2006年12月13日

喫茶店にて密会

昨夜は、とある会社から連絡があったので、仕事が終わってから密会してきた。お相手はヘッドハンティングの会社。これこれこんな条件でこんな仕事なんですけど、興味ありませんか?ってやつ。そしてその交渉が成立すると、エージェントには転職先より年収の3割くらいの紹介料が転がり込むわけ。

今回はメールで突然連絡が来たのだけど、「ある業界TOPのIPネットワーキングのリーディングカンパニー企業にて、ネットワークコンサルティングエンジニアの方をお探ししております」と始まり、簡単に会社の紹介が書かれていた。まー、業界TOPとなればもうアノ会社しかないでしょ・・・と思っていたらやっぱりそうだった。まあ今のところ転職するつもりはないけど、社会勉強させてもらうつもりでエージェントと会っていろいろと話を聞いてみたわけ。

その会社は最大手のメーカーだけあって外資系とはいえ日本法人もけっこう大きな会社だけど、今回話をいただいた部署は米国本社直轄の部隊で、在宅勤務ありのわりと自由な職場らしい。それは結構魅力的。でもねー、外資系でしょ。いつ首になるかわかんないもんね。仕事が人生の生きがいであればそんな環境で稼ぐのもいいのかもしれないけど、仕事命にはなりたくないし。ま、年収提示が1500万を超えるようなら心動くかも。でもエージェントがいくら薦めてくれても先方にも選ぶ権利があるわけだし、ま、何事も経験のつもりで、時間があったら先方の会社に面接に行ってみようかと思っている。

ちなみにこの密会現場に自宅の鍵を落としたおいらは、それに気づかず自宅に帰り、鍵を探し回ることになる。既に夜12時近く、移動もままならない。とりあえず会社そばに住んでる同僚に会社のデスク周りのチェックを頼み、心当たり先に電話をかけまくるが・・・密会現場の喫茶店でなんと見事発見。友人の協力を得て車で取りに行く。喫茶店はとっくに閉店時間だったが、運良くホテル内の店だったためにホテルのフロントに預けてくれていた。で、鍵を受け取り自宅に帰って、ようやく部屋に入れたのが午前1時半。それからなんだかんだと夜も更け、翌朝は寝坊して会社遅刻しました。はい。

kenjiz at 23:57│Comments(0)TrackBack(0) IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔