2011年07月17日

都内でホタル!

昨日は、夕食後に嫁の思い付きでドライブに行こう!!ということになり、かといっておいらは都心方面は嫌だったので、東京西部の方で行先を探しました。で、東京都の一番端っこ、檜原村に目をとめました。小学生の時に授業で檜原村のことをやったのは都内の小学校出身の人はみんな覚えてると思いますが、でもおいらはもしかしたら行ったことがないかも。で、檜原村のホームページを見てみると、滝がいくつかあるようです。で、最初に出ていた払沢の滝(ほっさわのたき)を目的地に決定。さっそく車で出発し、2時間ほど走ってあきる野市を通って山道へ。といっても奥多摩や秩父に行くのと違って、割とすぐに到着しました。すでに夜11時頃。当然、周囲は真っ暗闇。歩道の入り口に車を置いて、携帯の画面の明かりを懐中電灯代わりにして山道を進みます。DoCoMoの地図アプリを起動しておけば、歩いた道にマークが付くので迷う心配もなし♪ただ問題はひたすら真っ暗なこと。しかも山ですし、我ながらクレイジーだと思いつつも道を進みます。ただ、今はほぼ満月ということもあり、暗闇に目が慣れてくると、月明かりだけで十分に周りが見えます。というか月のまぶしいこと!森の隙間から月の直射月光?が差し込み、照明に照らされているように明るく、影もくっきりしています。

で、のんびり歩くこと15分くらい。滝に到着。流石に携帯の画面の明かりではよく見えないので、iPhoneの懐中電灯アプリの登場。すごい光量で暗闇に滝が浮かび上がります。水しぶきもすごく、マイナスイオンが漂っている感じ!そして電気を消してしばらく腰を休めて滝の音と涼しさを楽しんでいると、嫁がホタルを発見して大騒ぎ!生ホタルは初めてらしいです。しかも暗闇に目が慣れているので、ホタルの光がとても明るく、周囲を照らすほどなのはおいらもちょっと驚き。何匹もがふわふわとした光を放ち、しかも時々飛んで頭上に来たりもします。すごいですね。思いがけずホタル観賞会でした。写真を撮ってみましたが、案の定人間の目ほどの性能は無く、何も映りません。で、しばらく休んでからまた歩いて道路に戻りますが、帰りはよく見るとまわりで結構な数のホタルが飛んでました。都内でも自然が残っていることにホッとします。で、帰りは嫁の運転で一路自宅へ。わずか数時間のプチドライブでしたが、思いがけない収穫でした。

kenjiz at 23:38│Comments(0)TrackBack(0) 旅行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔