2007年07月14日

長野へ

今日は、本当は韓国に行ってサウナでリラックスしたかったのだけど、帰りのチケットが手配できずに断念。特典航空券って4日前までに発券しなくちゃいけないルールはなんとかならないですかね?当日空港で空席のある便のチケットが手配できたらかなり使い勝手が良くなると思うのですが!で、韓国の代わりに長野にある親の別荘に行ってくることにしました。両親がちょうど滞在中ということで声がかかったわけです。ちなみにその別荘は数年前にできたものですが、おいらはなんと今回初訪問。長野には、おいらが子供の時からある別荘がもうひとつあってそちらは時々行くのですが、この新しいほうは今回初めて行くことになりました。

出発は午後も遅い時間になってしまいましたが、まずは関越高速に乗ってひたすら走ります。で、ずっと高速というのも面白くないので、途中でインターチェンジを降りて一般道へ。悪天候もあって車も少なく、空いている峠道をV8クラウンで飛ばすのは久々で楽しいものです。そう、スポーツカーとかで峠を攻めるのもまあ悪くはないのですが、車の性能がとても高くなってしまった今となっては一般道でスポーツカーの性能を出し切ることもできません。むしろ、エアサスのセダンで、エンジン音もほとんど聞こえず無音状態でぐんぐん峠を走るってのもなかなか面白いドライブです。ワープしてるような感覚とでもいうんでしょうか?で、別荘も近くなったところで山のふもとでイタリアンレストランに入り腹ごしらえ。スペシャルメニューという冷製パスタをオーダーしてみます。出てきたのは、そうめんのような細い麺でした。味はまあ可も不可もない感じですが、やっぱりそうめんはちょっとやりすぎでしょう。太さ1mmないかも。せめて1.4mmくらいはほしかったです。

で、夕食を済ませて真っ暗な山を登り、家に着きました。周囲は真っ暗です。しかも雨のせいで家の前はぬかるんでいて、車を家の横につけることができませんでした。タイヤは泥々!布団と荷物を持って初めての家へ。部屋に入った瞬間、樹の香りがGOOD! 癒されます。まぁ、韓国のサウナは叶いませんでしたが、山小屋滞在もこれはこれでリラックスできているのかもしれません。一人暮らしをしていると普段は親とゆっくり話す機会もほとんどありませんが、たまには家族団欒ってのもいいものですね。

kenjiz at 23:11│Comments(0)TrackBack(0) 旅行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔