2017年11月23日

金浦空港近くのサウナ

無料バス先日シンガポールに行ったのは久々の韓国発券でした。なにしろ日本で日帰り運賃買うとべらぼうに高いですからね。というわけで、航空券消化にまた日帰りソウルに行って来たわけです。本当は乗ってきた飛行機でそのまま帰れれば良いのですが、金浦は一度入国が必要だし、次の便のチェックインに間に合わなかったら面倒なので、お昼到着夜出発で予約してます。JL91便とJL94便です。ただ、最近金浦空港もいろいろと工事していて乗り継ぎルートもできているようなので、もしかしたら入国せずにとんぼ返りもできるのかもしれません。そのあたりはまた調べてみたいと思っています。で、羽田から91便でソウルに向かいますが、時刻表では787のはずなのになぜか機材は767でした。つまりビジネスクラスの座席がちょっとしょぼいわけです。とはいえ、1Kの席で隣は空きという十分な快適さでソウルに到着しました。入国も待ち時間ゼロ、預け荷物無し、税関も素通りという、降りてから5分経たずに出口にたどり着きます。最近仁川は入国がめちゃめちゃ混んでいて1〜2時間待ちは当たり前ということなので、やはり日本から行くのは金浦一択です。

サウナで、外も寒いしソウルにそんなに行きたいところもないので、今回はサウナでゴロゴロして体を休めることにしました。金浦空港近くのサウナで検索すると2つ出てきます。1つは「ケファサンランド (開花山ランド)」という地下鉄1駅のところ、そしてもう一つは「ゴルフポート炭窯チムジルバン」という空港無料巡回バスで行けるところです。なら当然無料バスの方を選びます。地下鉄は1駅といっても、駅までがやたらと歩きますからね。で、国際線ターミナルの出口を出たら正面にそれらしきバスが止まっています。運転手に、「これサウナ行く?」って聞いたら頷いたので(笑)とりあえず乗って出発。ちなみにソウルナビには「大韓航空貨物庁舎(デハンハンゴンファァムルチョサ)停留所で下車」って書いてあるのですが、バス内の案内図をよく見ると「Golf Town/Sauna」っていう停留所があります。ちなみに途中の大韓航空のオフィス前でバスの運転手が「5分後に出るから!」といって休憩に入ったのはビビりましたが、ちゃんと5分後に出発。そしておいらのために停留所ではなく、サウナにいく横道の正面にバスを止めて、「ここ入って奥を右に行けばサウナって書いてあるよ!」と丁寧に教えてくれました。しかも「帰りはあっちの停留所から乗れるから」と帰りの案内まで。や、優しいな韓国人。で、言われた通りテクテク歩いてゴルフ場の駐車場に入ると、打ちっ放しのネットの下が駐車場になっていて、その一部にサウナがありました。

image初めてのサウナに入るときはちょいドキドキしますが、どこにでもいるおばちゃんがカウンターにいました。「ちむじるばん!」って言ったら、「japanese?」と見抜かれたので「yes!」って答えると「YOU Handsome!」と先制攻撃されてウォンを徴収されました。あとチムジルバンの服渡されるときに、105で良い?って聞かれたのですが、ウエスト90もないよ、って言ったらいやいやいやいや、だそうです。何のサイズか結局分からずじまいでしたが、105でちょうど良かったです。何の数字だこれは。そして中に入ればサウナはどこでも同じ作りです。ここは仮眠室が男女別になっている代わりにがっつり真っ暗で、夜寝るには良いかも。結局お風呂に2回入ってゴロゴロしながらネットとかしてたらあっという間に夕方となり、行きの運転手に教えてもらったバス停で待つこと10分、このバス停にはバスがどこ走っているかも表示されるモニターがあり、バス到着前には音声案内までされるという親切さ。あっという間に国際線ターミナルに戻り、帰りのJL94便をチェックイン。席は1Aでまたしても隣は空席。帰りはちゃんと787でシェルフラットネオシート。飛行機でもまたゴロゴロしてたら羽田に到着。自宅に帰還いたしました。というわけで、金浦空港からサウナ行くならアクセス考えてゴルフ場の方がおすすめですかね。あとは金浦の乗継については情報収集したいと思います。

kenjiz at 23:05│Comments(0) 旅行 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔