2011年03月24日

原発について

おいらの周りでもやたらと原発評論家が増えているわけですが、ネット上でも賛否両論ですね。おいらは基本的に賛成派です。今回、確かに福島の原発が事故を起こして大変なことになっているわけですが、だからと言って原発廃止は論理の飛躍です。交通事故が起きたから車を禁止しよう、みたいなのと同じ話。そうじゃないでしょ。事実、東京電力の福島原発の少し北にある東北電力の女川原発ですが、地震、津波に耐えて、今では被災者の避難場所になっているというではありませんか。福島並みに、古くてリスクの高い原発は停止しよう、という話であれば、おそらく原発推進派も両手を挙げて賛成でしょう。おいらもそう思います。少なくとも今回は地震には耐えたけど、津波には耐えられなかったわけです。だったら、津波にも耐えるように基準を改正して、満たさない原発は止めちゃえばいいわけです。そのために停電が必要なら、仕方ないでしょう。さっさと新しい基準の原発を作らなくちゃいけません。相対性理論を持ち出すまでもなく、物質はエネルギーの塊なのです。強い核力、弱い核力、の意味がいまだに完全に理解できないおいらでも、質量がエネルギーに変換されることくらいはわかります。小学生のころに読んだ百科事典に、涙1滴で車を地球何周も走らせることが出来る、と書いてありました。まさにそれです。危険な原発はどんどん廃止して止めましょう。でも、クリーンエネルギーとして原発は高い基準でどんどん作りましょう。昔原発が最初に作られたとき言われたように、(電気が安すぎて)電気メーターがいらなくなる、そんな風になったら本当に「未来的」なんですけどね。

kenjiz at 23:05│Comments(0)TrackBack(0) 余談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔