2016年07月12日

ブラジル出張

ブラジル先週のタイ出張に引き続き、今週はブラジル出張です。さすがに2泊3日とはいかずほぼ1週間の旅程です。しかも今週の北米線はかなり混んでいて、取れたフライトは成田/ボストン/マイアミ/サンパウロ という3便乗り継ぎ。ボストン行きはJALの法人契約特典で勝手にアップグレードされてました。久々のSKY SUITEです。とは言っても夕方発の夕方着なので、寝すぎると到着後に寝れなくなってしまうので、適当に映画など見ながらのフライトとなります。ガッカリだったのは食事で、以前はコース料理だったのにかなり内容省略されており、しかも自由に注文できるメニューもかなり削られていて減ってました。しかもこの便はリモコンでのオーダーが故障とかで毎回CAへ直接リクエストします。なんかビジネスクラスの大衆化が進んだというか・・・経費をかけずに気軽に乗ってもらおう作戦でしょうか?

長時間のフライトの後、ボストンに到着。入国はキオスクもたくさんありあっという間。乗り継ぎにフライトは翌朝なので空港近くのダブルツリーに泊まります。送迎シャトルが来ないのでホテルに電話。15分待ってと言われてのんびり待ち、ホテルに移動してチェックイン。ちなみにhiltonのアプリで事前チェックインは済ませていて部屋も確定済み。1晩の宿泊にはもったい無いスイートタイプの部屋でした。夕方7時頃でしたがさっさと寝ます。

そして翌日は朝3時起き。ささっとシャワーしてパッキングしてチェックアウト。朝4時に空港に到着してチェックイン。アドミラルズクラブに軽食があったので軽く食事。マイアミ行きに乗り込みます。リゾート路線っぽい客層を想像してましたが、意外にもビジネスマン多い感じです。そしてマイアミからサンパウロはLATAMです。LATAMのラウンジはなかなか良い感じでしたが、機内は狭く、ラテン系のCAは人とぶつかってもお構い無し。みんな良い人だけど細かい事は気にしない、といった感じです。

夕方になりサンパウロに到着します。さすがLATAMは乗客がほとんどブラジル人だったようで、入国の外国人列はガラガラ。ここで写真のリオ五輪スタンプを押される訳ですが、入国審査は若い女性2人が1つのブースに仲良く座っておしゃべりしながら。結局私には質問1つも無し。何だこの適当な審査は・・・と呆れるばかり。テロリスト入り放題です。で、LATAMはワンワールドメンバーですがステータスの恩恵は無し。荷物もかなり最後に出てきました。空港からホテルはタクシーにしますが、タクシーブースで最初に行き先を申告して事前決済する形。ぼったくられないので安心感あります。ホテルにチェックインしてようやくサンパウロ到着です。明日から仕事です!

kenjiz at 23:39│Comments(0)TrackBack(0)IT | 旅行

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔