2013年12月31日

iPad修理

昨日のおいらの実家に引き続き、今日は嫁の実家を訪問です。と思ったら、家を出るときに玄関でiPadが手をするりと抜けて落下し、画面が見事にひび割れました。やってもた!でもとりあえずは予定通り車で実家に向け出発して、まずはガソリンスタンドへ。ガソリンを入れている最中に洗車の時間を聞いてみると、割とすぐにできますとのこと。もう年末はどこのガソリンスタンドの洗車も大行列ですが、このスタンドは手洗いの高価なメニューしかないせいか、洗車をすぐにやってもらえます。こうゆうの必要ですよね。高くてもいいからすぐにやってほしい時ってありますからね。結局ただの水洗い洗車に1600円ほど払って(といっても会社の車なので会社のカードですが)待っている間にiPadの修理情報を検索します。

今までApple製品の修理なんて経験が無かったのですが、よくよく調べると、アップルストアに持ち込むか、提携の電気屋に持ち込むかの2択になるようです。で、アップルストアは基本的に予約制で即日対応可能。提携の電気屋にも電話してみましたが、修理は預ける必要があるとのことです。なら当然アップルストアを選ぶところですが、なんと関東には、渋谷と銀座の2店舗のみしかないことが判明・・・。じゃあ田舎に住んでいる人はどうするの・・・と思いますが、これがアップル製品の現状のようです。auとかソフトバンクが、iPhoneでレンタル契約を勧める理由はこれですね。レンタルの場合は破損してもキャリアがすぐに交換してくれるわけですが、購入してしまうと自分で修理の手配をしないといけなくなるわけです。で、アップル製品に対する理解が深まったところで、アップルストアを予約します。ところが・・・最短でも1/4以降でないと予約が入りません。んなばかなー!と思いましたが、何回かリロードしていたらちょうど今日のお昼で渋谷の店舗で1枠空きが見つかりました。もちろん速攻で予約です。で、そのまま車で渋谷へ!アップルストアの目の前は荷捌きスペースになっていて、年末の今日は余裕で車置いておけます。これは良いですね。

で、初めて修理でアップルストアへ足を踏み入れるわけですが、まずは近くの店員を捕まえて予約をしている旨を伝えると、しばらく待つよう案内され、数分で名前を呼ばれて対応が開始されます。で、古い端末のデータを目の前で消去し、新しい代替端末にSIMを差し替えてアクティベーションして作業は完了。その間約10分ほどでした。ついでにソフトバンクの法人営業に予約済みのiPad Airに機種変更までしてしまおうかとも思いましたが、法人名義で割賦での購入の場合は印が必要だとかで、残念ながらそれはできず。でもまぁ、無事に破損端末とは1時間でおさらばできてよかったです。アップルストアは対応が良いとか悪いとか評価が分かれる店のようですが、ちゃんとルールを把握して使う分には、まぁ良い感じがしますね。でも、初めて自分の端末を修理して、法人契約の端末をどうすべきか考えさせられました。

そしてそこから嫁の実家へドライブ。久々に義両親ともお会いし、義妹たちと買い物に出かけたりして、みんなで夕食して帰ってきました。ちなみに嫁の実家には、以前おいらが使っていたパナソニックの古いプラズマTVを寄贈したものが置いてあるのですが、音の良さにびっくり!最近の画面の枠が小さいモデルは、デザインは良いものの音は最悪ですが、古い額縁モデルは音がとっても良いです。ほんとにおいらもVT5にホームシアター接続したくなります。物は増やしたくないので自制していますが。。。でもついに2013年もこれで終わり。あっという間でした。2014年はどんな年になるのでしょう!?

kenjiz at 23:26│Comments(0)TrackBack(0) IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔