2010年02月05日

信州そば

10000km今日は長野まで蕎麦を食べに行ってきました。食べるだけじゃなく自分で蕎麦を打ったりもしたのですが、なかなか面白かったです。朝早めに家を出て首都高に乗って、ほとんど渋滞もせずに4号線へ。そのまま中央高速に入ります。久々ですね、中央高速は。そしてまずは清里あたりから八ヶ岳へ抜けるようにドライブしようと思ったのですが、ナビの画面にはチェーン規制のマークが出まくってます。もちろんおいらのクラウンはスタッドレスなんか履いてませんので、近くの韮崎ICで降りて、トヨタレンタカーに駆け込み。スタッドレス付きの4WDをその場で借りて、クラウンと交換していざ出発です。トヨタ同士のせいか、ナビの使い勝手もほとんど同じなのは助かりました♪ただしCDを持ってこなかったので、音楽がなかったのはちと寂しかったですけどね。で、雪道を少しドライブして、お昼前に八ヶ岳のおっこと亭に到着。この蕎麦屋の蕎麦は手打ちなのですが、隣の建物でおばちゃんたちが黙々と蕎麦を打っているのです。で、そこに混ぜてもらって蕎麦打ち体験♪おいらは蕎麦打ち自体が初めてだったのですが、そば粉と小麦粉、そしてお湯。材料はこれだけ。あとは粉を混ぜて、360回こねて、あとは綿棒で伸ばして行きます。って書くと簡単なのですが、これがまた大変な作業。蕎麦打ちのオバチャンたちを尊敬しちゃいますね。といってもおいらは前半はほとんど友人に任せ、最後の切るところだけはすべて担当しました。まぁ一応おいらは器用なんできれいに細く切ったのですが、蕎麦屋のオバチャンたち絶賛♪おいらが職を失ったら雇ってもらう約束を交わし、店の方に移動して蕎麦を茹でてもらいます。もちろん、おいらが打った蕎麦が他のお客さんの口に入ることはありません!で、出てきました自分の打った蕎麦が!店のほうのオバちゃんにも、細い麺を褒められました。普通の人がやったらきしめんみたいに太くなっちゃうらしいです。でもまぁ、いつも通りウマーでした!たまにはこんな体験もいいかもしれないですね!そして農業実践大学校に寄り道して、帰りはレンタカーを返して東京まで一っ走り。ちなみにおいらは全く運転してません(笑。帰りは立川の伊勢丹に寄ったりして帰宅したのですが、途中でクラウンの走行距離が10000kmを越えました。ちょうど納車から2年経過です。中古車の価値が落ちたかもしれないですね。

kenjiz at 23:16│Comments(0)TrackBack(0) 余談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔