2013年01月02日

グランドキャニオンへ

IMG_2982新年早々、成田に向かったおいらですが、予定通りJL62便でロサンゼルスへ。7ACの席で広々快適だったのですが、となりの中央席の赤ちゃん連れが、放任主義で赤ちゃんわめき放題。ちょっとビジネスクラスに場違いな雰囲気を出しまくっていましたが、まぁ我慢しつつロサンゼルスに到着。30分ほど早着したのですが、入国審査は久々に長蛇の列で、通過に約1時間。ロサンゼルスの入国審査はいまだにフォーク式を採用せず、たくさんの列ができているのでどこに並べば早いのかはもはや運次第です。で、めずらしく税関も長蛇の列で、ここでさらに20分ほどロス。結局レンタカーにたどり着いたのは11時頃でした。で、車は日産アルティマ。新型カムリを期待していたのでちょっとがっくり。でもレンタカー屋で周りを見渡してもカムリはほとんど姿を消していて、アルティマが勢力を拡大していました。で、荷物を積み込んで運転席に乗り込みますが、、ガラスが水玉だらけでひどい状態です。よく見ればすべてのガラス&車体もかなり汚れていて、近くの係員のおばちゃんを捕まえて、何とかならんの?と交渉すると、他の車を探し出すもののちょうど良い車が無い模様。で、掃除のおじちゃん捕まえてくれて、おじちゃんが「5分待ってくれ、5分だけ!」と言って車を洗車してくると言い出します。「乗ってもいい?」て聞いたらOKなので、おいらたちは後部座席へ。おっちゃんは夫婦でカムリをそれぞれ持っていて、もうカムリ大好きだとかそんな話を聞かされつつ、またハーツの整備工場や車の掃除場所など見学コースのように説明を受けつつまわり、洗車ブースにやってきました。日本のガソリンスタンドの洗車機みたいなのがあって、でも車は自分でちょっとずつ動かして、水が出てブラシで洗って、最後は風圧で水を吹き飛ばして、仕上げはおっちゃんが窓を拭き上げて完了。おいらのアルティマは無事にピカピカになり、洗車したての車でいざ出発です!

IMG_2874今回はまたしてもNeverLostは付けずに、Microsoft Street & Tripsの体験版で旅行します。14日間使えるので、小旅行にはちょうど良いです。で、iPadでPCにログインしてコンソールに置いておけば、完璧なナビです。まずはグリフィス天文台を目指します。LAXからは30分ほどで到着しますが、すごい車・・・。駐車場は当然のように満車で、途中の道路に路駐しまくり。おいらたちもちょうど空きを見つけて路駐。歩いて天文台まで行きます。市内を一望できる良い見晴らしで、ハリウッドサインも近くで見れます。フーコーの振り子なんかも展示してあって、子供たちが科学に興味を持てるような展示がいくつもあります。で、一通り見て回ったら今度はウォルマートへ。飲み物・食べ物などいろいろと調達します。そして一路ラスベガスへ出発!ええと、途中から嫁が運転してくれたのでおいらは寝てました。寝ていたらラスベガスに着いてしまいました。今日の宿は嫁チョイスの Bill's Gamblin' Hall という老舗ホテル。値段だけで選んだものと思いますが、日本円で1泊¥3,000ちょっとです。でも駐車場から部屋へのアクセスもまぁまぁで(当然カジノフロアを経由してエレベーター乗継ですが)歩いてすぐにベラージオの交差点なので、噴水のショーを見たり、シーザーズパレスのモールなんかも歩いてすぐなのはポイント高しです。本当はショーとか見たかったのですが、まだ到着したばかりで時差ボケもあり、明日に備える意味もあって出歩きはそこそこにして、寝ました。

IMG_7506そして今日、朝ちゃんと起きてホテルをチェックアウトし、嫁リクエストのIHOPで朝食。おいらはワッフルに目玉焼き、ソーセージにしぼりたてオレンジジュース。ウマーですが値段もそれなりにします。そしてまた車を走らせフーバーダムへ。おいらはかなり久々ですが、新しい巨大な橋が架かっていて、ダムの上を走らずに通過できるようになっていました。おいらたちはもちろん一度ダムの上まで下りてちょっと散策。1930年代に作られたとは思えないすさまじいスケール。圧倒的な巨大さにめまいがします。で、そこからさらに車を走らせ、数時間後にグランドキャニオンの玄関口、ウイリアムズでマックに立ち寄り簡単に食事。ここはFreeWiFiもあってメールもチェックできます。そしてそこから北上してグランドキャニオン国立公園のゲートへ。料金を支払い、久々のグランドキャニオンへ。もちろん前と変わるはずもないのですが、雪が一部積もっていて、それもまた良い風景でした。場所をいくつか変えて風景を楽しみ、日没を見送ってから国立公園を出発しました。

IMG_7514そこから64号を西に、89号を北へ、そして160号を北東へ進みます。もう周りは完全に真っ暗。ほかの車に時々遭遇するくらいで、それ以外は完全なる暗闇。それは星がすさまじい数輝いていて、流れ星も頻繁に見えます。で、遅い車に追いつくと追い越すわけですが、これまた真っ暗ないので怖い。対向車がいないと思ったら、丘の向こうから突然現れたりするし、そもそも自分も相手も140キロ以上で走っているので、相対速度は300キロ近く。すごく遠くに見えてもあっという間にすれ違います。そんなドキドキを味わいながら数時間走って、Kayentaの街に到着。HamptonInnにチェックインしました。明日はいよいよモニュメントバレーです。

kenjiz at 23:44│Comments(0)TrackBack(0) 旅行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔