2016年08月25日

ドバイ出張

ドバイ先日友人たちと箱根に行った帰り、私は羽田で降ろしてもらってそのままドバイ出張に行ってきました。ドバイは初めて、エミレーツ航空も初めてです。夜行便なので機内は寝るだけ。到着したら駐在員と合流してとりあえずホテルへ。到着した日は仕事を入れていないので、ホテルでのんびり過ごしながらメール片づけたりします。外は気温40度なので出歩く気にならず、フロントで教えてもらった徒歩1分のマーケットまで熱気の中をひとっ走り。飲食物を調達します。

そして次の日、会社が手配してくれた車で会社へ。レクサスとインド人運転手というドバイではよくある組み合わせ。きれいなオフィスで仕事は予定通り片付きました。帰りは駐在員とメリディアンホテルの日本食レストランへ。日本と変わらず非常においしくいただきました。そして次の日は残った仕事を半日で片づけ、午後は運転手さんと一緒にドバイモールへ。まずはモール内を散歩して、レバノンのチョコレート「パッチ」をお土産に買います。自宅用と会社用にお土産を頼みますが、店員に嫁用のチョコレート選んでくれって頼んだら、ワイフは何人いるんだ?って冗談か本気か判らないけど聞いてきます。一人に決まってんでしょうが。で、夕方になると始まる噴水ショーを見に行って、向かいのスークをウィンドウショッピングして、いざ駐車場で運転手と合流しようとしたら完全に迷ってしまいましたが、運転手と電話しながらなんとか合流。夕食はテイクアウトをホテルに持って帰ったのですが、帰りの車のカーブでコーラが倒れ、レクサスの車内にぶちまけてしまいました。ご、ごめん!

で、帰国日の朝、また同じ運転手がホテルまで迎えに来てくれたのでチェックアウト。おそらく同じ便に乗るであろう日本人が隣でもチェックアウトしてました。帰りのエミレーツ便は空いているらしく非常口席を難なくゲット。搭乗ゲートは駐在員妻と子供みたいなのが数組いましたが、その子供が機内に乗るなり「あ!○○ちゃん!」とか友達と機内で再会してます。おそらく日本人学校か何かで一緒なのでしょう。幼い時から世界を飛び回ってどんな子供になるんでしょうね。で、出発しますが機内はガラガラ。非常口席向かいのジャンプシートのCAさんはなんと若い日本人。よく喋るCAで、座ってる間はずっと喋ってました。スカイマークからエミレーツに転職したとか、いい加減ドバイ生活も飽きてきたから日本に帰りたいとか、次はCAじゃなくて他の仕事がしたいとか、なんか身の上相談みたいになってましたが、外資系CAの生活を垣間見る感じで聞いてるだけで楽しめました。で、無事に羽田に到着して帰宅。夏休み明けにまだ自社に出社してないので、明日は仕事行きます。

kenjiz at 23:46│Comments(0)TrackBack(0)旅行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔