2006年08月26日

銀行仲間?

昨日は先日メディアワールドに招待してくれた友人が、お友達を連れてウチに遊びに来た。友人は以前、外資系の投資銀行にいた人なのだけど、一緒に来たお友達は現役の銀行勤務で、JPモルガンでトレーダーをしているらしい。見た目ふつーのOLなのだけど、会話の中に「消費者物価指数」とか「日銀の追加利上げ」とかいう言葉が普通に出てくるのがスゴイ。金曜日の株価下落の理由を要領よく説明してくれちゃって、妙に納得。彼女曰く、金曜日は相場の動きが非常に面白くて仕事中に全然眠くならなかったそうで。あんまりそんな仕事をしている人と接したことがなかったから、これからどの株がイケそうかといった話をふつうに出来るのがとても面白い。

たとえば「あの株ぜったいいける!って思ってさ〜」と言っても、タダの素人が言うのと金融のプロが言うのではまさに大違いだし。しかも外資系銀行ということもあり、「日本語で仕事のメール書いたことない」という発言あたりになってくると、ちょっと別世界の人のようにも思えてくる。本人からすると、日本語のビジネス上必要な言い回しとか敬語とかが使えないのをちょっと気にしているようだけど。でもまあ、大した問題ではないわな。

ちなみに金曜日は全面安だったから、仕込んでおいた買い注文で約定したものがあった。まさかここまでは下がらないだろうと思って、そこまで下がれば買い!という条件付注文。ところが携帯に、「約定しました」という合成音声のメッセージ。どの銘柄かと思えば、注文したことすら忘れていたような会社のもの。長期保有するつもりはないので、来週以降どのように値動きするのかウオッチを続けようと思っている。それにしても、最近買いばっかりで全然売ってない。自己資金はどんどん減って行くから、そろそろどれかを売ることをきめなくちゃいけないようである。

kenjiz at 23:07│Comments(0)TrackBack(0) 余談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔