2005年05月22日

ひかり電話

最近、ひかり電話がちょっと話題らしい。なんでもIP電話なのに0AB〜Jの番号が使えて、基本料金は500円で、NTTの従来の電話は解約できるから安くなるとのこと。そこでちょっと調べてみた。

ちなみに私の自宅の既存環境は、YAHOO!BBのADSL12Mと、NTTのアナログ電話である。とてもよくありそうな何の面白みもないパターン。ただ、YAHOOの12Mラインは、YAHOO内部の人にチューニングしてもらって実測11Mbps以上出ているのが強いて挙げれば特徴ではある(もちろん電話局から近いという物理的条件もある)。

ちなみにこの構成での費用は、まずアナログ電話は

基本料 1700円
屋内配線使用料 60円
ナンバーディスプレイ使用料 400円

これらは税別なので、合計\2,268-となる。
インターネットは、

回線使用料 165円
ISPサービス 1354円
ADSL12M 1249円
機器レンタル 934円

合計は\3,702-となった。総合計は、6千円弱である。結構高い。
これが「ひかり電話」になるとどうなるかだが、ひかり電話はBフレッツを使用するから、Bフレッツの回線料金がかかる。これが結構高く、合計するとほぼ同じくらい。また、Bフレッツを使うと別途プロバイダーの契約もしなくちゃいけないから、全部をあわせると今よりは高くなるようだ。

というわけで、とりあえずは「ひかり電話」は見送ることにした。でもまあ、今後も進捗を見守って、適時検討をしていくつもりではいる。YAHOOなんて目を離すといつの間にかに高い値段を払わされていたりとかしそうだしね。

kenjiz at 23:27│Comments(0)TrackBack(0) IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔