2013年12月05日

SS7ビジネスクラス

SS7今日はJFK近くのHilton Garden Innで目覚め、1Fロビーに併設されているレストランで朝食。ビュッフェっぽいのですが、ホットミールはオーダーする方式です。で、食事を終えてパッキングしてチェックアウトし、予定通り昨日も乗った空港シャトルバスで空港へ向かいます。JALは第1ターミナル。チェックインしてたら嫁が教えてくれたのですが、隣に子供を抱っこした長谷川理恵がいました。同じ便ですね。ブログ見たらちょうどNY滞在してたそうで間違いないですが、本当に嫁は芸能人発見するのが早いです。なんの才能だこれは。で、長蛇の列のセキュリティを抜け、それなりに席の埋まっているファーストクラスラウンジへ。JALのファーストクラスラウンジって、入室権限持っている人が多いせいか、どうも混雑気味で落ち着きませんね。昔話をするのもあれですが、10年位前のグローバルラウンジなんてガラガラでとても快適でした。でもって搭乗時刻が近づき、一応職場への土産なども買ったりしてゲートに向かいました。

remoteで、おいらは初搭乗となるSS7のビジネスクラスです。通路側をアサインされたのですが、パーティションで仕切られているので通路だろうが窓側だろうが中央席だろうがどれも変わらない感じです。最前列にこだわる必要も無し。ただ窓と中央席は狭い横道を通らないといけないので、体大きな人は通路側がおすすめ。あと通路自体も結構幅が狭くて、おいらは体を斜めにしないと歩いていて両側のパーティションに腕がぶつかるくらいです。ただ、通路のあちこちに横道があるので、すぐに避けられてすれ違いはかなり楽。このレイアウト、なかなか良くできています。そして席に座ってみても、足元にはベッドの一部になるオットマン的なものもあるので離陸前から足を前に投げ出すことができて良い感じ!あと背もたれが緊急脱出の妨げにならないせいか、シートは最初から結構リクライニングしてあるので、離陸中に背筋をピンと伸ばす必要もありません。あと、機内持ち込みのキャリーバッグは足元に置けるので、頭上の荷物入れはほぼ不要。というか荷物入れにはエアウィーブのマットレスと枕を入れるためのスペースになっています。いやそれにしても、想像以上に良いですねこのSKY SUITEというシートは。10年位前にシェルフラットシートがデビューしたときのインパクトも大きかったですが、約10年ぶりの大革新といったところです。画面も大きいし、コントローラーはスマホのようにスワイプしてコントロールします。飲み物も食べ物もコントローラーで注文可能。これはCAも御用聞きに動き回らず済んで良いのではないでしょうか。今回のフライト中も、コールボタンを押した人はいなかったように思います。これは是非、長距離路線全体に広めてもらいたいです。

wlanで、おいらは時差ぼけ防止にフライトの前半は寝て、後半は仕事していました。SKY WiFiというインターネットサービスは、所々で通信が切れますけど、普通にメール送受信には十分です。で、ノートPCのWindows7をルータ代わりにして、iPhoneやiPadもまとめてネットにつなげます。これは便利♪ Windows7のSoftAP機能は、一般的に3Gや有線LANを無線共有とかで使うパターンがネットでよく紹介されていますが、実は無線LANを無線LANで共有、ということもできちゃいます(できないとか書いてあるサイトもありますが、嘘)。おいらはさらにVPNもつないで、PCでは3インタフェースがフル活躍でした。溜まっている会社のメールもバンバン返信して、あとはLINEで友人たちとチャットしたり、機内の写真を送ったりと、忙しい!シート周囲にはミニテーブルがありますので、ノートPCをそこに置けば、食事なんかの妨げにもなりません。本当によくできたシートです。で、気づけば関東周辺まで飛んでいたので、最後にじゃんがらラーメンと鮭丼を平らげ、無事に着陸して入国、自宅へ帰りました。忙しい出張でしたが、でも嫁同伴で楽しめました!明日からもちろん仕事です!

kenjiz at 23:38│Comments(0)TrackBack(0) 旅行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔