2016年06月06日

函館訪問

いくら丼昨年くらいから生うに食べたいな〜と思っていたのですが、北海道出身の友人たちと一緒に函館訪問してくることができました。羽田から朝イチのフライトで函館空港へ。函館空港に来たのはおそらく初めてです。大昔ソビエトの戦闘機が亡命を求めて着陸したところですよね。小さな空港でレンタカーもすぐに借りれて、今回は新型プリウスでした。運転してすぐに、ハンドルの滑らかな感触に気づきます。イイモノ感が出ています。全車速追従クルコンも使ってみますが、こちらはあまり進化無し。ぎこちなさは相変わらずです。で、朝食も食べずに飛行機乗ったのでまずは朝市に直行!早速最初の海鮮丼をいただきました。イクラの量も東京とは違って贅沢にどーん、です。1日目は天気があまり良くなく雨も降ったりしたので室内系の施設を訪問。旧函館区公会堂旧イギリス領事館を巡ります。外国との最初の接触のエピソードなどは面白いですね。領事が帰国する時には市をあげて送別会を開催したりとか、仲の良さが現れていて微笑ましいです。

そしてお昼は函館ラーメン。北浜商店というところに行きました。ラーメンは好みが分かれたりするものですが、みんなおいしいとの評価!おなかもいっぱいになり、さらにいろいろと寄り道して夕方ホテルへ。今回、市内のホテルはどこも満室かとても高いかどちらかだったので、少し離れた大沼のプリンスホテルを宿としました。無料の高速道路を30〜40分ほど走ると到着します。途中の道は覆面パトカーが大活躍していたので安全運転で山道を走り、大沼プリンスにチェックイン。部屋からは一面の森が見え、しかも露天風呂は心配なほどの解放感!なかなか良い場所でした。そして夜は、ホテルで食べるのもなんか面白くないので地元の居酒屋へ。といっても大沼には店はないので、函館と反対方向にさらに走って「森」というところに行きます。「森」ってどこかで聞いたことあるなと思ったら桃鉄に出てくる駅ですね。いかにも地元の居酒屋ってところで刺身やら焼き物やら飲み食いして、東京相場の約半額。大変にお得で大満足でホテルに戻ります。

うに丼2日目は、またしても朝から海鮮丼。朝市をぷらぷら歩きながら冷やかしたり試食したりしながら着いたのはうにむらかみ。みんなでうにを食べまくって来ました。なかなかのお値段です。で、天気が非常によくなったので箱館奉行所五稜郭に行ってタワーに上ります。五稜郭も面白いですね。よくもまぁ作ったものです。そしてお隣の函館市北洋資料館へ。昔の漁の歴史とか非常に興味深いです。しかもだいたい大きな変化にはカギになる人物がいるんですよね。イノベーションは誰かが動かないと起きないってことですね。そしてランチは函館名物のラッキーピエロ。完全なB級グルメで、ハンバーガーありカレーあり牛丼ありで何屋なんだという感じですが、安くおいしく食べられる地元のお店でした。

函館山お昼の後は、青函連絡船記念館摩周丸に行ってみます。これがまたそのまんまの展示で、操縦室とかで操作し放題、スイッチ触り放題、いいのか?って感じですが、昔のモノづくりを体感しました。しかも図面とかマニュアルとかも複製品がそのまま並んでいて読んでいて飽きません。貨車をそのまま船に積み込むあたりは実際に見たかったなぁと思いましたが、本当に昔の人はすごいですね。船の上でしばらく過ごしてから、また恒例の夕方のホテル休憩。今回は女子3人を連れているのでハードな工程というわけにはいきません。そして夜、まだ食べていなかった寿司屋へGO!あんまり敷居の高いところも嫌なので、ちょっとよさそうな回転寿司へ。函太郎(かんたろう)という店でパクパク食べまくりました。そして函館滞在の最後は函館山へ!夕方は車の乗入規制があるのですが、夜10時に解禁ということで数分前に行ってみるとすでに数台の行列発見。そのまま並んで、10時ちょうどにゲートが開いてみんなで一路函館山へ!ほとんど誰もいない山頂で、噂の夜景をしっかり楽しむことができました。たしかにきれいですね!そして深夜にホテルに戻り、翌朝のフライトで東京へ。わずか2日間の函館ではありましたが、大変に楽しめました!

kenjiz at 23:33│Comments(0)TrackBack(0)旅行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔