2016年02月01日

シカゴ経由サンタアナ行き

日曜日にシンガポールから帰国し、そのまま日航成田に泊まりました。このホテル、シングルは激安なのですが部屋がすごい狭さです。とはいえ、以前と比較するとリニューアルされていて水回りも古い設備をうまくきれいにまとめてあり、十分快適に過ごせるレベルでした。ただ空港側の部屋だったので昨年のLAXヒルトンのように、航空機の離着陸の音が常に聞こえている状態。とはいえ、耳栓完備のわたくしは熟睡いたしました。

そして今日、アメリカに到着したわけですが、今回は初めてサンタアナの空港着で来てみました。ロス(LAX)直行便の方が時間は早いのですが、夕方発なので出発まで時間つぶさないといけないことと、LAX周辺は渋滞だらけ面倒なうえ会社にも遠い、ということで、あえて遠回りをしてサンタアナ着ルートです。本当は新しく就航したJALのダラス便を使ってみたかったのですが残念ながら満席だったので久々のシカゴ便。ホテルを9時過ぎにのんびり出発して成田でチェックイン。ラウンジで朝ごはん食べて機内へ。昼行便ということもありほとんど照明つきっぱなしのフライトでした。ちなみに担当のCAさんのバッジに「高濱」と書いてあって、あの日航ジャンボ機事故のパイロットの娘さんでした。ばりばり仕事されてましたが、なんかすごいですね。

そして12時間近いフライトののち、シカゴに到着。意外とすんなり入国できて乗り継ぎ便のためにターミナル5からターミナル3へモノレールで移動。アドミラルズクラブに行きます。前回同様、「フラッグシップラウンジあるわよ」と受付のおばちゃんに教えてもらいますが、シャワーするためにあえてのアドミラルズクラブに入ります。シャワーブースにトイレもある広いシャワールームでした。で、さっぱりしてから受付でもらったクーポンで飲み物もらって、今度はフラッグシップラウンジへ。こちらは成田行きを待っている日本人が結構います。といってもわたくしは出発まで時間があるのでスマホの充電だけして爆睡。しばらくするとラウンジのお姉さんに起こされます。フライトいつなの?搭乗券見せてまだ数時間あることを伝えると、寝るんだったらテレビ消す?それとも向こうにもっと静かな部屋あるからそっちで寝る?、とアメリカ人らしくないお姉さんの気配り。ありがたく誰もいない奥のQUIET ROOMに移動して、もう一回寝ました。時差ボケで軽く頭痛していたのも無くなり、出発30分くらい前に搭乗ゲートへ。いきなり名前呼び出され、搭乗券をアメリカン航空のものに交換します。残念ながらアップグレードではありませんでした。

そしてサンタアナ行きの機内へ搭乗。エコノミーの最前列窓側で隣席は空いているというなかなかの快適さ。アメリカン航空はエコノミーの前方がMain Cabin Extraというプレミアムエコノミーになっていて、足元も十分に広くできています。そしてドリンクサービスの時に、なぜかわたしだけサンドイッチのサービスが。CAがうるさい機内で早口で何言っているのかよくわかりませんでしたが、ワンワールドエメラルド会員向けのサービスか何かでしょうかね?数種類のサンドイッチから選ばせてもらって、すんごいデカさのサンドイッチだったので、持ち帰って夕食にします。そして4時間ほどのフライトで初めてのサンタアナ空港に到着。こじんまりした空港で、降りてからもあっという間に出口。ホテルに電話してピックアップを依頼しますが、預け荷物がなかなか出てこなくて(というか出口まで歩いてすぐなので人の方が早い)、シャトル乗り場についたらホテルの車と運転手が待っていました。ホテルまで数分で到着して、事前にスマホでチェックインしていたのですぐにルームキーもらって、長旅が終わりました。明日からはいよいよこちらで仕事です。

kenjiz at 23:18│Comments(0)TrackBack(0)旅行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔