2011年03月19日

外出先のiPhoneから自宅のひかり電話を使う

けっこうやっている人も多いと思いますが、おいらもやってみました。NTTの光ネクストのルータPR-S300NEがSIPサーバになっているため、外部からこのルータにSIPで登録をします。Webで情報を集めてみると、VPN機能付きのルータでPPPoEをやって、光ルータでは単にパススルーをしている人が多いのですが、配線がごちゃごちゃになるしWANとLANの物理セグメントがぐちゃぐちゃくになるのが嫌だったので、おいらは普通にPR-S300NEでインターネット接続をします。そしてVPNの受けはYAMAHAのRT-57iです。このルータは以前はSIP子機としても使っていて、子機にするとアナログTELポートに電話が接続できます。まぁ今回はそこまでしませんけど、RT-57iをPPTPサーバにします。必要なconfigはこんな感じ。

ip route default gateway 192.168.1.254
ip lan1 address 192.168.1.1/24
ip lan1 proxyarp on
pp select anonymous
pp bind tunnel1-tunnel3
pp auth request mschap
pp auth username ***** *****
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ppp ccp type mppe-any
ip pp remote address pool 192.168.1.200-192.168.1.202
ip pp mtu 1280
pptp service type server
pp enable anonymous
tunnel select 1
tunnel encapsulation pptp
tunnel enable 1
tunnel select 2
tunnel encapsulation pptp
tunnel enable 2
tunnel select 3
tunnel encapsulation pptp
tunnel enable 3
dns server 192.168.1.254

PPTPクライアント用のIPアドレスは、DHCP配布のものとはレンジをずらしておきます。それからPR-S300NEにPPTPのポートのIPマスカレード設定をします。TCP/1723だけ設定すれば、GREも設定されるようですね。便利だけどどこにも書いてないのはちょっと微妙です。あとはiPhoneにPPTP VPNの設定をしてAGEphoneをインストールして設定すると、できました!ちょうど外出先からJALにキャンセル待ちの確認の電話をしたかったので、いつもは携帯で10分とか普通に待たされて通話料もけっこうな額になっているはずですが、今回はVPN接続、AGEphone起動、フリーダイヤルに電話、という手順でちゃんと通話ができました。ただしAGEphoneはトーン信号が出せないので、会員番号入力とかができないのが痛いです。まぁ、JALはほっとけばとりあえずつないでくれるので大丈夫でしたが・・・。それにしても、3G網からのVPNで自宅のルータ経由でひかり電話発信して、想像以上にまともに通話できたのは驚きました。もちろん、3Gの電波状況にも寄るのでしょうけど、有効な活用方法を探してみたいと思います。とりあえず次回、海外出張時に海外から自宅の03で電話発信はやってみたいですね。

kenjiz at 23:26│Comments(0)TrackBack(0) IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔