2021年04月

2021年04月24日

後期型クラウン

後期型クラウン先日の220クラウンの点検の時に、代車として後期型のクラウンを貸してくれました。といっても待ち時間の間、いちど家に帰っただけなので自宅とディーラーとの1往復のみですが、いろいろと違いを見つけるには十分でした。

・ディスプレイとボタン類
2画面が1画面になり、タッチパネルだった多くが物理ボタンになりました。大画面なのは良いのですが、全画面で地図を出すことはできず結局左右2分割で使うというちょっと微妙な感じ。その分、画面の外にボタンが大量に並びます。シートエアコンなどがワンタッチで調整できるのは確かに便利ですが、頻繁に障るものでもないので正直なところ画面内のタッチで私は十分です。物理ボタン増やすと製造コストも上がるはずだし、本当は運転席のメーターもさっさと液晶ディスプレイにすべきですよね。トヨタは「いいクルマ」とかにこだわり過ぎてITが本当に遅れています。

・LTAのモード変更
これは実用的な変更です。LTAとはレーントレーシングアシストですが、アダプティブクルーズコントロール(ACC)中はハンドルを自動制御(車線維持支援機能)しますし、ACCオフの時は車線はみ出しの警告&緩い介入をしてくれます。でも実際使うとわかるのですが、高速道路とか幹線道路以外の市街地の場合、はみ出し制御はやってほしいけど、ACCオンにしたときのハンドル制御は強すぎるのでオフにしたい、という状況が多くあります。でも前期型はLTAがオン・オフのいずれかしかないので、ACCオンにしたらLTAはオフ、ACCオフにしたらLTAはオンにするという面倒な作業を強いられるわけです。これが、後期型では3段階になっていて、完全オフ、はみ出し制御のみオン、車線維持支援機能オン、の3種類、しかもボタンを押してオンオフできるのは車線維持支援機能で、完全オフは長押しという理にかなった操作にもなっています。しかも!システムスイッチを一度OFFにすると次にONしたときははみ出し制御が自動オン。これは良いですね。前期型では車線維持支援機能をオフにしたまま、次回嫁が乗ったりするとはみ出し制御や警告もオフのままになってしまうのですが、後期型は自動でONになります。これはコンピュータ書き換えで変更できるならぜひ前期型にもやってもらいたい変更です。

・AHSの設定変更
これも実用的な変更。前期型は、ライトスイッチをハイビームにした状態でAHSがオンだと有効になるのですが、後期型は通常のライトON状態でAHSオンが効くようになりました。これも実際に乗れば後期型の設定の方が良いのは最初からわかることですが・・・テストドライバーはニュルブルクリンクばっかり走ってて電装系のチェックやってなかったんでしょうか。ちなみに私はほぼ常時AHSオンで走ってますので、ライトスイッチが常時ハイビーム位置=方向指示器レバーが遠い、という状態です。できることなら後期型の設定にしたいところですね。

他にもいくつかありましたが、テスラなら操作性の向上はOTAでオンラインアップデートされますよね。当初クラウンコンセプトが東京モーターショーで発表されたとき、アップデートするクルマ、とか唄ってたのでOTAの期待をしていたのですが見事に裏切られました。早く車もPC化してもらいたいものです。

kenjiz at 23:08|PermalinkComments(0)  

2021年04月20日

バッテリー充電&デサルフェーター

バッテリー充電前々回の点検の際に、バッテリーが弱っていると指摘された220クラウンですが、その後デサルフェーターを取り付けたもののあまり改善は見られず、じゃぁと久々に充電器探し出して直接充電することにしてみました。元々この充電器はかなり昔にV8マジェスタに乗っているときに買ったもので、V8は常にエンジンがアイドリング状態でどこでも走れてしまうので、油断するとすぐにバッテリー上がり。乗るたびに充電していた頃もあり、電気自動車なのかと思った時もありました。なので超久々ですが、約半日充電してしっかりバッテリー回復しました。デサルフェーターも働いてくれたことと思いますので、バッテリ電極もきれいになったのではないかと思います。で、その次の点検の時は無事にバッテリー問題なし!この補器バッテリー、デサルフェーター付けたからには10年くらい持ってほしいと思っているのですが、どうなるでしょうか。

kenjiz at 23:39|PermalinkComments(0)  

2021年04月15日

MacBook Air

MacBookAirわたくしは一応Macも触れるように、ということでMacBookも持っているわけですが、M1チップ搭載のすごいのが出た、という話を聞いて数年ぶりにMacBookを買い替えてみました。今回はビデオ会議等にも使いやすいように画面大き目。にしても、本体デザインもレイアウトも、旧型も新型も全く同一というのがMacらしい感じです。なので使い勝手は何も変わらず、性能は上がっているはずですが、実はそんなに性能を使う用途では使っていなかったのでした。本当はAdobeの動画編集とかをMacで試してみたいのですが、Adobeのサブスクリプションライセンスは1ライセンスで2台しか使えないので、会社のデスクトップとノートPCで使っているとそれ以上使えないのです。Microsoftは5台までOKなのに、もうちょっと多デバイスを使う人にやさしくあってほしいですね。同時起動チェックはいれてもらって構わないので、毎回アクティベーションし直しはきついです。

ちなみにZoomやっているだけでもMacの利点はあって、画面レイアウトの変更がWindowsよりけた違いに早いです。例えばZoomの挙手機能を使うと画面レイアウトが動的に変わりますが、Windowsだとパラパラと画面が切り替わるのでいったい誰が手を挙げているのか全然わからないのですが、Macだと一瞬でスパスパとレイアウトが変わるので、指名しやすいのです。というわけでMacはほぼZoom専用機ではあるのですが、まぁそれも一つの使い方かなと思います。

kenjiz at 23:09|PermalinkComments(0) IT 

2021年04月05日

ThinkPad X1 nano

X1 nanoThinkPad X13からX1 nanoにPCを入れ替えてみました。どちらもフルスペックですが、性能は体感上ほとんど変わらず、軽さは大違い。X13フル装備は中々の重量感ですが、X1 nanoは明確に軽いです。あと画面解像度が 2160x1350 なので、字が小さい・・・30代まで視力2.0をキープした私ですら最近は免許が裸眼ギリギリレベルまで落ちてしまい、そうするとこの解像度中々厳しめです。画面近くで見ることになって余計に視力落ちちゃうかも?あとはUSBがタイプCが2ポートしかないので、周辺機器つなぐときはハブが必須です。あとX13はICカードリーダがついていたので確定申告をe-TaxでPC本体だけでできたのですが、X1 nanoだとカードリーダを外付けしないといけません。というわけで、X13もしばらくは残すことにしました。いずれはX1 nano 1台だけに集約していきたいところですが、まずは使ってみて自然とどうしていくことになるか見てみたいと思います。

kenjiz at 23:02|PermalinkComments(0) IT 

2021年04月02日

ITSコネクト

ITSコネクトITSコネクトの新車装着率はどんなものでしょうか?最近徐々に救急車の信号をキャッチすることが増えてきている感じです。どっちの方角に、どれくらいの距離にいて、救急車がどっち向いているかがメーターに表示されるので、こっちに来ているな、とか、前からくるか後ろからくるかが一目瞭然なのはとっても便利です。便利というか安全だし、患者を救うことにもつながります。以前、元上司が会社で大動脈解離起こして国際医療センターに運ばれたときは、結構時間を争う状況だったにもかかわらず一般車の動きが鈍くて、こりゃあ一般車のせいで手遅れになることもあるだろうな、という感じでした。さっさと義務付けて全車に装着させたらよいと思うんですけどね。それでわずかでも救われる命があるなら安いものです。

救急車

kenjiz at 23:54|PermalinkComments(0)  | IT