2016年09月12日

支付宝(Alipay)と微信支付(Wechat)

Alipay先週末は急きょ上海出張に行ってきました。私の部署の若手を月曜日に先に行かせて片づけておいてもらい、私は木曜日移動、金曜日チェック、土日は予備日と称して現地の友人と遊んで月曜日帰国です。ちなみに義妹夫婦が青島に住んでるので嫁も私とタイミングを合わせて上海経由の青島へ。乗り継ぎのサポートのみしましたが、中国の国内線に単独で乗り込むなんて度胸ありますね。

ちなみに仕事は順調に終わり、現地にもう5〜6年になる友人も元気にしていて、ひとまず安心。おいしい日本食レストランにいると中国にいることを忘れられます。ちなみに上海には来るたびに大きな変化がありますが、今回も地下鉄がまた増えていたのはもう驚きませんが、電子マネーがめちゃめちゃ普及していたのはかなり驚きました。小さな店舗からホテルの宿泊費まで、支付宝(Alipay)と微信支付(Wechat)の2台電子マネーが席巻してます。週末にちょっと田舎の観光地に行った時も、さびれた食堂のおばちゃんまでもがAlipayでの支払い受け付けているし、スマホにバーコードを表示させてOKするだけという手軽さで、ICチップも不要で何でもかんでも電子マネーです。コストをかけずに一気に普及させるのは、日本じゃ無いですよね。で、やはりIT担当としては私も利用するべく、そのためには本人確認の銀行口座が必要ということで中国工商銀行で口座開設してみました。日曜日なのに口座開設できるのもすごいし、電話番号とパスポートだけで手続きが済んでしまうのも凄い。よく見る銀聯デビットカード付きのキャッシュカードがすぐに発行され、その情報を使ってAlipayにアカウントを作れました。試しに友人と1元を送受信。そう思い返せば日本にも個人間で送金できるEdyがありましたが、手数料取られるので誰も使ってませんでした。半面、Alipayは送金手数料無し!友人とも、銀行口座とも、お金を自由に動かしまくれます。(と言っていたらちょうど高額の送金に手数料導入のリリースがあったようです)

で、ほぼ全員がスマホでAlipay口座を持っているとどうなるかというと、お店でみんなで食事するとき、誰かが代表してAlipayのバーコードでお店に支払いを行います。で、じゃぁ一人○○元ずつね、ということになるとみんな自分のスマホ操作して払ってくれた人に送金。友達リストに登録済みであれば、チャットするのと同じ感覚。つまり現金の出る幕無し。毛沢東紙幣も、ちゃちいコインを見る必要もないわけです。これは正直びっくりしましたね。公共料金の支払いもすべてこれで行えるらしく、家計の管理もこれでできてしまうとのこと。ただ嫁に聞くと青島ではほとんど見かけなかったということなので、上海がかなり先を行っているだけかもしれません。それにしても驚きましたね。

kenjiz at 23:11│Comments(0)TrackBack(0)IT | 旅行

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔