2017年11月02日

Cisco Start WAP150

2017-10-26-07-31-50最近急にラインナップが充実してきたCiscoStartシリーズですが、安価なWiFiのAPが欲しかったのでいくつか買ってみました。CiscoのAironetは気づけば大半がコントローラー配下で使うモデルになってますし、最新規格準拠だと1台で20万とかします。Merakiだともうちょい安いのもありますが、維持費が高い。ちょうど前回の中国出張時にAironet1142を現地で1万円くらいで買ってみたら偽物でもなく正真正銘の本物だったので、これくらいで十分なんですよね。そこで、CiscoStartでWAP150という2万円のAPがあるので試しに買ってみました。

結論から言えば通常の用途には十分。PoEに対応しているのにACアダプタ同梱というのも好感持てます。設定はGUIですが、4台までなら1台で集中管理可能。おまけにパケットキャプチャなど機能も豊富。ということで、法人向けとしては比較的安価だけど安定しないYAMAHAのAPなんぞ使う必要ありません。WAP150で十分です。ただWAP150は802.11acのwave1対応なので、wave2が必要ならWAP571ですね。こちらは5万ほどするのと、電源がPoEでは足らずにPoE+が必要です(とはいえ、PoEだけでも機能制限モードで稼働)。なかなかCiscoStartも侮れませんね。小規模な営業所に導入するには十分かもしれません。

kenjiz at 23:04│Comments(0)IT 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔