2016年03月01日

SIMフリースマホ

Priori3S最近、MVNOとかSIMフリースマホとか流行ってるわけですが、昨年から発売された大手キャリア端末はSIMフリー化が可能なため今後さらに増えていくものと思います。維持費用も格段に下がるため、わたくしもひとつ検証してみることにしました。検証用なので安いもの・・・ということで選んだのは、FREETELのPriori3S LTEというモデル。2万以下で買えちゃってデュアルSIM対応。まずはドコモのWiFiルータのMicroSIMをさしてみてAPNを設定すると、問題なく通信可能。ただしなぜかLTEではなくて3Gでの接続になってしまいます。そしてもう一つはMVNOのOCNモバイルONEのNanoSIM。こちらもAPNの設定で無事につながり、画面にはdocomoの文字も表示されます。

大手キャリアのスマホ料金は月額7000円オーバーが相場ですが、MVNOなら利用量にもよりますが月額2000円以下ですみます。SIMフリー端末を2万円で調達しても、数か月で元が取れる計算。それこそ家族が多かったりすると家族で毎月数万円も違いが出てきますよね。会社だと法人で相対契約とかしているでしょうから、たとえばうちの会社はiPhone6Sは無償提供+通話料+パケット料+各種オプション代込みで月額4000円台なわけですが、内線通話機能が不要であればMVNOで全然良い感じです。固定電話代はもう下げられるところまで下がっていますが、モバイルはまだまだ削れそうですね。社用携帯を今後どうしていくか検討したいと思います。

kenjiz at 23:28│Comments(0)TrackBack(0)IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔