2011年03月03日

フレッツ光ネクストハイスピードマンションタイプ

おいらの家はいままで、隣の親族の家とBフレッツ&ひかり電話を共用していました。隣の家とおいらのアパートメント間は無線LANで接続して当初はうまく動いていたのですが、2.4GHzの無線LANのすごい普及によって、最近はスピードも劇落ち、切れたりする始末です。さすがにそれは厳しいので、独自にフレッツを引くことにしました。マンションタイプを引いたのですが、ここの建物はJCOMの勢力が強く、なんとおいらの家が1軒目。工事のおにいさんに聞いたら、局から建物までは1Gbps占有で、光配線のおいらの家まではほぼ直結ということになります。で、実際工事が終わってフレッツスクエアで速度測定をすると、350〜450Mbpsというすごい数字が出てきました。うーん、ハイスピードタイプって200Mbpsのはずなのに、軽々と超えた数字が出ちゃうんですね。ただ、インターネット上の速度測定サイトを使うと180Mbps程度でしたので、フレッツの規格のほぼ上限まで来ていることが分かります。それにしても早いんですね。これで一軒家タイプより安いのですから言うことないです。で、疑問がわいたのですが、会社で大量にBフレッツを使っているわけですが、マンションタイプを引くことってできないんですかね?ONUが大量に積みあがることもないし、基本料も安くなります。ちなみにひかり電話の追加番号を独立させるのは難しく、最初はNTT東日本に断られました。一旦アナログに戻してから再度ひかりへ番ポすれば良いのですが、こちらから提案するまでやってくれませんでした。そんなことをする人は少ないのでしょうけど、柔軟性を持ってもらいたいものです。

kenjiz at 23:07│Comments(0)TrackBack(0) IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔