2011年11月17日

802.11n

FXの税金対策として、PCを1台買ってみました。税金対策といっても持ち出しは増えるわけなので対策なのか良くわかりませんが、VAIOのタイプCを10万円以下で買うことで一括償却です。CPUはCorei5でそこそこ、メモリは4GB、ハードディスクは7200rpmにしました。でも実際使うとやっぱりハードディスクが足を引っ張りますね。起動も何もかも遅いです。やはり今後はSSDが必須ですね。で、なんでVAIOにしたのかですが、DTCPIP対応だからです。ブルーレイDIGAに録画したものを、ネットワーク経由で見ることができます。で、DR録画したものだとネットワーク帯域も必要なので、802.11n対応の無線LANも導入しました。今までは11a/b/gで頑張っていたのですが、やはり54Mbpsが300Mbpsになるのは大違いです。有線のデスクトップPCとファイルコピーをしても、100Mbpsは余裕で出ます。PCでテレビ番組を見るのは、不思議な感じですが、きれいに映ります!

kenjiz at 23:39│Comments(0)TrackBack(0) IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔