2015年12月28日

ヤバいマクドナルド

業績低迷や店舗の大量閉鎖がニュースになるマクドナルドですが、私も普段は全く行くことはないのですが例外が2つあって、1つは海外ではマックを利用します。やはり文化が違う場所で同じものが食べられるというのはメリットですからね。そしてもう一つは、冬季限定のグラコロです。大学生のころは、学割が使えるマックに通い詰めていましたが、冬はグラコロを食べまくっていて、お昼に4個とか普通に食べてました。で、それ以来、普段はマックに行かなくなっても、冬だけは風物詩として、1回は食べているわけです。というわけで今年も行ってきました。クーポンも何も無く、2個食べると700円オーバーなのでかなり割高感がありますが、なので1回だけです。ちょうど嫁が会社の忘年会で夜が遅い日があったので、わたくしは一人でマックへ。しかし!ここで驚きました。年末の夕食時だというのに駅前の店内はガラガラ。しかも店員は覇気がなく、スマイルもゼロ。めんどくさそうに不快感を与えるレベルで接客しています。こ、こりゃダメだろ・・・と即座に気づくレベル。しかもよく見てみると、厨房のバイトたちもみんな下を向いてほとんど喋ることもなくダラダラと仕事していて、オーナーの目がないフランチャイズのコンビニ以下。1回店を訪れただけで業績低迷の理由が十分理解できただけでも、グラコロを食べに行った価値があったというものです。でも怖いですね、巨大な組織で末端まで経営者の意図を浸透させるのはとても大変だと思います。いつか将来、またマックが復活するときは来るのでしょうか?

kenjiz at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)余談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔