2010年10月03日

i-Stop

IMG_0334会社にマツダのミニバンが来ました。おいらは大勢乗れる車ということでトヨタのノアをリクエストしていたのですが、なぜか届いたのはプレマシーでした。おそらくエコという大義名分が必要で、i-Stop搭載のプレマシーになったんじゃないかと想像します。さっそくちょっと連れ出してみて、アイドリングストップを体験してみました。いろいろと条件もあるのでいつでも止まるわけではないのですが、でも信号待ちでエンジンがすっと止まってエアコンの風の音だけになり、そしてブレーキを放すとすぐエンジンがかかります。ちなみにエンジンのかかる時間が気になるわけですが、まぁ支障はありません。確かにスタートダッシュはワンテンポ遅れるのですが、事前にブレーキペダルを気持ち緩めると、i-Stopは機敏に反応してエンジンをかけてくれます。なので、発進しようとするときは事前にエンジンをかけておき、かかったと同時に発進!というのがスムーズです。まぁそんな感じで割と簡単に違和感なく使えるわけですが、ただ燃費がいいかというと微妙ですねー。まだ新車でエンジンが馴染んでいないせいか、10km/lも行きません。やはり重いミニバンに燃費競争は厳しいのでしょうか。おいらのクラウンの方が楽勝で良い感じです。

IMG_0333ところでマツダの車を運転したのは、はるか昔のロードスター以来かもしれません。エアコンのところの「AMB」が何の意味なのか不明でしたが、説明書を見ると外気温度計だそうです。なんでAMBなんでしょうか?しかもダッシュボードにAMBボタンが付いていて、表示を消すこともできます。意味ないですよねこれ・・・。いろいろとマツダ独特のルールがあるみたいです。あと、ナビは使いやすいとは言えないのですが、サイドブレーキを1ノッチ引いておけばすべての操作が可能になるので、どこかの配線を短絡しておけば使いやすくなりそうです。このナビ、Bluetoothで携帯を登録しておくと、エンジンをかけるとすぐにセンターとデータ通信をして渋滞情報とかを取ってきます。これはいいですね。出発してすぐに渋滞情報が表示されるんです。トヨタのG-BOOKも、このあたりは見習ってほしいです。

kenjiz at 23:54│Comments(0)TrackBack(0)  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔