2011年12月15日

EX ICカード

exic今日は久々に大阪出張に来ています。関東圏以外の国内出張はかなり久しぶりです。昔なら大阪出張でも迷わず飛行機を使っていましたが、今回は新幹線にしてみました。N700系にまだ乗ったことがなかったので、初乗車です。で、会社のJR東海のExpressカードがIC化されてからまだ使ったことがなかったので、これまた初めて使ってみました。ブルーのEX ICと書かれたカードです。このチケットだと東京〜新大阪で指定席が¥13,000と、普通に自由席を買うよりもお得です。乗り遅れたら無効になるので、予約は直前にすることにしました。自由席なら乗せてもらえるのかどうかは不明です。乗り遅れてもOKという意味だと、飛行機の普通運賃が最強ですね。というわけで東京駅に着く直前で携帯で予約。携帯の小さな画面に座席表も出てきて、好きな席が選べるのはGOODです。

で、新幹線改札の入場ですが・・・おいらは自分のモバイルSuicaで東京駅まで来ました。そこから新幹線乗換口に入るわけですが、モバイルSuicaとEX ICカードの連携はどうなるのか?疑問だらけですし、Webにも特に案内はありません。で、とりあえず乗換口の自動改札にICカードは重ねてタッチしてくださいという記載があったので、モバイルSuicaとEX ICカードを重ねてタッチしてみますが、見事にベルが鳴りました。ダメでした。すると近くにいた係員は慣れたもので、有人改札で手早く処理をします。どうやらこの組み合わせは、毎回有人改札を使わないといけないようです。ちなみに改札では席番の記されたレシートが渡され、それを車内検札の際に提示するようです。

そして新幹線車内へ。N700といっても、そうそう大した違いはありません。各列に電源コンセントが装備されていて、無線LANが使えるのが良いですね!無線LANは全員に開放ではなく、主要プロバイダのローミングである必要がありますが、出張しまくる人なら1つくらいはアカウント持っているはず。すんなり接続できました。ちなみにログオンアカウントを登録していたスマートフォンはすんなり接続できたのですが、PCはログオン情報がわからず、手持ちのイーモバイルでつなぎました。で、新大阪まで約2時間半・・・やはり長いです。うーん、飛行機にすればよかったとちょっと思いながらも、寝そうになりつつも寝れず、新大阪に到着しました。で、在来線乗継のところでまたモバイルSuicaとEX ICカードを有人ゲートで提示です。係員もよくわかってるようで、EX ICカードを遠くから見たとたんに処理体制に入っているんで、みんなそうしてるんでしょうね。なんとかしてもらいたいものです。

で、結局新幹線と飛行機どっちがいいんだという話ですが、日帰りで荷物が少ないなら、電車感覚の新幹線がお勧めですね。ただ荷物が多かったり、ぐーすか寝たいなら飛行機のような気もします。飛行機のほうが狭くてうるさいのですが、新幹線は乗車人数が多い分、セキュリティが気になります。実際に置き引きもあるようですし、荷物を気にしながらじゃ寝れませんからね。飛行機なら、あの狭い機内で物を盗んでも逃げ場がないし、そういったことは少ないのではないかと推測します(エールフランスでCAが客の荷物から財布を盗んでいたとかいう事件もありましたが)。そして飛行機は基本的に途中の駅とかなくて、みんな同じ目的地ですしね。ということで、短日程のちょこっとした旅行には新幹線を、泊りの長距離旅行には飛行機をと、まっとうな結論にたどり着きました。

kenjiz at 23:45│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔