリーがいっぱいになると、今度は自動でエンジンブレーキを自動で使う仕様になっていました。試しにACC解除してブレーキ踏むとエンジンは回らないのでACC使用時のみの設定です。減速すればするほど逆にエンジン音が大きくなるという不思議な現象ですが、ブレーキパッドを消耗させずフェードも防ぐ賢い制御ですね。あとハンドルを切るとACCが加速してくれないのも発見しました。前車が加速していく時くらい一緒に加速してもよいと思いますが、カーブでは安全第一で加速しない設定のようです。他は、はっきり言って何も変わらず・・・。なかなかモデルチェンジせずシャシーもかなり古い世代のものですが、そんなに不満が出るつくりでもないし、今後どうなるんでしょうね。新機能満載で早くフルモデルチェンジしてくれたら、クラウンの代わりに買ってたかもな、とも思います。

kenjiz at 23:16│Comments(0)  

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔