2008年09月15日

ジェネリック薬の効果は?

先週末あたりから体調がどうも変です。エアコンつけっぱなしで寝ると時々朝起きた時に全身がだるいことがありますが、それがなぜか朝だけじゃなくてずっと続いています。流石におかしいので病院に行ってみますが、風邪の症状があるわけでもなく、医者も「?」という感じ。血液検査もやってもらいますが、赤血球・白血球の数値と炎症が起きている数値が高いのと、細菌が検出されている以外はすべて正常値。とりあえずロキソニン(炎症止め)とクラリス(抗生物質)を処方してもらい様子を見ることになりました。ちなみに処方箋を自宅近くの薬局に持って行ったら、処方箋にはジェネリック薬が指定されていたのに、薬局には在庫がないとのこと。最近はちゃんと医者がジェネリックを指定するんですね。でも薬局にないのであれば意味がありませんけど。差額を聞いてみると1錠10円くらいだったのでオリジナルの薬にしてもらいましたけど、健康保険組合は1錠20円の余分の負担をすることになってしまいました。しかも薬局のオヤジ曰く、オリジナルの方が30%は効き目が良いとのこと。ほんとかよ〜。

kenjiz at 23:27│Comments(0)TrackBack(0) 余談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔