2015年07月06日

Air Tycoon Online 2

最近、エアタイクーンオンライン2にハマっています。なかなかよくできた航空会社経営ゲームなのですが、オンラインで世界中の人と対戦することになります。飛行機を買って、空港の発着枠を確保し、飛ばして収益を得る、というのが基本的なところですが、航空機の発注の際はシートピッチを細かく指定できて、定員重視か、快適性重視か選べるようになっています。年代が進むと、シートの種類が増えたりしますし、また実際に路線を決めて飛ばす際には、機内サービスをどうするか、食事メニューなども選んだりします。そして途中からはアライアンスを組んだりもできます。ネット上になかなか情報が無くて、英語版のwikiを見たりもするのですが、なかなか現実に近いところもあり、面白いです。ただいくらかゲーム特有の必勝法のようなものもあり、一番特徴的なのは、

「大都市便よりも、中都市間の路線が儲かる」

というところです。もちろん大都市に飛ばした方がお客さんは多いわけですが、必ず競合が参入してきます。そうすると価格競争、サービス競争となりお互いに消耗します。利益率は減っていくわけです。このゲームでは乗り継ぎなどは考慮されていないようなので、中都市間の路線を独占すると、価格は最高設定でもそれなりに客が乗ってくれ、なおかつサービスレベルにも気を使う必要が無いので機内サービス一切なし、シートピッチも極限まで詰め込む、というLCCのようなサービスで、価格は最高設定できるので、最終的な利益は大都市便より有利、というわけです。もちろん、大都市便でも独占できれば大きな利益が出ます。たまーに穴場的な見過ごされている路線を見つけるとラッキーですが、あまりに美味しすぎる路線は競合が来るため、地道に中都市の独占路線を広げていくのが良いようです。後から競合が来た場合は撤退しても良いのですが、そうすると相手に独占させることにもなってしまうため、私の場合は、競合が2社以上いる場合は撤退、1社の場合はガチンコ勝負、といった感じです。競合路線には、シートピッチを広げた快適な機材を投入し、機内サービスも最高レベル、ってこれっていわゆるフルサービスキャリアの手法ですね。つまり、フルサービスとLCCを組み合わせつつ展開していくのが、良いように思います。この方法で、当初100位以下だったのが、1980年には19位くらいまで来ました。一桁くらいのユーザーはおそらく課金でしょうから、無課金でできるところまで上位を追い上げたいと思います。

kenjiz at 23:11│Comments(0)TrackBack(0)余談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔