2005年10月22日

帯域制御

14日にも同じ名前のタイトルで投稿したのだけど、読み返してみたら内容は全然関係なかったですね。書いてるうちに話が変わってしまったのか、それとも書く前に終わりにしちゃったのか・・・。というわけで、今回は正真正銘の帯域制御の話。

うちの会社の物流センターでの出来事だけど、そこには8階建てのビルが建っていて、一部のフロアは事務スペースや研究所っぽくなっている。で、そこに入っているある部署が、本社との間で大量のデータをやりとりすることがある。

まあ別にネットワークは自由に使ってもらっていいのだけど、そこの物流センターの広域Etherの線はかなり細い。だから、ファイル転送で数GBなんてやっちゃうと、かなりの時間、帯域を食いっぱなしなんてことが起こる。そうすると、別の部署から本社にアクセスするとかなり重くなり、情報システムに連絡が来るわけである。

帯域拡張はもちろん考えているのだけど、数ヶ月といった長いスパンでの話だからとりあえずの対応として何かを考えなくちゃいけない。今回は被害を受けた部署の偉い人がかなり怒っているようで、何かしらの対応が必要である。

結局ベンダーと相談して、スイッチに帯域制御(優先制御)のconfigを投入することにした。まだ検証してもらっている段階なので実際に導入するのは少し先だけど、実際のどれほどの効果があるのか見てみたいものである。検証が終わったらまたここに書いてみるつもり。


kenjiz at 23:27│Comments(0)TrackBack(0) IT | IT

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔