2017年10月13日

運転センス

運転中のトラブルに端を発したニュースが最近よく報道されます。まぁ刑事事件になるような運転は論外ですが、道路は公共の共有スペースであるにも関わらず、周りを顧みない運転する人や、すぐにキレる人というのは良くいますね。最近はドライブレコーダーもかなり普及しているので、むしろそれをもっとアピールしていった方がより安全になるのかもしれません。私は週末はほとんど遠出はしませんし、逆に平日は会社の車で遠出することがたまーにあるので、幸運にもサンデードライバーと遭遇することは滅多にないのですが、サンデードライバーの自由な運転は本当に危険です。やめてほしいサンドラの運転として、

・曲がるときにブレーキを踏んでから方向指示器を出す(順番逆!)
・曲がるときに大回りする(おまえはトラックか!というかトラックは曲がる前に大回りはしません)
・2車線以上あるときに、ちょっと片側の流れが良くなると車線変更を繰り返す(大して変わりません)
・高速道路で右車線をのんびり走る(通行区分違反で検挙対象です)
・合流で1台ずつ交互とかではなく入ってくる車を車間詰めてブロックする(みっともない)
・まっすぐの道で何もないところで突然ブレーキを踏む(もはや理解不能)

といった感じですかね。やはり大型トラックは上手な人が多い感じ。先日も夜、環七を走っているときにたまたま前を走っていた4tくらいのトラックが中々運転が上手で、ついていくのが非常に楽ちん。加速は鋭く、減速はゆっくり、という一番良いパターンです。加速は鋭くといっても、前に追いついてブレーキ踏むようではダメで、ブレーキが必要ない程度にアクセルを踏み、減速は信号停車以外はエンジンブレーキでスピードコントロールできる範囲に収める、ってことです。信号でもないのにブレーキをパカパカ踏むのは論外。まぁ、中々流れに乗ってスムーズに運転するのは難しいかもしれませんけどね。でもまぁ、トラブルなく円滑にみんなが運転できるようになってほしいものです。

kenjiz at 23:26│Comments(0) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔