2006年04月20日

ルーティングプロトコル

うちの会社の全国WAN更新プロジェクトも、設計は順調に進んでいる。ちなみに今の基幹ネットワークは単純なRIPで動いているのだけど、今回はALL Ciscoになることもあり、バックアップ回線への切り替え時間なども考慮してEIGRPを使うことにした。ベンダーのプロジェクトマネージャはそのあたりの経験が豊富なようで、今のところ安心して任せている。でも、ブラックボックスになっては困るので、設計内容はすべて理解して行くつもり。

ちなみにこれから、膨大なアドレスを割り振ったり、バックアップの切り替えを考えたり、帯域制御・優先制御のポリシーを決めたりという作業が待っている。将来的にも柔軟に拡張できるように決めていくのは頭を使うけど、あとあと困らないようによく考えとくことにする。この辺のノウハウって、あまり一般的になっているものでもないし、やっぱ現場のエンジニア任せだったりするのだろうか?頭のいいエンジニアも少なくて貴重だから、彼らをどうキープするかもそれなりに重要ではある。同じことは営業にも言えて、こっちの言ったことをちゃんとやってくれる営業もいれば、半分もやってくれない(残りは聞き流していて忘れちゃう)人もいる。ほんと、優秀な人が貴重な世の中だね。

kenjiz at 23:28│Comments(0)TrackBack(0) IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔