2017年11月19日

日帰りシンガポール

image海外日帰りはこれまでも何回もありましたが、今回は一番遠いシンガポールに行って来ました。よくマイレージ稼ぎでシンガポール往復する話を聞いたことがありますけど、最近はどうなんでしょうね?私の目当ては友人とお茶することで、日本、中国、インドネシアから日本人3人が合流することになりました。土曜夜に嫁に羽田まで送ってもらい、夜12時過ぎに飛行機出発です。運良く最前列ビジネスクラスが取れたのですが、席に着いたときに隣のアメリカ人に挨拶したら、彼がいきなり「7 hours 45??」とか言ってきます。長時間フライトだよねと言いたいのでしょうけど話しかけ方が唐突過ぎる。。どっから来たの、と聞いてみると、メンフィスからロス経由で乗り継いでシンガポール行きは3便目だそうで、20時間かかると言ってました。だからどうだというわけでもないのですが、アメリカ人はすぐ他人と会話したがりますね。

imageで、夜行便なので出発したらすぐに寝て、起こされたら着陸1時間前。食事して到着して入国です。ちょうど中国国際航空も北京からほぼ同時に到着してバゲージクレームで友人その1と合流。そのままタクシーでバクテー(肉骨茶)の店に行ってゆっくり朝食。その後マーライオンあたり散歩してからGrabで一旦空港に戻り、インドネシアからの友人その2と合流。結局その後は空港でべらべらおしゃべりして中華とか食べて、私は先に出発。残念ながらシンガポールからの帰国便が取れず、クアラルンプール便も満席で、取れたのはジャカルタ便。。。ということでマレーシア航空でジャカルタへ飛びます。ジャカルタ乗り継ぎは1時間ほどしか無かったので入国無しで乗り継ごうとしますが、乗り継ぎカウンターは無人。。。待っても誰も来ず、セキュリティに係員呼んでもらったら彼が私のパスポート預かって代わりにチェックインしてきてくれました。なんていうかちょっと危ないですけどね。あとは係員のエスコートでラウンジまでたどり着き、無事に成田行きに搭乗。帰りもフルフラットのSkySuiteだったので離陸前から熟睡。起こされたら成田到着1時間前と、全く疲れを残さず帰国しました。成田でシャワーしてそのままバス1本で会社へ。なかなか有意義な?日曜日でした。

kenjiz at 23:59│Comments(0) 旅行 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔