2005年10月14日

帯域制御

いま、国内全拠点を接続するWAN回線の更新を検討中である。検討中といっても更新することはほとんど決定しており、提案をしてくれている5社のうちどこにするかというところが問題である。そして一番の問題は、役員をどのように説得してお金を引き出すかというところ。なんだかんだいっても初期投資は数千万円規模になるから、いくら社内用といってもパワポの資料は数十ページなる。これが結構大変。ストーリーを考えてクリップアートも多用して見栄えも気にする。

ちなみにうちの会社は、これまで閉域網を使ってきた。いわゆる専用線である。今回、いくつかのベンダーはインターネットVPNを活用するプランを提示してきた。実際のところどれだけ実用になるのかは分からないが、そろそろそんな時代なのかもしれない。でも、採用するにはそれなりの実績やデータがほしいところだけど、それらをきちんと提示できるベンダーはなかなかいない。やっぱり、まだ専用線の代替にするにはちょっと早いのかも。ただ、海外との回線となると別で、AT&Tのグローバルフレームリレーなんかはすんごく高いのでインターネットVPNの価値が出てくる。でもなかなかそういった実例って表に出てこないので、やっぱり悩んでしまうのである。

kenjiz at 23:19│Comments(0)TrackBack(0) IT | IT

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔