2008年01月03日

世界遺産・ストーンヘンジ

snowmap今朝は早くに目が覚めて、テレビをつけるとイングランド北部やスコットランドは大雪のようです。こっちのほうでは降らないでおいてほしいものですが・・・あれ、天気予報ではこのあたりも小雪になってる(汗。カーテンを開けて外を見ると、まだ真っ暗なのですが・・・なんと!街灯の下を野ウサギがぴょんぴょん飛び跳ねてます!かわいいっ!!とりあえずシャワーして着替えてホテルをチェックアウト。車でM4をさらに西に向かいます。プジョーはハンドルから棒が4本生えていて、それぞれにたくさんスイッチがあるのでまずはそれを走りながらいろいろと押して試してみます。クルーズコントロールもどうやらついているらしい。そして自分で任意の速度に設定できるスピードリミッターなんかもありました。これって意味があるのか・・!?あとは、マイル表示をキロにしてみると、日本で使い慣れた燃費も表示されます。だいたい12km/lくらいですね。あんまり良くないかもしれません。まぁ70マイル以上で飛ばしてるので仕方ないですね。1時間弱ほど走って、Swindon という街にあるアウトレットモール Swindon Designer Outlet に到着。観光そっちのけでいきなり買い物です(汗。海外のお店は、日本と品ぞろえが違ったりして見てるだけで面白いですね。久々に自分の服とかも買ったりして、いくつかのお土産もここで買いました。バーバリーではVATの書類も作ってもらって、税金はちゃんと取り返します。あと、自分用の食器はかなり迷いました。気に入ったWEDGEWOODのお皿、1枚40ポンドが半額で20ポンド・・・5枚買ったら100ポンド・・・およそ2万7千円です・・・冷静に考えて止めるべき値段でしたので、見送りました。ポンドがもっと安ければね!!円が強くないと、海外での買い物も楽しさ半減です!!あと、昨日両替を忘れて手持ちの現金が全くなかったので、アウトレットモールのATMでお金をおろしました。三菱東京UFJの国際キャッシュカードがそのまま使えちゃったのはかなり便利♪ATMの画面に「手数料とるよ」って表示されてたのでレートがちょっと心配ですが、まぁホテルのフロントで両替するよりは良いんじゃないでしょうか。で、フードコートでお昼を食べて、100ポンド以上の買い物で駐車場がタダになるのでインフォメーションでレシートを見せて駐車券に記録してもらいます。このあたりは日本と同じです。実は微妙に100ポンドを切っていたはずですが、おねえさんは計算を間違えたのか見ないふりをしたのか、そのまま処理してくれました。でもって、アウトレットモールを後にします。

エルベリー次の目的地は Avebury (エルベリー)というところにある、巨大な石が並んでいるところです。車で30分ほどですぐに到着しました。ここまでの道中は、いわゆるイギリスの田舎の田園風景が続いて、とても景色がいいところです!見渡す限り、緑のじゅうたんがうねりながら延々と続いているのです。写真に撮ったところでせいぜい一部分しか写りませんので、こればっかりは実際に見ないと感動は伝わらないですね。途中で羊さんがたくさん放牧されているところがあり、横で車を止めたら羊たちがみんなこっちを見ています。向こうもこっちに興味があるなんて面白い〜。しばらくにらめっこしてさらに車を進めます。で、Avebury のパーキングに車を駐車。ゲートもあったのですが、今日は無料の日らしく解放されていました。近くを歩きまわりますが、本当に石が点々と立っているんですね。。不思議です。誰が何のために?そしてそこからさらに車で30分ほどで、有名な世界遺産のストーンヘンジに到着します。こちらは入場料が必要で(ただ遠くから眺めるだけなら道路から十分に見えます)6ポンドちょっとを払って中へ。日本語のガイドをくれと言ったらちゃんと用意されていました。しかも、音声ガイドも無料で貸してもらえます。今日は気温が3度程度なので外はむっちゃ寒いのですが、ストーンヘンジは周辺に何もないこともあって風がスゴイ。よけいに寒くて凍えます。でも、、、今までTBSの世界遺産でしか見たことがなかったストーンヘンジが、目の前にどーんとそびえています。どうやって作り上げたかの解説もありました。昔の人は本当に賢いです。ただ、やっぱりこれも、誰が何のために?という疑問は残りますけど。

ストーンヘンジそして次にSalisburyという街へ向かいます。車で約20分ほど。ソールズベリ大聖堂という巨大なゴシック様式の建造物があって、街のどこからでも見ることができます。そして近くのショッピングセンターでまた買い物。地元のスパーマーケットの品ぞろえも、地域性が出ていて見ているだけで面白いです。同じものでも、他より安かったり高かったり。でもさすがはスーパーマーケット、両手いっぱいに買い物しても20ポンドも行きませんでした(まぁ5000円も買い物すれば十分ですけど・・・)。ちなみにこのスーパーの駐車場は、自分でパーキングチケットを買いに行ってダッシュボードに置いておく方式。中には置いてない車もありましたが、適当なもんです。おいらは1ポンドで1時間チケットを買いました。さてそうこうしているうちに、あっという間ですが日も沈み暗くなってきます。あとはホテルに向かうだけ。ナビに入れると約60マイル、100キロ先です。高速道路をひたすら走りますが、一般道に降りると次々とランドアバウト。これ、さすがに慣れましたけど、交差点のたびに勢いで行っちゃえ!みたいな雰囲気があってなんかスリル満点です。もちろん右から車が来たら止まって先に行かせないといけないのですが、反対側から来る車はそのまま直進するのかこっちに曲がってくるのかを車の動きから読まなくちゃいけなくて(丁寧に方向指示器を出してくれているドライバーもいますけど)結局は勘と度胸のなのが身も蓋もない感じです。小さな交差点で数台が出合い頭に鉢合わせした時なんて、誰が優先かなんてみんな分からないし、結局出たもん勝ちになっちゃってるし。でもまぁ事故は今のところ目撃していないし、普通の信号の交差点と比べてどっちがいいんでしょうか。そう、一つ気づいたのは、ランドアバウトが続くと、車が信号で停まらないのでゆっくり地図を見たりCDを交換したりする余裕がないのは困ります。まぁ走りながら出来なくはないけど目をそらすので危ないし、よほど大きい交差点で信号があったり、他からの車が多くてしばらく止まったりしないと、車はずっと走り続けてるわけですね。

羊あと驚いたのがガソリンの値段、看板に「1.0xx」という数字が書いてあって、1リットル1ポンド?そりゃ高過ぎ、でも1ガロン1ポンド?安すぎ??と思っていたら、なんと冗談じゃなく1リットル1ポンド(=270円)でした。ガソリン高騰に騒ぐ日本どころじゃないです。20リットル入れたら5000円超えるわけですから。。やっぱりレンタカーはプリウスにしとけば良かったかなとちょっと思ったり。ちなみにプジョー307の燃料キャップを開けるためにレバーを探すけど見つからず、説明書を取り出すものの見つからず・・・・そんなばかな・・・と思っていたら、ただ手でそのまま開けるだけでした。ただし中のキャップには鍵が掛かっていて、すぐに開いたものの閉めるのに数分苦戦しました。わかりにくい!!ピカピカの赤いプジョーを目の前にしてごそごそしてる姿は、新車買ったばかりで使い方もわかってないように周りには映ったかもしれません。しかも、なぜか満タンに給油したつもりなのに、燃料メーターは満タンになってません。そう、レンタカーを借りたときと同じで3/4しか入ってない。おそらく前に借りた人も、満タンに入れたのにいっぱいにならず困ったことでしょう。車が悪かったんですね。なにそれっ。

Hilton Avisford Park Arundelそして今日は、Hilton Avisford Park hotel にチェックインします。ゴルフ場が併設されているこのホテルは非常に大きくて、ゲートから入ってレセプションにたどりつくまでに車でかなり走る必要があります。しかも真っ暗でどこがどこだか分らないし!一度、とりあえず建物に入ったらゴルフクラブの建物でした。中にいた兄ちゃんが丁寧に教えてくれたのですが、「この建物ホテルにしちゃ小さすぎでしょ?」って言ってましたが、なんせ真っ暗で建物の大きさすら見えません。でもってようやくレセプションを発見し、チェックインするものの部屋の掃除に10分くれとのこと。バーでカプチーノをサービスしてもらったので、のんびり新聞読みながら待ちます。で、部屋はこれまたドアを4つくらい通った奥にある部屋で、たどりつくだけで一苦労。昨日もそういえばそうでした。イギリスの部屋のつくりがそうなっているんでしょうか。奥の奥にある22という部屋は、デラックスルームと書いてありましたが確かに広い!!スーツケースを2つ床に並べて開いても、全然邪魔じゃないほど広いです。昨日と同じく部屋にはワインが届いていました。そしてチョコレートも。では、部屋でまた映画を見て、寝ることにします。

kenjiz at 23:40│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔