2008年07月17日

N906iL

N906iL昨日、上海出張から帰ってきました。虹橋から羽田へのチャーター便利用だったのですが、楽チンです♪なにしろ古北(ぐーべい)のホテルから虹橋空港まではタクシーで15分くらい。国際線はチェックインも出国もセキュリティもガラガラ。チェックイン後、10分あれば搭乗口までたどり着けます。そして東京羽田までは3時間弱。沖縄と同じくらいの時間です。羽田は、国際線ターミナルが不便でとりあえずバスに乗らないとどこにも行けないのが不満ではありますが、まぁそのうち羽田の国際線が増えてきたら改善することでしょう。そう、着陸からスポットインまでがやたらと速かったのも驚きでした。そして今日、久々に会社に出社したわけですが、おいらの上司もちょうどおいらの出張と同じタイミングで休暇を取っていて、要するに部下たちはやりたい放題!?あまり仕事も進んでなくて溜まっているメールも少なく、すぐに通常業務に戻ります。で、机の上には新しい雑誌とかが積んであったのですが、ドコモからの小包が・・・お!ドコモの営業がN906iLを貸してくれたのでした。

WLAN&FOMAちょっとずっしりとする本体を早速使ってみますが、どうやら完全な新品のようです。当然目標は無線LANで、ワイヤレスSIP子機として使うこと。OKIのSS9100の子機として動けば完璧です。SS9100はバージョンアップによるN906iLの正式対応予定らしいですが、OKIのバージョンアップ作業は数百万円というアホみたいな見積もりを出してくるので今のところシカトしてます。ていうか、単純なSIP端末としてなら、別にバージョンアップしなくてもつながるんじゃないか、というもくろみです。だけど、単に無線LANに接続するだけでも一苦労でした。PCのように、SSIDを検出してキーを入れて・・・というわけにはいかず、プロファイルを作成しないといけません。EAP-TLSの電子証明書のインポート方法はとりあえず不明だったので、WPA-PSK方式で接続。一応アンテナマークは出ましたけど、どうもブラウザの種類がいろいろあるらしく、なかなか慣れません。そしてSIPサーバへのレジストもうまくいきません・・・ちょっといろいろと研究しないとダメなようです。

kenjiz at 23:12│Comments(0)TrackBack(0) IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔